船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
妻がパチンコ依存症で借金450万円…それでも離婚しなかった理由
給料は上がらない。それでも物価は上がっていく
ギリギリの生活を送りながら、家計の破産も「明日は我が身」と感じる人も少なくないはず
「自己破産件数」は13年連続で減少してきたが、ここにきて微増しているという
借金に手を染めるきっかけは、生活苦、給料の減少、教育資金、奨学金の返済、浪費・遊興費、投資の失敗など多様
その先には、自己破産、もしくは破産したくてもできず真綿で首を絞められるようなジワクジワと続く生き地獄、
逆に自己破産ですべてを失ったがリセットして新しい人生を歩みだす人……さまざまな人間模様がある

◆妻が貯金を使いきり、借金450万円も発覚

妻の隠れ借金でマイホームを手放す事態にまでなったのは、電機メーカー勤務の高田康則さん(仮名・48歳)

「私が単身赴任をしている間、400万円あった貯金がゼロになっていた
問い詰めたら、妻がパチンコ依存症になり全額使い込み、さらに450万円の借金もつくっていたことが判明
しかも寮生活を送る高校生の息子の寮費・学費を約100万円も滞納していた
自己破産や任意整理は避けましたが、住宅ローンが払えないのでマイホームを処分しました」
今は単身赴任から戻ってきて、夫婦で安アパートに住んでいる。
「依存症はまだ治っておらず、離婚もやむなしと覚悟していました
ところが妻から『離婚してください』と土下座で謝罪され、逆に妻をなんとかしなければという気持ちが強くなりましたね
マイホームを失うなど苦しいことの連続ですが、夫婦の絆は強くなりました」
また、親思いの息子には感謝しているという
「私は『大学進学の学費は用意する』と言ったが、息子は『国公立大に進学して奨学金とバイトで大丈夫だよ』と言ってくれた
親として本当に申し訳なく思うと同時に、思いやりのある子に育ってくれて本当にうれしく思います」
返済のメドはまったく立たないが、借金をきっかけに家族の大切さに気づかされたようだ

 世間一般的な意見は、離婚ですよね。
しかし、離婚せず妻の依存症を直したい・・・
そう思い、身を削ってまで奥様のサポートされる事は本当に素晴らしいと思います。
自分が苦しい時にだれかそばにいてほしいと思うの普通です。
しかし、相手が苦しい時に覚悟を決めて一緒にいる事はなかなか出来ません。
そんな人を応援したいです。
配偶者として理想ですが、なかなか出来る人は居ないです


2018-04-28 おやつ2_0.jpg



スポンサーサイト
地震
本日朝、大阪を中心に震度6弱の地震が発生・・・
今までで一番身近で起きた大きな地震でビックリしました

高槻市では、塀が倒れたり、火災、水道管の破裂、道路の陥没など・・・
建物などの被害も出ています。

建築会社なので、工事中の現場等スタッフで手分けして現場の確認をしました。
どこも被害がなくてよかったです。
施工した家が地震でこわれた、倒壊したがないように、これからもきっちりした施工をしていく事を
改めて決意した1日でした。

被害にあわれた方、避難されている方の1日も早く正常な生活に戻られる事を願っております。

2017-04-09 ぎゃらりーさくら さくら (3).JPG

失敗で初体験
本日、研修に参加していて大失敗を・・・
車をタイムスにいつものように置いていたら・・・
なんと・・・車を取りにいったら閉まっている
市営の駐車場で夜閉まる事をまったくわかってなかったです。
仕方ないので、朝7時まで待つしかない・・・
最近24時間のお店がめっきり減ってない・・・
どうしよう
っとタブレットを触っていたら ネットカフェ っと思い調べたら、
こちが近くにないんです。
一番近いお店でも電車で2駅も離れている・・・
時計を見たら12時過ぎている
慌てて最寄りの駅に行ったら最終電車がすぐ来て見つけたお店に行けました。
朝までパソコンみながら時間潰し・・・
とんだ1日でした。
決めつなかったら閉まる時間見ていたでしょうね。
いつでも「素頭」でいないと・・・
改めて思いました
     2015-02-11VAIO (2)ブログ

     
また当て逃げに・・・
先日、夜にふと気が付いたのですが、またLEXUSが当て逃げにあってました
2018-06-05 当て逃げ (1)_0.JPG

4か月ほど前にもこのLEXUSのフォグ下部分が・・・
不運なのか?犯罪なのか?
今回は前回の事を併せて警察に被害届を出しました

擦っただけではなくえぐれている・・・
あたった人は気つかいないはずがない傷です。
人の物を壊した・・・
黙っていればわかならい・・・
そう思って逃げてんでしょう
許せないです
社内報が終われば、会社は倒産。「いきなり!ステーキ」社員らとの約束
「ペッパーランチ」や「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービス
いずれステーキの時代が来ると未来を予見し、商品をステーキ一本に絞った一瀬邦夫社長は
、週に3~4のステーキを食べるほどのステーキ好き
そんな一瀬社長の経営手腕や20年以上も手掛けているという社内報への想いについて、
文化放送The News Masters TOKYO『マスターズインタビュー』のパーソナリティ・タケ小山が迫った

起業と経営理念
ペッパーフードサービスは、「ペッパーランチ」「いきなり!ステーキ」以外にも、10以上の肉料理のお店を出店している
これを受けてタケが、起業とその成功の秘密について聞いてみた

タケ:
起業して成功する人もいれば、失敗する人もいます。その差は何でしょうか?

一瀬:
諦めるか否か。やってみてそんな簡単に上手くはいかないのですが。

しかし、やっていく中で諦めたり、他のことを始めてしまい深みにはまってしまうこともある。
もちろん、起業はしないと成功しないが、必ずしも成功するとも限らない
それについてこう答えた

一瀬:
win-win。さらに進めて、『ビジネスは相手が勝つこと』です。

ペッパーランチは対昨年同月比で、64か月の成長を成し遂げているものの、大阪での事件やO-157騒動もあった。

だが、これを経験したから今がある。

勝つまでにはいろいろなことも経験し、その反省があったから、より食べ物の扱いが慎重になったのだ。

一瀬:
その事業を辞めた時が失敗で、辞めなければ失敗にはなりません。
そして素直な人は成功します。
それは人の喜びが自分の喜びと感じられるような人です


こうした素直さに加え、困難に当たったとしても、明日のことは考えず、
それよりもずっと先のことを考えているのだという。

創業者らしい前向きな考えである。

一瀬イズム
インタビュー中、タケは今の一瀬社長を社長たらしめる言葉について聞いてみるとこう返ってきた。

●「自分さえよければいいはダメ」

親の教えだというこの考え
これがなければ、前述のWIN-WIN、一歩進んで「ビジネスは相手が勝つこと」という考えにも至らなかっただろう

●「決意は自分との約束である」

人との約束は反故にしない。しかし、禁煙やダイエットなどの決意は皆途中で辞めてしまう
そして、決意を止めると、自信が無くなる

さらに、ペッパーフードサービスの一瀬社長が大事にしている言葉が「馬上行動」
社内報のタイトルでもあるが、「スピード感をもって、走りながら考える」という意味である。

そんな一瀬さんが20年以上、自ら手掛けている社内報への想いとは?

一瀬:
きっかけは、倒産寸前だったことです

じり貧状態でありながら、対外的に「この会社は元気だ」とアピールすべく大決起大会を盛大に催した
もちろん完全なるハッタリである。

しかし、そこには大勢の人が集まり、そこで今後の展望を話した
そして、そこではとどまらず、その時の想いを、社内報にした。

記事を集めて、写真を挿入、69号まではすべて自分で作ったという社内報。

一瀬:
もし途中で出せなくなったら、この会社は倒産する
みんなにそう言いました。

決意は自分との約束。

人に言わないと都合で変えてしまう。

だからそれができない環境を作り、社外にも配った
大変だった時のことを振り返れる。そしてこれを続けたから一部上場できたといっても過言ではないと振り返っている。

目指せ日本一
飲食店をやる以上、独立し社長になりたいと考える人も多くいる

そこに「社長システム」なるものを導入したペッパーフードサービス。これは、
店長を務める社員が一度退社し、改めて会社と契約
加盟金等、初期投資なしで経営者になれるチャンスを与えている。

社長として店舗を仕切るシステムだ。

タケ:
このシステムの意義は何でしょうか?

一瀬:
社長になりたいという夢を実現できることです
こうすることで眼の色変えて一生懸命取り組んで、間違いなく収入が増えます
これが社長システムの特徴なんです。

独立を希望する社員を社長として雇用しているペッパーフードサービス
では当の一瀬社長はこの会社をどうしたいのだろうか?

一瀬:
外食産業で、日本一働きたい会社にしたい、と4~5年前から思っています
そして言ったらその通りになるがウチ流です。

今は働く喜びを感じ、余裕ができており、「一番元気がある会社」とも外からは言われている。

タケ:
では次なる野望は何でしょうか?

一瀬:
日本一、給料を払える外食産業の社長になりたい
ひとりひとりが社長代行の気持ちで働いたら、人手不足は解消しますよ。

人手不足に対して、機械化ではなく、人が人にサービスするのが一番いいとも語っている。

従業員が安定して働ける職場、そこにしっかりとお金を支払うことで、
飲食店本来の暖かいお店づくりに尽力しているのだそうだ。

ペッパーフードサービスの躍進の秘密、そして一瀬社長の正体。

それは、
「大好きなもの、自信のあるものを売る」
「本能を刺激するビジネス」
「ビジネスは相手が勝つこと」
などから見える、素直にストレートで勝負する姿勢であった

これだけの急成長を続ける企業なので、バッターボックスで変化球を待っていた取材班は、
思わぬストレートに隙を突かれてしまった。

もとい、ミートし損ねてしまった

 社内報が終われば、会社は倒産
この事で共感する事がすごくあります。
さくらハウスでは、社内報でなないですが、情報誌(さくら草)を毎月1回 お客様、取引先等すべての人に発行させて頂いております。
さくらハウスでも 「さくら草」 が発行出来なくなった時は廃業の時と思っています。
どんな事を思って仕事してるのか、
現在どんな事をしているのか、
イベント情報は、
家に関する最新情報は
お得な情報は・・・
などを本誌、封筒の宛名書きはすべて手書き、さらにスタッフで手分けしてお客様のご自宅ポストに入れに行ってます。
お客様のお宅に行く事で変化を察知する事が出来ます。
さくら草発行する事が 「お客様との繋がり」 との思いです。

驚いた事がもう1つ
「社長システム」
店長を務める社員が一度退社し、改めて会社と契約
加盟金等、初期投資なしで経営者になれるチャンスを与えている。
社長として店舗を仕切るシステムだ。

建築・不動産業界でも独立したい人が多い業界です。
船木自身も25歳の時に「独立したい」と思い30歳で起業しました
起業するのは簡単ですが、続ける事は本当に大変でした。
独立したい人を応援したいとの強い思いで、さくらハウスでもフランチャイズ店として独立出来る制度を創ってます。


偶然にもこれだけ思いが近い一瀬邦夫社長と一度お逢いしてお話を聴かせてもらえればと思います。
「ペッパーランチ」や「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスさんのお店に行った事がないので、
一度行ってみます。
なんかしている事があっているんだ~
との思いでパワーを頂けました

     さくら草172号表.jpg
さくら草172号裏.jpg