船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
死別の悲しみを癒やすフェイスブックの役割 親しい友人が亡くなったとき、SNSは支えになり得る
フェイスブック などインターネット上の交流サイト(SNS)は、社会的交流のあり方を歪め、「友達」という言葉の意味を空虚なものにし、その他多くの形で社会を弱体化している
そうした批判は何年も前からあった
だがおそらく、人類があきらめるのはまだ早い
最新の研究によれば、現代的な人間関係を代表するそうしたプラットフォームでは、私たちの一番深いところにある進化のパターンが歴然と働いているうえ、そうした行動がSNSによって促進されている可能性すらあるからだ

SNSはどうやってこの力を持ちえたのか
愛する人が急逝したケースを考えてみたい
人類のごく初期から、愛する人に先立たれた人々は社会の特別な支えを求めてきた
特に、故人を知っていた人からの支援だ
そうした人は思い出話を語って慰めてくれる。あるいは、ただ座って手を握ってくれるだけでも、一人ではないとわかって安心できる

だが広大な地域にわたる現代社会では、友人を亡くした人が葬儀や通夜に駆けつけるのが難しい、あるいは、その後の孤独な月日の支え合いが(昔に比べて)ずっと少ない場合がある
支え合いははるか昔に、日々顔を合わせる生活のなかで強化されてきた
そうした親密さはフェイスブックのようなSNSによって少しでも復活しうるのだろうか
カリフォルニア大学サンティエゴ校のウィリアム・ホッブス氏とフェイスブックのデータ科学者モイラ・バーク氏は、英科学誌「ネイチャー・ヒューマン・ビヘイビア」に掲載された文書で、この疑問に対する答えを探った

バーク氏の地位のおかげでフェイスブックの膨大な記録を調べることができた両氏は、2011年の6カ月に突然亡くなったメンバーのいるソーシャルネットワーク1万5129件から、18~64歳の匿名の個人約77万人を選んだ
各ネットワークは「親しい友人」(フェイスブックで故人とやりとりしたか、故人の生前のタグ写真に一緒に写っていた)と単なる知人(友人だが最近やり取りしていなかった)で構成されていた
研究者は比較のため、利用人口分布はこれと一致するが同期間に亡くなったメンバーはいない別のネットワーク約3万件を調べた

論文執筆者によると、
「予想通り、友人が1人亡くなると、交流はかなり少なくなった
しかし、すぐに故人の友人同士の交流が増え、そうした交流は友人が亡くなってから何年も続いた
これにより、そのソーシャルネットワークでは失われたつながりとほぼ同じ数のつながりが形成された」


交流の増加は18~24歳で顕著

このように、長続きする交流が増加したことは特に興味深い
故人の友人同士は必ずしも互いに親しい友人ではなかった
そのため、見受けられた活動は、共通の友人を失ったことで人々が互いに引き寄せられたとも考えられる(対照的に、故人の親しい友人と単なる知人の間で増えた交流は一時的なものにとどまった)

フェイスブック上の文字を使った交流以外に、写真のタグ付け(一般にオフラインの実生活の交流を反映する)も増加した
ネット上の活動増加が最も目立たなかったのは、突然の死の中で最も複雑な、自殺の後だった
交流の増加が最も顕著だったのは、SNS漬けが最も多い18~24歳の層だった

現在は社会的に奇妙な時期だ
ドローンオペレーターは地球の裏側の標的を数日間フォローした後にその人を殺害することもできる
オンラインサイトのユーザーは、相手がどのようなフェロモンを発しているかさえ知らずに、恋に落ちることができる
猿にとっては恐ろしいことだが

だが古いパターンは根強く残っている
13年に発表された研究によると、ドローンオペレーターが心的外傷に見舞われる比率は、戦場で向き合った敵を殺す兵士と同じだ
また、同年に発表された別の調査は、オンラインデートから発展した結婚が「実世界」で生まれた結婚と同程度には長く続いていることを示唆している

SNSは私たちに、数十年前よりはるかに多くの孤独を癒やす手段を提供しているのかもしれない
悲しみに暮れているその時に、地球の裏側にいる誰かのバーチャル(仮想)の手を握ることができるのだから

難しい問題ですね。
確かに 親しい友人が亡くなったとき、SNSは支えになり得る かもしれませんね
まだ、親しい友人が亡くなった事がないのですが・・・
そうなったらどう思うのかな・・・
皆さんはどう思われますか


新築 PLAN 51facebook_0

スポンサーサイト
夏本番間近もビールが売れない!大手メーカーの秘策とは
1-6月は5年連続で最低を更新
安売り規制強化が影響


関東地方などは連日暑い日が続いているが、ビールの販売は不振だ
大手各社がまとめた1―6月のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)課税出荷数量は前年同期比1・3%減の1億9025万3000ケース(1ケースは大瓶20本換算)と5年連続で最低を更新
ビール、発泡酒、第三のビールともに前年同期比マイナスになった
前年に大型新商品が出た反動減に加え、6月の安売り規制強化で店頭価格が上昇したことが響いた

ジャンル別ではビールが前年同期比1・4%減の9421万1000ケースで2年ぶりのマイナス、
発泡酒は同2・4%減の2636万4000ケースで2年連続マイナス、
第三のビールは同0・7%減の6967万8000ケースで4年連続マイナス

ビール各社は夏場以降に巻き返そうと必死だ
サッポロビールはJR新宿駅新南改札外に、黒ラベルビールをPRする期間限定のビアガーデン「THE PERFECT BEER GARDEN 2017 TOKYO」をオープンさせた
154席で“生ビール”のおいしさにこだわった黒ラベルと、枝豆などおつまみ類を販売する黒ラベルの認知度向上と売り上げ拡大につなげる
宮石徹取締役常務執行役員は「黒ラベルは2015年のリニューアル以降、売り上げが伸びている
流れをさらに確固たるものにしたい」と意気込む。期間は9月17日まで

夏本番間近もビールが売れない
大手メーカーの秘策とは
専用のビールサーバー「キリン ホームタップ」
人気のクラフト強化に、宅配を全国展開
アサヒビールは小規模醸造のクラフトビール事業を拡大する
ビール主力工場の茨城工場(茨城県守谷市)内に、クラフトビール用の小規模醸造設備を新たに導入
本社ビルに隣接する隅田川パブブルワリー(東京都墨田区)の設備で商品開発を行うとともに、9月から居酒屋など業務店向けに、クラフトビールの外販を始める
設備投資額は約10億円
年内に、東京23区内で100店の取り扱いを目指す

ビール業界ではキリンビールが業務店向けに「タップ・マルシェ」で外販を始め、年内に1000店の取り扱いを目指している

そのキリンビールは会員制の宅配ビール「キリン ホームタップ」の全国展開を始めた
専用のビールサーバーをまず無料で家庭に設置、月2900円(消費税抜き)の基本料金プラス4000円(同)で毎月2回、工場できたてのプレミアム生ビールを自宅に直送する
専用サーバーとできたての味で、ビールの新たな魅力を提案する
2017年末までに計3000人の会員を目指す

宅配ビールで届けるのは、「一番搾りプレミアム」や、期間限定の専用ビール
「できたてのため、通常とは違うおいしさが味わえる」(キリンビール)とする
ビールは横浜工場(横浜市鶴見区)で生産、保冷宅配便で自宅へ届ける。配達日や時間も指定できる

届けるビールの量は1回2リットル
専用のペットボトル入りで、サーバーに取り付けて中身を注ぐ
5年8月から首都圏の1都3県で試験展開。需要が見込めるため、全国展開に踏み切った

アサヒグループの調査によると、家飲みの頻度で「週2回以上」と答えた割合は75・2%に達し、会社帰りに居酒屋に寄る従来イメージが、家飲みにシフトしている状況が鮮明になっている
ほぼ毎日、家飲みしていると答えた割合も35・7%に上った
特にシニアになるほど、家飲みを選ぶ傾向が強かった

ビール各社も単なる新商品投入で消費を喚起するだけでなく、生活スタイルの変化にも敏感に対応し始めている

夏に一番売れる ビールがこんなに売れないことがビックリです
ビール会社がいろんな対策をしても売り上げを延ばせないかもしれない・・・
若者が飲まない、会社の飲み会も減り、不景気で外に飲みに行くことも減り、家でも飲まない・・・
いろんな事が重なっているんですかね
頑張れ・・・ビール会社


2017-01-26 東京たられば娘4_0.jpg

「時差ビズ」始まる=混雑緩和へ260社参加―都
首都圏の通勤電車の混雑緩和に向け、出社時間を早めたり遅らせたりする「時差ビズ」が11日から、始まった

東京都が提唱している運動で、通勤時のストレスを減らし、働く意欲の向上につなげるのが狙い
25日まで、参加する約260社が時差出勤や職場外で働くテレワークなどに取り組む

小池百合子知事は都営大江戸線新宿西口駅で、参加企業による応援イベントを視察。その後、訪れた東急線二子玉川駅で記者団に「企業が働き方を変え、生産性を上げて、満員電車から少しでも解き放たれるということがポイント
働きやすさという共感が広がれば定着していくのではないか」と述べた
小池氏は昨年7月の知事選で「満員電車ゼロ」を公約に掲げていた

 仕事効率アップと嫌な通勤ラッシュから解放される事は非常に良い事ですよね。
しかし、浸透するのかは
もう死後 「フレックスタイム制」 が浸透しいれば、今回の「時差ビズ」は不要だったと思います
さくらハウスでは、今から19年前(平成10年9の設立時からフレックス制、
テレワークも3年前から取り入れています。
両方が多くの企業でされると通勤ラッシュはなくなるのですが・・・
日本人は出来る人が少ない原因があるので、そこを改善しないと難しいと思うのですが・・・

   2012-09-26神戸夜景

空前の転職活況! だが誰でも同じく「売り手市場」か?
活況を呈する転職市場

3年ほど前から企業の採用熱はヒートアップし続け、冷める気配が見えません
それは大学新卒者に限らず、転職市場も同様のようです
同僚たちが転職の可能性を話しているのを、そわそわした気持ちで聞いている人が、沢山いることでしょう
実際、筆者の就職相談窓口へも、土曜日ごとに、転職相談を希望される方々がたくさん来られます

そういった転職相談の人の多くは、一般事務職や営業職の方です
転職理由は大きく2つあり、たいていはその2つが重なっています
理由1「長時間の残業や休日出勤が日常的になっているが、正しい手当ての支払いが無い」というもの
理由2「社内の人間関係、特に直属の上司との関係が悪い」というものです

この2つの理由の内、どちらか一方でも「悪くはない」という条件があれば、人は簡単に転職を希望しません
この2つの理由が両方存在するときに、「これ以上この会社で頑張る理由がない」と考えるようになります
しかしこのタイプの方は、自分に特別な技術をもたず、転職先を考えるにしても、今と同じような職種を選択するしかない、という人が一般的です
ここに、転職希望者の落とし穴があるのです

転職者向けの求人倍率が高い業界は?

企業の採用熱が高い、と言いましたが、企業が出している求人情報には、明確な傾向が見て取れます。
その傾向をまとめた一例が、転職支援サービスのDODAから発表されています。
その内容を抜粋すると次の通りです。

転職者向けの求人倍率が高い業界順に、①IT・通信業 5.90倍 ②接客サービス業 2.93倍 ③メディア業 2.72倍 となっており、以下、医療サービス業 2.55倍 メーカー 1.74倍などとなっています。
また職種別に見ると、①IT技術職 7.62倍 ②専門職 5.17倍 ③電気系技術職 4.44倍 ④建築系技術職 4.16倍 が特に多く、以下、営業職 2.68倍、クリエイティブ職 2.21倍などとなっています。
上記はDODAの支援サービスを利用する企業が中心になっていますので、たとえばハローワークの求人を洗い出せば、福祉業界なども上位に上がって来るはずです。

実際に今、転職を考えている人の中で、上記の業界や職種を見た結果、「よし!チャンスだ!」と感じられる人はどのくらいいるでしょうか。
ちなみに「事務・アシスタント系職種」の求人は、0.25倍です。つまり4人に1つの求人ということですね。

採用側と応募者側のニーズが大きくズレている転職市場

転職の落とし穴は、採用側と応募者側のニーズが大きくズレている点にあります
日本に限らず先進国の傾向として、今求められているのはIT系の技術者とその周辺の職種です
メカニック系の技術も根強く求人があります
一方事務系は、常に低倍率になっています
医療事務や経理事務などの専門事務職になれば、かなり倍率が上がりますが、特に医療事務では正社員ではなく、契約や派遣という形が多いようです

自分に出来る仕事と、企業が求める技術や知識がマッチするか
自分が求める働き方や労働条件と、企業が提示するそれがマッチするか
転職先を探すときは、求人情報を見ながら、この2点を調べましょう
特に転職用の求人では、企業側は「即戦力」を求めるので、学生や若者のように、「今はまだ出来ないが、教えて下さい!」という考え方は通用しません
「出来るか、出来ないか」「何が出来るのか」が単刀直入に問われます

転職を考える人は、今いる職場で身につけられる知識と技術をすべて学び取って、自分のものにしましょう
「私の職場では学べることなど何も無い」という人も多いですが、どんな職場にも必ず学びの材料があります
それを見つけるような仕事の仕方を考えて、自分の仕事能力の幅を広げましょう
それが、転職市場における自分の価値を高めることにつながります

 雇う側からの意見ですが、
なかなか会社側が求めている人材探しは難しいです
考えは、会社の思いと同じであっても、社内のスタッフと合わない、スタッフに洗脳?されてある日突然考えが変わってしまうなど・・・
なかなか難しいです
雇う側の希望通りのスタッフを見つけ、更に育てるのは至難の業なのでしょうか?


写真3枚合 ぎゃらりーさくら(5)  ブログ.jpg

高まる女性の投資熱!女子会気分でお金の勉強、でも本質を見誤らないで
投資に興味を持つ若い女性が増加

若い女性にもっと投資に興味を持ってもらおうとする試みが増えているそうです
日経新聞でも、東京証券取引所や金融庁が企画するマネーイベントの様子や兜町の金運スポットを巡るナイトツアーも活況だったなどと報道しています
2017-06-27 投資女性.jpg

お金の知識を持つことは、性別にかかわらず誰にとっても大切なことです
特に高度成長期時代の日本のように、「真面目に仕事をしていれば国や会社がなんとかしてくれる」時代ではありませんから、すべての人に資産形成の必要性が高まっています

特に出産というライフイベントがある女性は、自分の人生設計をするにあたり、時間的な制約、体力的な制約、社会的な制約を受けることも多く、よりシビアに将来にわたるお金とのつきあい方に関心を持つ傾向にあるのかもしれません

投資セミナーで気をつけたいこと

もちろん学ぶ姿勢は素晴らしいことですが、ファイナンシャルプランナーという立場で女性向けイベントの広告を見る限り、「危うさ」を感じるところがあります
例えば、国の年金制度は少子高齢化で先細りするから、投資を通じてお金を増やそうとすることは概ね正しい行動ですが、儲かる株の見つけ方、為替で上手に儲ける方法、不動産投資で安心老後などという文言を見かけると、方法論だけが先行してしまい、むしろ勉強熱心な女性たちがカモにされているのではないかと不安に思ってしまうのです

資産運用で最も大切なこととは?

資産運用に最も大切なこと、それは運用に回せるお金を長期的にかつ継続的に捻出することです
日々の生活を支えながら、将来への仕送りに回せるお金を生み出す、つまり自らに投資をして「稼げる自分で居続けること」です
また稼げる自分でいることは、老後の年金額を増やすことに直結します
国の年金制度は、現役世代の保険料が高齢者の年金財源となる「賦課方式」を取っています
マクロで見ると少子高齢化で年金保険料と年金給付額のバランスが悪くなり将来に不安を感じるというのは全うな反応ですが、個々の年金額を考えると現役時代の働き方が高齢期の年金額を決める唯一のファクターであることを知るべきです
国民年金は、1年加入することで約2万円の終身年金を確保できます。20歳から60歳までの40年間、国民年金保険料を支払えば、2万円x40年となり老齢基礎年金は65歳から約80万円終身で受け取れます
この金額は物価などの状況に応じて見直しされていきますが、公的年金の原理原則的な理解であれば、この位ざっくりでも問題ないでしょう
この老齢基礎年金の他、会社員であれば老齢厚生年金が上乗せで支給されます
この厚生年金の計算式をものすごく単純化させると年収x0.55%x厚生年金加入年数となります
0.55%というのは、厚生労働省が定めた給付乗率を単純化させたものです
つまり、年収があがれば老齢厚生年金額が増えるし、長く勤めれば老齢厚生年金額が増える仕組みです
若い時の自分の稼ぎ方が将来の自分の生活を支えるのです
またその収入があるからこそ、適切なリスクをとりながら長期で資産形成に取り組めるのです。
人生を豊かにするために

今の職場は給与も増えないし、なんとか投資でお金を増やしたいな~
特にこれといったスキルもないし、年齢的に転職も限界だから投資でもしようかな~
ノルマがきつくて体力的にも限界、不動産を買えば家賃収入で仕事をやめられるかな~


すべての人がそうとは決して思いませんが、時折聞こえてくるそのような声に不安を感じます
投資で人生をダメにしてしまう人はたくさんいますが、投資だけで人生を豊かにできる人はいません
人生を豊かにするのは、明日は今日よりももっと豊かになりたいという地道な努力です。順番を間違うことなく、上手にお金とつきあって欲しいと願っています

 女性の投資家が目立つだけでなく、独身で家を購入される女性も多いです
当社は特に多いです
しかし、独身男性で家を購入される人はほとんどありません・・・
男性でお金の管理をきっちりできない人が多いん・・・
だから、結婚しておこずかいせいになるんですよね
頑張れ男子