船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
コピー機が売れない! 名門「リコー」の袋小路
「会社としての存在意義さえ疑問視される」

コピー機をはじめとした事務機器大手のリコーに対して、機関投資家や証券アナリストから出た言葉だ
4月に就任した山下良則新社長が、同社の課題について意見を募った際のことだった
名門リコーが深刻な苦境に陥っている
2016年度は年間の業績予想を4回も下方修正
現在は売上高2兆円に対して営業利益300億円を見込む。利益率はわずか1.5%だ

 複合機の台数拡大も限界に

4月12日には、今後3年間の中期経営計画を発表した。強調したのは、「過去のマネジメントとの決別」だった
決別すべきは、量を追う経営だ
複合機のデジタル化やカラー化の波に乗り、1990年代から2008年のリーマンショックまでは「野武士のリコー」と呼ばれた営業力で事務機器を拡販
販売代理店の買収で世界中に営業網を広げ、成長を続けた
だがリーマンショック後に企業が事務機器のコストを見直すと状況は一変
売上高は頭打ちとなり、営業網の拡大で増えた人件費がのしかかった
結局、販売力への依存が強すぎた
販社の営業員がシェア拡大のために過度な値下げを行うなど、本社は営業現場を掌握しきれず、他社に比べ収益性が低下しがちだった
事務機器本体だけでなく、利益率の高いトナーなど消耗品でも単価下落が続く
打開策はあるのか
事務機器依存からの脱却に向け、海外でITサービスなど複数の企業を、国内では2011年に数百億円でデジタルカメラのペンタックスを買収
だがペンタックス事業は4月に100億円の減損を強いられた
2011年に国内外で1万人を削減したが、もろもろの買収で社員数は元に戻ってしまった

 このままでは赤字になる

会社側は今のままでは2019年度に赤字になると試算しており、改革は待ったなしだ
今回の中計では、不採算案件を削減するほか、事務機器の機種の絞り込み、一部生産の外部委託、北米での過剰人員の削減などを掲げる
コストの削減策ばかりでもジリ貧になる
リコーは二つの分野を「成長領域」に据えた
一つは自社の事務機器と、電子黒板など顧客のオフィス内の他の機器とを連携させる仕組み作りだ
単品ではなくサービスで稼ぐことを狙う
もう一つが事務用ではなく食品パッケージや布など商用・産業印刷機への進出だ
キヤノンや富士ゼロックスといった競合も当然同様の分野に目をつけている
野村証券の和田木哲哉アナリストは、「他社に先行し差別化できる成長戦略は示されていない」と指摘
あるリコー社員は、「4月の異動では成長領域への配置転換もなく、具体的な戦略を社内で聞いたことがない」と話す
新たな成長の種を見つけられなければ、リコーの生き残りはおぼつかない

2017-01-15 雪 (2)_0.JPG

 事務所には複合機が必ずありますよね
知らない人が多いですが、実は複合機は約200万円強もする高額品なんです
さくらハウスでも現在の複合機が5代目になりますが、京都市北区の現事務所は
「中古品を購入し、トナーはネットで購入する」
徹底的に経費を削減しております。
中古品の価格は約20万円前後、初めて購入したのは1年で潰れてしまいましたが、現在使っているのも中古品
これが何の問題もなく約4年使っています。
1台目がすぐに潰れてしまったのですが、再度中古品を購入
現在思うのは、今後も中古品の複合機しか購入しません。
機械物なので当然当り外れがあると思うので、普段の行いが良ければ今回みたいに長く使えるのに当ると思っています。
複合機は 「中古品がおススメ」 です


スポンサーサイト
ネット上では面白発言より無難が吉、仕事が減る
実際に会ったときはおとなしいのに、ネット上では勇ましくなる人がいる
SNSの時代になり、読んでくれる人にウケようと、発言が過激になる人も目立つ
ネット上の振る舞いと実生活は別のものだと発信する本人は思っていても、それを読む人はそう受け取るとは限らない
ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ネットでの言動はどうあるべきかについて考察する

最近雑誌やウェブの編集者が、連載執筆や取材を依頼するにあたり、重視しているのが「SNSでの情報発信」である
フォロワーが多い人が告知をしてくれ、販売部数やアクセス数が増えることを期待する
だからこそ、ライターであろうとも、自分が関わった記事が掲載されたら
「この1か月間取材してきた大作がようやく日の目を見ました♪」
なんてツイートをする
かくして、発注主は「よしよし、愛いヤツよのぅ、もっと宣伝頑張るのだぞ
また仕事出してやるからな」と思うのである

ただし、逆もある
どんなに優れた書き手や高い知名度を持った人物であろうとも、仕事の内情を暴露したり、編集者や会社の悪口をSNSに書き、発注側を無能な悪者に仕立て上げる人は敬遠される
最近、雑誌編集者と喋ったが、SNS上での発言が、仕事を依頼するか否かの大きな基準になると語っていた
何しろ、「小学出版のバカ編集者の中川の野郎は直前になって企画を変えてきやがる。いい加減にしろ」などと実際に書いてしまう人もいるのだ
すると、支援者から「本当にひどい扱いですね。〇〇さんへの敬意が足りないそんな仕事は切りましょう」などのメッセージが届くため、発信者はますます気持ちよくなり、悪口を書き続ける
発注側にも言い分はあるものの、仮にネットで反論でもしようものなら、一斉に〇〇さんの支援者から攻撃を食らって炎上

 一般企業でもこれは同じで、知り合いの営業マン・Zはとにかく顧客の悪口ばかりフェイスブックに書いている
「友だち限定」の公開にしているのだが、実際Zに仕事を頼むのは、「友だち」でもある上司や同僚である
現在、Zは社内で危険分子扱いされ、いつフェイスブックをやめさせるかも上司は協議しているという

 SNSって自由だから問題が発生する事もありますね。
仕事と関係ないと思っていても、実際はOO会社のOOさんになるのでSNSだから大丈夫とはならないですよね
ネットだけでなく、今日は仕事と関係ないからとお酒を飲みながら発言した事でも同じ結果になります。
仕事をしていると必ずOO会社のOOさん、辞めても元OO会社のOOさんになるので、
プライベートでもOO会社は切り離されない事を解ってない人が多い気がします


2017-03-14 スマート1_0.jpg


2017年 さくら
さくら並木がある賀茂川に面している 「ぎゃらりーさくら」 は毎年この時期が
さくら満開で一番綺麗な時です
2017年の  さくら並木  が
     2017-04-09 ぎゃらりーさくら さくら (5).JPG
 2017-04-09 ぎゃらりーさくら さくら (3).JPG

京都市内は、9日が満開と言われてましたが 「ぎゃらりーさくら」 の前だけがまだあまり咲いておりませんでした。

  2017-04-09 ぎゃらりーさくら さくら (4).JPG

満開になれば写真を撮ろうと思っていたのですが、残念な事に本日の雨風ですすかり花が散ってしまいました
さくらは満開の期間が短いのがいつも残念に思います

さくらが咲いていると景色を眺めれる・・・
健康な身体があってこそ思える感動・・・
来年も元気な身体で見えるように、1年間健康に気を付けて暮らせるようにしよう・・・
さくらを眺めなら思っています
皆さまはどのにさくらを見に行かれましたか


「結婚したら、こんなに変わる…?」と覚悟したほうがいい女性のビフォーアフター9パターン
「結婚したとたん、彼女が豹変した!」
というのは、現実にはよくある話のようです
いまはラブラブで交際中の彼女は、結婚することでどう変わってしまう可能性があるのでしょうか
そこで今回は、10代から20代の独身女性286名に対するアンケートを参考に「『結婚したら、こんなに変わる…?』と覚悟したほうがいい女性のビフォーアフター」をご紹介します

控えめな彼女が、「夫を尻に敷く妻」に変わる
「うちはカカア天下なので、私もそうなりそう」(20代女性)
というように、おとなしかった女性が結婚を機に自己主張の激しい妻に変身するケースです
彼女がもともと気の強いタイプでなくても、気の優しい男性は、尻に敷かれやすいと自覚しておきたいところです

恋というより情が勝り、夫を「男ではなく家族」と扱うようになる
「周りの夫婦もみんなそうなっている。しょうがないんじゃない?」(20代女性)
というように、結婚したら相手を「オトコ扱い」できなくなるのが普通だと語る人も
ロマンチックな関係を望むのであれば、それを維持できるように自分から働きかけていくことも必要でしょう

「いつも一緒にいたい」が「たまには一人でいたい」に変わる
「お風呂上りに半裸で牛乳飲んだらドン引きされそう…」(20代女性)
など、「二人暮らし」ゆえの気詰まりな状況を懸念する女性も多いようです
くつろげる家庭づくりを目指すだけでなく、たまにはお互い「一人の時間」を尊重する必要がありそうです

「大切なのはお金じゃない」が「お金がないとやっていけない」に変わる
「今は貧乏でもいいけど、結婚したら話は別」(10代女性)
というように、将来お金にシビアになることを予想する女性もいます
家庭をかまえる以上、経済的な心配をするのは、生活と真剣に向き合った結果であると受け止めましょう

メイクの時間を惜しみ、平気ですっぴんをさらす
「お化粧って、けっこう面倒くさいですよね?」(20代女性)
など、自宅でも完璧なメイクを保つのは、女性にとって意外に負担が大きいことのようです
とはいえ、自分もオシャレや身だしなみを怠らないようにすれば、彼女の美意識維持に貢献できるかもしれません

最初は夫中心でも、妊娠したとたん子ども優先になる
「正直、必死すぎて旦那をかまってらんなくなるでしょう」(20代女性)
というように、一般論として考えても、出産の時期の女性の意識が子ども中心になるのは避けられないもの
いずれ彼女が妊娠したら、「自分は二の次」になることを覚悟しておきましょう

言葉を選んでいたのが、思うままにズバズバ言うキツい物言いに変わる
「結婚したら遠慮してらんないと思う」(20代女性)
というように、夫婦共同生活を送る中では、キツい物言いが飛び出す場面があるかもしれません
言葉づかいを細かく気にするよりも、むしろ言いたいことを率直に言い合える関係を築きたいところです

いくら話しても足りないくらいだった会話が、めっきり減る
「ずっと一緒にいるんだから話題もなくなるでしょ」(20代女性)
というように、交際中はどれだけ語り明かした相手でも、結婚後にその「温度感」をキープするのは困難だと考える人もいます
夫婦で晩酌するなど、コミュニケーションレスを避ける工夫をしましょう

顔文字たくさんのメールが、数行のそっけないものになる
「いつの間にか『牛乳1本頼む』とかカタコトでのやりとりが増えそう(笑)」(20代女性)
というようにメールの内容が雑になる場合もありそうです
とりあえず自分からは愛情たっぷりのメールを送り続けるようにすれば、ラブラブなやりとりを続けられるかもしれません
結婚後に男性の態度が変わるから、女性も変わってしまうという声もありました
お互いに相手を想う気持ちを失わずにいれば、素敵な関係を保てるのかもしれません

 「あるある・・・」っとうなずいている人が多いと思います。
なぜ、そうなるのか???
理解出来ない事が多すぎる・・・
個人的な意見ですが


2017-04-05女性_0.jpeg


ひそかに増える「アラフィフ婚」、社会の「子どもはいいぞ!」呪縛乗り越え
50歳前後の結婚「アラフィフ婚」がじわりじわりと増えている
出産育児を想定せず、男女とも余生を見据えているのが特徴だ

雇用均等法第一世代やバブル世代に当たるこの年代は、育児と仕事の両立が今よりずっと困難で、寿退社や女性の年齢=クリスマスケーキ論がまかり通った時代を生きてきた
仕事や介護が背景にあったり、何となくだったり、独り身だった理由はそれぞれだが、後半の人生を共にするパートナーを見つけ、歩み始めている

2016-04-17 4回目の結婚記念日 (5).JPG


きっかけは入院

今年の1月に入籍した藤本香さん(49)=仮名=が結婚を本気で考えたのは、子宮筋腫の発覚がきっかけだった
アパレル業界で長年働く藤本さんは、柔らかな声が印象的な鈴木京香似の美人だ
病気が見つかるまでは、現場の教育係として全国を飛び回る日々を過ごしてきた
しかし、手術と療養のために1カ月の休職をすると、立ち止まらないわけにはいかなかった
ふだんは明るい藤本さんも、さすがに「この先の人生を考えて心細くなった」という
離れて暮らす家族とも「生存確認」と冗談めかしながら、毎日連絡をとるようになった
そんなところへ「結婚してください」と、交際相手からの直球のプロポーズ
友人の紹介で知り合い、交際期間は3年を迎えていた
とくに結婚に執着はなかったのが、気づけばすんなり受ける心境になっていた
相手は8歳年上の会社経営者で初婚、藤本さんは二度目だ
最初の結婚は20代で、子供はいなかった
結婚を機に、生活は激変した
新婚生活はじきに90歳を迎える夫の母と同居だ
義母の年齢を考えて「一日でも早く仲良くなった方がいい」と考えたからだ
「いっぺんにいろいろできないので、忙しい仕事はここで区切りにしよう」
それなりの収入もポジションも得ていたが、会社は辞めることにした
今後はゆとりをもって働きたいと、資格取得の勉強を始めている

母を一人にしてしまう

「奇跡の初婚同士だったんですよ」
大手メーカーで広報キャリアの長い熊沢ほしみさん(58)は朗らかに笑う
PR畑の長いひとらしい、気さくな雰囲気の女性だ
2年前、56歳でジューンブライドとなった
夫は当時58歳、スポーツジム仲間のひとりで、趣味のゴルフにバーベキューにと10年来の友人だった
長い友人関係に変化を起こしたのは周囲だ
とくに仲の良かった男女4人の独身者のうち、先に1組が結婚
「あなたたちもさっさと決めないと友達やめるよ!」と冗談半分本気半分に背中を押されるうちに「一緒に住もう」
相手は覚悟を決めていた
熊沢さんはそれまで、母親と猫と実家暮らし
父親は早くに先立ち、妹は結婚、「自分がいないと母を一人にしてしまう」とずっと思っていた
交際や結婚話もあったものの結局、結婚に踏み切ることはなかった
職場環境も、熊沢さんが20代30代の頃と今とでは大きく違う
入社翌年に男女雇用機会均等法が制定され、結婚後も仕事を続ける女性は、社内にも徐々に増えていった
しかし、ショールームの制服にはマタニティタイプがなく、お腹の大きな女性はそっと肩を叩かれる時代だった
仕事をすることも、母の介護も、受け止めてくれたのが今の夫だった

未婚者も右肩上がり

データでみると50歳前後の結婚は、全体に占めるボリュームは小さいものの、時代と共に着実に増えている
政府の人口動態統計(2015年版)によると、2015年の初婚件数は45~49歳の男性8796件で30年前の約7倍、女性は3813件で約3倍。50~54歳では男性2950件で30年前の8倍、女性は1169件で約1.5倍となっている
再婚件数にしても、男女ともこの年代は30年間で倍増だ
ただし、50歳前後での結婚に踏み切る人の数自体は増えていても、それ以上のインパクトで未婚者が増えているのも事実だ
国立社会保障・人口問題研究所が45~49歳と50~54歳の未婚率の平均と定義する「生涯未婚率」は、2015年国勢調査によると男性23.4%、女性14.1%。この30年で男性は5倍、女性は3倍に増え、同研究所は今後も右肩上がりを推計する

独身プレッシャーは人権侵害レベル

晩婚・晩産が進み、未婚者は増えていても、結婚にまつわる年齢の呪縛はいまだ根強い
生殖年齢の差なのか、とりわけ女性にその傾向は顕著だ
都内の会社員女性(34)は「日本は結婚していないとダメという価値観が強すぎてもはや人権侵害」という
会社では気を使わせないよう自虐キャラを演じざるを得ず、実家に帰省すれば「子供はいいぞ」「ずっとひとりだと大変よ」と、両親からの‶攻撃〟も容赦ない
「私だって結婚したいけど、そんなに簡単じゃない」
事情も知らずにつぶてを投げてくる周囲に、理不尽さを感じずにいられない

アラフィフ婚は、‶呪い〟に苦しむ女性たちの希望となるのだろうか

90年代初頭に大手製造業へ入社し、国際畑を歩んできた沢野ゆり子さん(47)=仮名=は昨秋、高校の同級生と婚約した
海外赴任から帰国した2年前、同窓会で再会した
仕事優先だったわけでも、独身主義だったわけでもない
「人生で初めて本当に結婚しようという人に巡り合った」のが、今の年齢だった
未婚と加齢にまつわる‶社会圧〟に苦しむ女性たちに、沢野さんは「年齢でジャッジされて自分には価値がないんじゃないかと、思わないでほしい」という
出産年齢に限界があるのは事実だ
けれど、たとえそこを越えても「いくつになっても出会いはあるし、人には年齢だけじゃない個性がある」。自身を振り返り、そう思うからだ

今年50歳になるので、この問題は現実に起こっています。
離婚歴のある知り合いが圧倒的に多いので、思う事は似ていると思います。
仕事から、結婚されると必ず必要なのが 「2人で暮らす家」
目出度い事で仕事が増えるのは嬉しい事ですね

写真6枚合(9) ブログ.jpg