船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
マツダがロータリーエンジン搭載車RX-9を2019年度に市場投入へ、REレンジエクステンダーで燃費改善
新型ロータリー車は“RE × EV”で登場
発電用REで燃費問題もクリア
2017-05-21マツダ1.jpg
2017-05-21マツダ2.jpg

ついにマツダがロータリーエンジン(RE)を復活させる
発売時期は2019年末。ロータリーエンジン50周年にあたる今年の東京モーターショーで、コンセプトカーを発表する可能性が高くなってきた
果たしてどんなクルマになるか
現時点で判明している状況をレポートしてみたい

車種は2015年の東京モーターショーに出展された『RX-VISION』的な2ドアクーペになるようだ
以下、説明したい

2017-05-21マツダ3.jpg

まずロータリーエンジン最大の弱点が「燃費の悪さ」
したがってロータリーエンジンだけで走らせようとすれば、燃費を諦めなくちゃならない
現代においてそんなクルマは無理
そこで考えたのが三菱アウトランダーのようなPHEVや日産e-POWERなど、EVに発電用エンジンとして搭載するレンジエクステンダー

発電用エンジンとして使うなら、ロータリーエンジンであっても熱効率の高い回転域を使える
しかもロータリーエンジンなら超滑らかなので、エンジン回しても違和感無し
コンパクトに発電用エンジンとして考えるなら最高かもしれない

また、PHEVであればエンジンの搭載位置を自由に決められるため、デザイン上の自由度だって大幅に上がる
エンジンを低い位置に搭載することだって容易
噂ではRX-9と言われる新型RE車の実用車離れした美しいデザインも可能になるだろう
重いバッテリーを床下に積めば重心も低くなりハンドリングにも好ましい

マツダがロータリーエンジン搭載車RX-9を2019年度に市場投入へ、REレンジエクステンダーで燃費改善
マツダが2013年に公開したREレンジエクステンダーのテスト車両
ロータリー復活で期待度が高いREクーペ新型RX-9の価格はどうなる
気になるのは「商品としての魅力」だ。マツダの開発陣としちゃ「何としてもスポーツモデル」と考えている様子
結果、800万円と言われているRX-9になった
確かに1300万円のLC500の売れ行きは順調。マツダとしても800万円なら売れると考えているのだろう

この「思い違い」こそ最近のマツダの課題となっている「良いクルマを作っても売れ行きが伸びない」大きな原因になっていると思う
先日発表された2017年3月期の決算発表によると、日本は13%減
アメリカも2%減
「良いクルマなら高くても売れる!」と考えた結果の数字である

ブランドイメージが確立しているメーカーならその通り
されどマツダの場合、モータースポーツに代表される文化面に全く予算を使っていない
もしブランドイメージが確立されているなら、すでにクルマは売れているだろ
。高額のクルマを売りたいのなら、ブランドも育てるしかない
今のマツダの技術力を持ってすればRX-9は高い評価を受けるだろうし、良いクルマに仕上がっていると思う
けれどマツダのブランドイメージがこのままであれば販売面で伸び悩むに違いない
このあたりのジレンマを解決出来る戦略を立てられるのか、SKYACTIV-Rと命名されたRE新技術、大いに期待しておく

 初めて購入したのが 「マツダのコスモ ロータリーターボ」
ロータリーエンジンに完全にとりこになってしまいました
発売されて中古車が出てくる3年後目途に、今から購入出来るように仕事を番場って稼がないと・・・
絶対にほしい

スポンサーサイト
クルマ好きは自動運転をどう見る!? 業界関係者と一般ユーザーの意識を緊急調査
レクサス LS600h 2014-06-21 (5).JPG

自動運転実現への期待が高まるなか、クルマ好きの一般読者はどのように捉えているのだろうか
そんな疑問を抱いた編集部では、レスポンスに集う一般読者、そして業界関係者それぞれに自動運転に関するアンケート調査を実施した
利用意向から、実際に自動運転車を購入するにあたり、上乗せできる上限金額まで幅広く回答を集めた

【調査概要】
・調査対象:自動車関係の技術者、レスポンス読者
・アンケート回収方法:インターネット調査
・調査対象地域:全国
・調査実施期間:2017年1月19日~1月30日
・回収サンプル数:1,626 (レスポンス読者:1,037/自動車関係技術者:589)

もしかすると、ここまで盛り上がっているのは業界関係者だけなのかもしれない・・・という疑問と不安を抱えながら実施したアンケート
実際各所で調査された結果を見ても、必ずしも自動運転車や自動運転に対して、ポジティブな結果になっているとは言い難い。ところがアンケートの結果は、編集部の想定とは異なる、意外なものとなった

 自動運転車、本当に使いたい
現在自動運転に関する様々なユーザー調査が実施されているが、あまり一般ユーザーの使用希望度は高くない結果となることも多い。クルマ好きはどのように考えるのか、利用意向を尋ねた
2017-05-16自動運転1.jpg

自動運転の利用意向
回答の傾向はおおよそ一般ユーザーと技術者に差異はなく、50%超の回答者が「利用したい」もしくは「まあ利用したい」とポジティブな回答となった
特に一般読者は30%超が利用したいと回答しており、技術者以上に期待を寄せるユーザーも多い結果となっている
逆に「あまり利用したくない」「利用したくない」と回答したのは、技術者で約23%、一般ユーザーでも約26%と、全体の4分の1程度の数字となっている
なお両属性のユーザーともに20%程度は「わからない/どちらともいえない」と答えており、今後の普及状況や技術向上でこの数値も変化していくと考えられる


 実際に自動運転を利用したいシーンは

なお、自動運転を利用したいと回答したユーザーには、実際にどのようなシーンで利用したいかも回答してもらった
2017-05-16自動運転2.jpg

自動運転利用の想定シーン
結果としては、圧倒的に「渋滞している時」そして「高速道路での走行時」という回答が高く、両属性の回答者それぞれ95%程度が利用したい答えている
また、「一般道での走行時」そして「順調に車が流れているときの走行時」でも利用したいと答えたユーザーもそれぞれ全体で70%を超えるなど、現時点で自動運転の利用意向が強い人にとっては、完全自動運転に対する拒否感は薄いようだ
一般読者と技術者間の有意差は見られないものの、運転に自信の無い人ほど自動運転の利用意向が高い結果となった


 自動運転実現への課題は技術よりも法整備やルール作り

一方で一般ユーザー・技術者が考える自動運転の課題についても設問を用意した
2017-05-16自動運転3.jpg

自動運転普及への課題
こちらもそれぞれの回答者に大きな違いはなく、総じて「事故発生時の責任の所在」「自動運転車とそうでない車が混在する中での安全性の確保」といった制度面の課題をどのように克服していくかを重く捉えている
技術的な面では、「システムのハッキング」という自動運転車特有の課題に不安を覚えるユーザーが多い結果となった
一方で、技術の向上については、一般ユーザー、技術者ともに課題だとする回答は少なく、このままの進歩で自動運転車自体は実現していくと考えている人が多いようだ

 いくらまで払える?自動運転車
ドライバーが一切運転に関与しない完全自動運転車(自動運転レベル4)に対して、いくらまでなら購入金額を上乗せできるか、という意識調査も行った
2017-05-16自動運転4.jpg

完全自動運転車に上乗せできる上限金額
結果としては、読者・技術者ともに「30万円以下までなら上乗せできる」という回答が70%以上を占めた
「10万円以下」「20万円以下」という選択肢もほぼ同程度の割合となり、技術者が上乗せできると思う金額とユーザーが上乗せられる金額にも大きな差異がない結果となっている

 想定よりもユーザーの期待値も高い結果…詳細はデータでも配布
今回は、クルマ好き(≒レスポンス一般読者)と自動車業界の技術者という切り口で調査を行った
想定よりもはるかに読者の自動運転に対する熱が高い印象の結果となっている
本記事では記載していない「自動運転ロードマップの実現性」に対する回答結果も、かなり実現性が高いと感じている読者が多い結果となった
クルマ好きの中でも、夢物語ではなく、実現可能性のある未来として受け入れられつつあると言っても過言ではないだろう


VITZ ハイブリット試乗して
代車として VITZ ハイブリットを約10日ほど使用させてもらってビックリしたのが
燃費の良さ
L=28~35㎞とオドリキです

一番のオドリキは、L=50㎞を超えました
     VITZ燃費2017-04-23 (16)_0.JPG

思わず止まって
これだけ燃費が良い車に乗ったのは初めてです

今度は、低燃費車がほしいな~っと思っているのですが、デザインがいいのがない
どうしようかな・・・

2017-04-17 VITZ (1).JPG

VITZ ハイブリット
FIAT500は修理でLEXUS LS600hは車検・・・
その為に本日が代車を使わせてもらっています

車好きには、代車もどんな車を運転できるのか楽しみなんです

今回は、新型VITZ ハイブリッド
 2017-04-17 VITZ (2).JPG

以前初期型のVITZを乗っていたので、どれだけ変わったのか・・・

2017-04-17 VITZ (5).JPG

2017-04-17 VITZ (1).JPG

乗り込んでビックリ
ハイビームまでオートが付いた オートライト
シートヒーターまで付いて内装はすごく豪華

   
ここまでの装備が付いているともう高級車ですよ・・・
ハイブリットなので、いろんなエコ仕様になっているので、燃費を気にして乗ると、L=30キロは常にキープします
燃費が良いのはやはり嬉しいです
車が返ってくるまで、楽しませてもらいます

アバルト595
気になる記事が・・・
チンクをもっと速く、カッコよく

2017-03-21アバルト2_0.jpg

サソリ座の男、カルロ・アバルトによって1949年に創業されたアバルト
出発当初はチシタリアからレーシングカーの製作を始めたものの、その後はフィアット車を中心にコンプリートカーやレーシングカー、そしてチューニングパーツを販売し、ヨーロッパはもちろん北米でも爆発的な人気を得たのである
実際フィアットに吸収される前のアバルト社とは、そんな自動車を作るメーカーだった

とくにFIAT 600や500をベースに、カリッカリのチューンを施して、レースで格上のマシンたちをやっつけまくった姿は強烈で、それは語り継がれるほどの伝説となった
現行アバルトが「595」というナンバーを背負っているのも、当時FIAT 500をベースに排気量を上げてレースに挑んだ
「ABARTH 595」の名前と方法論を、そのまま使っているからなのである

そんな由緒正しき名前を持つアバルト595シリーズが、このたびマイナーチェンジを受けた
そして今回はその中から、ベーシックグレード「595」の5AT・右ハンドルと、ハイパワーモデルである「595コンペティツィオーネ」の5MT・左ハンドルを引っ張り出して、ワインディングまでひとっ飛びしてきた

いつでもオン・ザ・トルクバンド

グロロロッ…と乾いたエキゾーストノートを響かせながらボクを待ち受けていた「595コンペティツィオーネ」

2017-03-21アバルト3_0.jpg

眩しいくらいに鮮やかなモデナイエロー(Giallo Modena)のボディカラーに、新意匠の前後バンパーと17インチホイールがよく映えている
とくにフロントグリルからえぐるようにブラックアウトされたバンパーは、チンクエチェントの可愛らしい顔つきに、見事な小顔効果と精悍さを与えている
インテリアで際立つのはレザーとアルカンターラを組み合わせたサベルト製のセミバケットシート
座り心地は硬めで、座面やシートバックもホールド性よりは乗降性を優先した形状となっているが、そのシェルはカーボン製で、コンペティツィオーネの名前に恥じない説得力を持っている。ちなみにコンペティツィオーネとは、Competition(競争)のイタリア語表記
実際にレースに出ているわけではないのだが、ここでは「それくらいホットなクルマなんですよ」、と解釈してよいと思う

2017-03-21アバルト4_0.jpg

1.4リッターの直列4気筒インタークーラー付ターボは、180ps/5500rpmの最高出力と、230Nm/2000rpm(SPORTモード時は250Nm/3000rpm!)の最大トルクを発揮する
今回のマイチェンでは出力特性に変更はなかったが、そもそも昨年の改良(タービン変更およびブーストアップ等)によってその馬力は160psから20psも跳ね上げられている
参考までに言うとこの数値は、FIAT 500 ツインエアモデル(85ps)より約100psも高いのである
その走りは、1120kgの“丸餅ボディ”をかっ飛ばすには十分な出力だった
2000rpmあたりから盛り上がるブーストのおかげで、走っているときはいつだってオン・ザ・トルクバンド
アクセルを踏めばシューッとリニアに加速してくれるから、エンジンを引っ張らなくても、サクサクとシフトアップしながら快適に走れてしまう

チョーゴキゲンな走りを支える“粘りアシ”

インパネの「SPORT」ボタンを押すと、その走りは“コンフォート&ファン”から“ファン&レーシー”へと変わる。最大トルクの増強(+20Nm)は3000rpmからだというが、低回転領域から明らかにブーストの掛かりが早く、すぐさま加速体制に入ることができる
自ずとアクセルが開け気味になる、チョーゴキゲン仕様だ
面白いのはそのときデジタルメーターがパッと切り替わること
通常は中央に車両情報が表示され、左にタコメーター、右に燃料系となっているのだが、SPORTモードでは中央がタコメーターとなり、戦闘モードに突入する
また、左下に配置されるブースト計の目盛りもベーシックモデルより細かく、最大値も1.6barから2.0barまで増やされているのである
それ以上に感心したのは、シャシーセッティングだ
コンペティツィオーネの足回りはKONI製の減衰力可変ダンパーで固められ、カドは丸いがハッキリと硬い
しかしそれは、単なるレーシーな気分を味わうためのものではなくて、乗り手の安全を担保するためのものだということが、その挙動からもしっかりとわかるのである
またフロントブレーキがBrembo製の4ポットキャリパーとなっているのも、ファッション性を高めると同時に、コンペティツィオーネの速さに対してブレーキのタッチをより確実なものとしてくれている

180psのパワーを全開でぶつけても破綻しないロール剛性
とくにリアのスタビリティは、アクセルオフでタックインを誘発しても、急激に巻き込まない“粘りアシ”だ
そしてブレーキングをリリースしながらハンドルを切っていくと、グイッ! とフロントが入っていく
最後の最後まで舵が効いて、ノーズを入れ込んでいくのである

2017-03-21アバルト1_0.jpg

現在所有している FIAT500C Gucci が4月で車検になるので、買い替えのリストに入れておこ~っと
でも、出たところなので新車はちょっと購入するのは難しいので・・・
カタログ見て前モデルとどっちがいいか比べてみるか