船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
ロールス・ロイスが手掛ける初のSUV・カリナン
ロールスロイスまでが・・・・・

2018-06-16ロールスロイス2_0.jpg

初のSUVにして4WD
見た目は“背の高いファントム”
ロールス・ロイスは5月10日正午(英国時間)、オンライン上でブランド初のSUVとなるカリナンの姿を明らかにした
数カ月前から同社がナショナルジオグラフィックと組んで、ゼブラにカモフラージュされたカリナンで
アメリカ、スコットランド、UAEなどの大自然を走破する映像が公式に公開されていたので、
カリナンの存在とおおまかな姿かたちは明らかになっていたが、ついにその全貌が明かされた
公開前の4月某日、ロールス・ロイスは中国・北京市内でカリナンを一部メディアに対して
5月10日まで一切公開しないことを条件にプレビューした
夕刻、マグマレッド(赤)とダーケストタングステン(ガンメタ)の2台のカリナンが同時にアンヴェールされ、
我々の前に姿を現した
第一印象、大きい
昨年登場した同社のフラッグシップサルーンのファントムVIIIを見たときにも同じことを感じたが、
今度は背が高い
実際、カリナンは全長5341mm、全高1835mmと、ファントムよりも約400mm短く、190mm高い
2164mmの全幅はファントムとさほど変わらない
数年に一度しか新型車を発表しないロールス・ロイスの場合、
すべての新型車発表が特別で新しい挑戦だが、カリナンの場合は特別中の特別だろう
なにしろブランド初のSUV(発表前、彼らはカリナンをHBV<ハイ・ボディード・ヴィークル>
と分類していたが、プレビューの現場で普通にSUVと呼んでいた)であり、初の4WDである
そのスタイリングは端的に言えば、背の高いファントムだ
スピリット・オブ・エクスタシーが鎮座したパンテオングリルとその両脇の控えめなヘッドランプユニットの
関係性はファントムそのもの
サイドに回り込むとこのクルマがSUVでありながら、わずかにトランク部分が突き出たノッチバック形状であることがわかる
3ボックスまでいかない2.5ボックスといった感じだ
デザイナーのジャイルズ・テイラーは「1930年代のグランドツアラーは旅行用トランクを車外に固定して積載していたが、
カリナンのリアにそのイメージを盛り込んだ」と説明している
サイドウインドウグラフィック全体が大きく、特に天地の寸法が長い
悪路走破には外部の路面状況の目視が最も重要
“なんちゃって”ではなく走りに定評があるSUVは、総じて乗員が路面を直接目視し
て確認できるようウインドウの下端が低く設定されている
半分様式美でもあるが、であればゆえにカリナンもこのことを守っているのだろう
車体の下部には彼らが「サクリファイス」と呼ぶ、悪路走破によって何かにぶつかったり擦れたりすることを
想定した黒い樹脂部分が設けられた
日本導入も今年中
価格はファントム未満、ゴースト以上
初のSUV、初の4WDではあるが、その根幹となる車台は、ファントムで初めて用いられた
「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」というアルミスペースフレームだ
他のブランドが使ったら不遜だと言われそうな名前のこの車台は、
ゴースト、レイス、ドーンといった現行ラインアップにもモデルチェンジのタイミングで採用されるだけでなく、
将来のEV化への対応も想定されているという
ただし今のところ彼らの顧客からは電動化の要望はほとんどないようだが
新しい車台を得た最新のファントムは元々の乗り心地のよさに加え、信じられないレベルの静粛性を得たほか、
重さ2.5トン超、ホイールベース3m超の図体をものともせず、
ワインディングロードをハイペースで駆け抜けることが可能なハンドリングを実現した
カリナンは4WD化もあり、ファントムに比べ約100kg重くなっているものの、
これに近い乗り味を実現しているのではないだろうか
史上最も高い目線で楽しむロールス・ロイスということになる
ファントムと同じ6.75リッターのV12ツインターボエンジンを搭載する
最高出力は571ps/5000rpmとファントムと同じだが、最大トルクはフラッグシップに配慮したか、
あるいは何らかの最適化の結果かわからないが50Nm少ない850Nm
発生回転数はわずか1600rpmである
4WDシステムの詳細は明らかになっていないが、機械的なセンターデフロックなどは備わらず、
電子制御されたフルタイム4WDとのこと。グループであるBMWのテクノロジーが用いられているのは想像に難くない
電子制御エアサスによって車高(ロードクリアランス)のコントロールが可能
SUV化によってフロア高が上がったが、カリナンはまずドアを開けると40mm下がって乗員を迎え、
ドアを閉めると基本の車高に戻る。逆にドライバー自らが40mm上げることもできる
つまり80mm幅で上下するということ。最大渡河水深は540mm
ドライバーにダイヤルで走行モードを選ばせることはない
センターコンソールに「OFF ROAD」と書かれたボタンがひとつ
悪路ではこれを押しさえすればすべてが最適化される
何しろ「effortless everywhere」というのがカリナンに課せられた使命だ。カリナンの乗員はどこへ
行くのにも苦労知らずでなければならない

2018-06-16ロールスロイス4_0.jpg

リアがラウンジシートの5人乗り仕様と、左右が独立したシートの4人乗り仕様がある
4人乗り仕様の後席乗員背後にはパーティションガラスがあり、
猛暑や極寒の地でリアハッチを開けても室温が保たれる
また4人乗り仕様には、リアハッチを開けてスイッチを押すとラゲッジフロア部分から
後ろ向きに腰掛けるための2座のレザーシートとカクテルテーブルがせり出してく
る「ビューイングスイート」というオプションが設定されている
日本導入は2018年内の予定
価格は未定だが、ファントム未満ゴースト以上という位置づけのようだ
ロールス・ロイスはSUVをもたない数少ないブランドだったのだが、カリナンの登場によって
残るSUVをもたない主要ブランドはフェラーリとアストンぐらいになった
うちアストンは開発中であることが公然の秘密になっている

スペック
【 カリナン 】
全長×全幅×全高=5341×2164×1835mm
ホイールベース=3295mm
駆動方式=4WD
車両重量=2660kg
エンジン=6.75L V型12気筒DOHCガソリン ツインターボ
最高出力=571ps/5000rpm
最大トルク=850Nm/1600rpm
タイヤサイズ=22インチ
サスペンション=前:ダブルウイッシュボーン式
        後:マルチリンク式
欧州複合燃費=15L/100km
最高速度=250km/h
使用燃料=プレミアムガソリン
ラゲッジ容量=600L(4人乗り仕様は526L)

※欧州参考値

2018-06-16ロールスロイス3_0.jpg

スポンサーサイト
GT-Rや86はやっぱりオジサンの乗り物?
若者のスポーツカー乗りは増えた?

最近は日本市場でもスポーツカーの話題が徐々に増えつつあります
一時期激減した国産スポーツカーと呼ばれるものは、今では以外と数多く存在します
トヨタ「86」、スバル「BRZ」、ホンダ「S660」、ホンダ「NSX」、日産「フェアレディZ」、
日産「GT-R」、マツダ「ロードスター」、ダイハツ「コペン」と8車種も存在します
     2018-06-06 86_0.jpg

実際に羅列してみるとかなりの数のスポーツカーが販売されるようになりました
しかし、若い人たちに乗りたいクルマとしてアピールができているのでしょうか?
スポーツカーとして世に出るクルマは、純粋に運転を楽しむというテーマで開発をされています
車体剛性、エンジンフィーリング、足回りなどは他のジャンルに比べればかなりの開発コストをかけているのですが、
どうしても数が出る車種ではないために量産効果という面では希薄とならざるを得ず、
割高に感じてしまうところでもあります
ところで「スポーツカーが売れていない」とよく言われていますが、確かに登録販売台数の統計を見れば
ベスト50には上記の車種は入っていません
昔はスポーツカーに憧れて、「それを買うために働いた」、という話を50代以上の方々はよくおっしゃっていました
しかし、いまの販売傾向ではハイブリッド車やミニバンなど、空間効率や燃費が重視される傾向にあります
つまり20代の社会人2年目や3年目で新車を買おうという若者には、トヨタ「86」よりも
トヨタ「タンク」や「アクア」、ホンダ「S660」よりも「フィット」や「フリード」の方が刺さるというのです
「スポーツカーに興味はあっても空間効率的に使い勝手が悪い」というのがスポーツカーを敬遠する最大の理由のようです
それ以外の理由としては、「道路交通法による制限速度の範囲内で運転するということにスポーツカーの意義を見出せない」
というのが筆者(松永和浩)が話を聞いた20代前半社会人の大半の意見です

ところが20代後半から30代前半となると運転を楽しむことに興味を示し、
実際に運転を楽しむことの出来る車種の購入を検討する人たちが現れます
やはり運転の経験が積み重なって初めて運転を楽しむということに興味を示す人々が現れるのです
そこで候補になって来るスポーツカーはトヨタ「86」、スバル「BRZ」、マツダ「ロードスター」です
しかしそこに購入検討の比較対象として入ってくるのがスバル「WRX」やホンダ「シビックType-R」などの
セダンやハッチバックのスポーティーグレード
しかしこれらを新車で買うにはいまだ収入が見合っていないため中古車での検討を始めるのです

「86」を新車で購入する20代が増えてきた!?
実際にスポーツカーを新車で購入する層のメインは35歳以上です
この年齢を考えると収入の増加? という疑問も湧くとは思いますが、
これには免許を取得している人数の差と見ることも出来ます
警察庁の発表した運転免許統計平成29年度版では 
20代の免許取得者は約1000万人、30代では約1500万人、40代では約1900万人
となっており、30代と40代のマーケット自体が大きくなっています
また一部ではその流れも変わってきているとトヨタ関係者は話します
「新車で『86』を購入していた層は発売当初こそ40代、50代の方が購入される比率が高かったのですが、
ここにきて20代が非常に増えてきた」と言います
トヨタ「86」が発表された2012年にトヨタ自動車の豊田章男社長は
「スポーツカーは文化だ」と語っています
これはスポーツカーが売れればよい、ということではなくそれを所有する喜び、
そして走らせる喜びを体験して初めてスポーツカーや自動車そのものの意義がある、という文脈のお話でした
それに伴ってトヨタは「86」を気兼ねなく走らせることの出来る場所をレースやラリーなどの
モータースポーツを軸として提供しています
また、規模としてはトヨタほどではないにせよ、マツダもロードスターを気兼ねなくに走らせることの
出来るレースやタイムトライアルなどを積極的に開催しています
時間はかかりますが、こういった体験を40代から上の世代が20代を巻き込みながら広げていくことが
「スポーツカー文化」を継承していくことにつながっていくのではないでしょうか

 スポーツかは車好きには憧れですが・・・
今迄スポーツカーを購入した事がないんです。
仕事柄人を乗せる事が多かったのとセダンが好きだったので、セカンドカーならと思いもう50歳に
そろそろ購入しないともう乗れないです
何がほしいかな~

     2018-06-06 GTR_0.jpg

絶滅危惧車のユーノスコスモ
バブルが生んだ超豪華&ハイパワークーペ
今迄で一番ほしい・・・今でもこれ以上ほしい2ドアがない
そんなユーノスコスモの記事に目が止まりお借りしました

     2018-06-03 ユーノスコスモ3_0.jpg


デビューしたのは、1990年で未曽有のバブル景気真っ只中のことだった
「バブル」という単語は“浮かれた”社会を想像しがちだが、必ずしも悪いことばかりではなかった
その典型例が、コスモと言えるだろう
いわゆるイケイケの時代ゆえに、利益優先ではなくブランディングのためにお金をかけることへ大らかだった
マツダはそれまでのネームバリューの低さから脱却すべく、トヨタのレクサス、日産のインフィニティに続き、
高級ブランド「ユーノス」を展開
ユーノスロードスター(現マツダロードスター)で大注目を集め、続いて投入されたのがコスモだった
コスモの何がすごかったって、世界で唯一3ローター・ロータリーエンジンを搭載し、
世界で初めてGPSナビゲーションを搭載した市販車であったのだ

     2018-06-03 ユーノスコスモ1_0.jpg


ハッキリ言って、「コストを回収できる」とはマツダ側も思っていなかったのではないだろうか……
20Bエンジンと呼ばれる3ローター・ロータリーエンジンはシーケンシャル・ツインターボを装備し、
2018-06-03 ユーノスコスモ4_0.jpg
自主規制により最高出力は280psに抑えられていた
マツダのエンジニアの設計どおりであれば、最高出力は333psであったという
本革シートは、オーストリア・シュミットフェルトバッハ製で仔牛10数頭分が奢られ、
インパネに配されたウッドパネルはイタリア・シンプレス工房製だった
実にバブリーだ!

2018-06-03 ユーノスコスモ2_0.jpg

なお、スポーティモデルであるにも関わらず、トランスミッションはATしかラインナップされなかった
なんでも20Bエンジンの大出力に耐えられる乗用車向けのMT用クラッチが、当時は開発されていなかったのだという
マツダRX-7にも搭載された、2ローター・ロータリーエンジンもラインナップされたが、やはりATのみだった
ガシガシMTを操作して走る、というよりもGTカーとして優雅に、速く、快適に走ることが想定されたのであろう
こんなに開発コストがかけられ、イケイケな時代背景を感じさせる車はそうそうない
そして、20Bエンジンを搭載したモデルはもうごくわずかしか流通していない
少しでも興味を持たれた方は、中古車物件をチェックしてみてほしい。

 中古車は驚くほどの価格が付いてます。
このデザインは今売り出しても古さはない、トランクのあるデザインの2ドアはないので逆に新鮮・・・
2ドアで一番好きなスタイル
このスタイルの2ドア発売されないなか~

約27年・48万キロをともにしたワンオーナーの愛車。1991年式三菱・GTO ツインターボ(Z16A型)
唐突だが、地球を一周したときの距離をご存知だろうか?
赤道の長さは約4万キロといわれている
ということは、これがひとつの目安になりそうだ。では、地球から月までの距離はというと、約39万キロなのだという
今回は、地球であれば約12周、月までの片道以上の距離を1台のクルマで走破しているオーナーを紹介
2018-06-01 GTO_0.jpg
2018-06-01 GTO2_0.jpg

「このクルマは、1991年式三菱・GTO ツインターボ(Z16A型)です
新車で手に入れて、現在は27年と4ヶ月になりました
現在の走行距離は、通算で約48万キロです
2018-06-01 GTO3_0.jpg

もしかしたら、日本でもっとも多くの距離を走っているGTOかもしれません」
三菱・GTO(以下、GTO)は、まず1989年に開催された第28回東京モーターショーにおいて
「三菱・HSX」として参考出品され、大きな反響を呼んだ
そして、約1年後の1990年に「GTO」という名を冠して発売されたスポーツクーペである

GTOのボディサイズは全長×全幅×全高:4555x1840x1285mm
オーナーの個体には、「6G72型」と呼ばれる排気量2972cc、V型6気筒DOHCツインターボエンジンが搭載され、
最高出力は280馬力を誇る
GTOにはNAエンジン仕様も設定され、こちらはATも選ぶことができた(ツインターボはMTのみ)
なお、全グレードの駆動方式は4WDとなる
スタリオンの後継車という位置付けのGTOだが、4度にわたるビックマイナーチェンジを行い、
2001年まで11年にわたって生産が続けられた
オーナーが所有するリトラクタブルヘッドライトを持つモデルは、1993年まで造られた初期型のみであり、
11年間というモデルライフにおいて半分にも満たない期間しか生産・販売されていない
余談だが、GTOは日本車として50タイヤや6速MTが初採用されたクルマでもあるのだ

そんなGTOとの「馴れ初め」をオーナーに伺ってみた

「高校時代の友人が、1989年に開催された東京モーターショーのチケットが余っているから
一緒に行ってみないかと誘ってくれたんです
三菱のブースに出品されていた『三菱・HSX』を見た瞬間に一目惚れしましたね
『このクルマが発売されたら絶対に買う!』と決意しました
それくらいの衝撃でした。当時、モーターショー会場で撮影した写真を今でも部屋に飾ってあるんですよ(笑)」
その後、「三菱・HSX」は「GTO」として正式に発売されることになった
「モーターショーに連れて行ってくれた高校時代の友人の友人が勤務する三菱ディーラーに赴き、
予約注文という形でオーダーしました。ボディカラーは、イメージカラーであるパッションレッドに決めていました
ディーラーにはフィジーブルーメタリックのGTOが展示されていたんですが、
派手な印象を持ったこともあり、当初の予定通りカタログカラーでもあるこの色を選びました
私は現在、54歳になりますが、購入当時は27歳でした
GTOは決して安いクルマではないので、一目惚れで好きになったとはいえ、購入するときは一大決心でした」
こうして念願のGTOオーナーとなったわけだが、自身のなかで変化はあったのだろうか?
「それまで、5年ほど日産・スカイライン GT-EX(R30型)に乗っていたんです
GTOが2台目のクルマとなるので、二十歳で運転免許を取得してから、
これまでの私の愛車遍歴は2台のみとなるわけですね
GTOを手に入れてからは、オーナーズクラブにも所属して、同じクルマを持つ仲間たちとの交流を深めています
現在も所属している『東京GTO倶楽部』では、20数年来メンバーの一員として活動しています
驚くことに、私の他に3人がワンオーナー車としてGTOを所有しているんです」

ところで、GTOに詳しい人なら、この個体の雰囲気が微妙に異なることに気がついているかもしれない

「現在の仕様ですが、大まかにいうと、外装はヨーロッパ仕様に、内装は北米仕様にモディファイしています
オドメーター上の距離では42万キロ台ですが、過去に2度交換しているんです
1度目はイギリス仕様にしてみたのですが、マイル表示だと油脂類の交換サイクルが分かりにくくなるので、
左ハンドルの輸出仕様のメーターに交換して現在に至ります
そのため、トータルで約48万キロになります。それと、純正シートが傷んできたので、
左右ともにレカロシートに交換しました
その他、マフラーはフジツボ製のワンオフ、ホイールはWedsSport製のRN-55Mをチョイスしています」

27年4ヶ月、そして約48万キロという時間と距離を重ねてきているだけに、トラブルもそれなりにあったのかもしれない

「GTO乗りの友人宅に遊びに行ったときに、コンピューターが燃えてしまい、走行不能になったことがありました
27年4ヶ月のあいだで大きなトラブルといえばこれくらいですね
あと、これはトラブルというわけではありませんが、それ相応の距離を走っているので、
載せ換えたものも色々あります
具体的には、現在のエンジンは2基目です。このエンジンに載せ換えてからそろそろ10万キロに到達するので、
タイミングベルトを交換してあげようと思っているところです。ちなみに、ミッションは4基目、
マフラーおよびクラッチは4セット目、アルミホイールは6セット目になりました
これらのメンテナンスは三菱のディーラーにお任せしています
ミッションはまだ寿命ではなかったんですが、偶然、新品が見つかりまして
しかし、トランスファーも新品に交換しなければ取り付けられないんですね
幸運なことに、友人から新品のトランスファーを譲ってもらえることになり、両方とも思い切って交換しました
このGTOは毎日の通勤の足として使っていますし、週末はドライブにも出掛けます
平均すると、年間で2万〜2万4千キロくらいは走ります
クルマは走ってナンボという考え方ではありますが、その分、メンテナンスの重要性は理解しているつもりです」


GTOの生産が終了してから、早いもので20年近くになる。やはり、気になるのは純正部品の確保だ。

「純正部品もかなり欠品が増えてきましたよ
私もそれなりにストックを持っていましたが、これまでのメンテナンス時に使ってしまった部品も多いですね
これまでは何とかなっていますが、今後、センサー類が故障したとき、代用品が見つからないのでは…と、
ちょっと心配ではあります」


最後に、このクルマと今後どう接していきたいかオーナーに伺ってみた


「私にとって、もはや体の一部のような存在です
ディーラーにクルマを預けていると何だか寂しいですし、代車で通勤すると
『もしや、ついに買い替えたの!?』と心配されます(笑)
27年間、毎日乗っていても飽きないですし、他に乗りたいクルマも思いつきません
これからもずっと乗り続けたいですね」

生涯のうちに何10台もの愛車遍歴を重ねたとしても、自分にとってベストマッチな1台にめぐり逢えない人もいるなかで、
1台のクルマとこれほど長い時間、蜜月の関係でいられる
クルマ好きとしてこれほど幸福なことはないだろう

もうひとつ、オーナーにちょっと意地悪な質問をしてみた
「本当に一度も他のクルマに浮気したいと思ったことはありませんか…?」と
「これまで1度もありません!」
即答だった
よく見ると、美しく磨き上げられた真紅のボディのフロントバンパー、
そしてサイドエアインテーク(ここはダミーのようだが)の部分で塗装の地肌が見えている
飛び石が当たったことによる傷、いわゆる「走り屋の勲章」だ
大切に乗りつつ、クルマ本来のポテンシャルもきっちりと引き出すためにコンディションを保ち続けている…
そのために、決して安くはない出費だったこともあるはずだ

もし、GTOの開発メンバーがこの記事を読んでくれているとしたら…
30年近くも前に世に出たクルマが、今もこうして現役のマシンとしてほぼ毎日、
元気に日本の路上を走っていることをお伝えしたい
そして、それほど溺愛できるクルマを世に送り出したことを、自身の誇りにしていただけたら…
オーナーも自分のことのように喜んでくれるはずだ
  
 いくら車が好きでも1台の車を新車から所有し27年と4ヶ月、
現在の走行距離は、通算で約48万キロです
そんな人初めて聞きました。
旧車を購入する人は多いですが、新車から旧車になるまで持っている事が本当に驚きです。
本当の車好きスタイルなのかもっと思いました。
この記録を生きている限り続けてほしいです。
頑張ってください・・・

   2018-06-01 GTO4_0.jpg

VWザ・ビートル が2019年に販売終了
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ザ・ビートル』の2019年国内販売終了に伴う
「See You The Beetle キャンペーン」第3弾として、
内外装の質感を向上させた限定車「ザ・ビートル・エクスクルーシブ」を5月29日より発売する

2018-05-30 ビートル2_0.jpg
2018-05-30 ビートル1_0.jpg

VGJでは、2019年に日本でのザ ビートル販売終了に伴い、ビートルファンに対する感謝を込めた
「See You The Beetle キャンペーン」を開始
第1弾ではフェンダーサウンドを搭載した限定モデル「ザ・ビートル・サウンド」を300台限定で発売
第2弾では、ザ ビートル購入時に利用できるオプションサポートクーポンをプレゼントする「
ザ・ビートル・オプションサポートWeb チャンス」を実施した
キャンペーン第3弾として発売するザ・ビートル・エクスクルーシブは、
「ザ・ビートル・デザイン」をベースに、数多くの専用アイテムを装備する
ベージュ&ブラックのツートンカラースポーツシートは、上質なナパレザーにダイヤモンドスティッチを施し、
華やかで高級感のあるインテリア空間を演出
   2018-05-30 ビートル3_0.jpg

さらに通常はボディカラーと同色のダッシュパッド、ステアリングホイール、ドアトリムをブラックに統一し、
シートカラーを引き立てている

エクステリアは、インチアップした18インチアルミホイールや、ダークティンテッドガラス、LEDテールランプを備え、
スタイリッシュで洗練された印象とした。さらに、VW純正ナビ「716SDCW」を標準装備するほか、
シートヒーター(運転席/助手席)、2ゾーンフルオートエアコン
(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付)やアレルゲン除去機能付フレッシュエアフィルター
(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)なども標準装備とし快適性を向上
さらに、パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)とリヤビューカメラを装備し、安全性も強化している

ボディカラーはディープブラックパールエフェクトとピュアホワイトの2色展開で、限定販売台数は500台
価格は333万円

 ビートルが無くなるのはすごく寂しい事です。
昔からあり、デザインコンセプトを守っている ビートル・ミニ・チックエチェント の1台ですから
ちょっと乗って見たくなりました