船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
デキる!と思われる、スーツのお手入れ術10
ビジネスも恋愛も、見た目の印象はとても大事
ビシッと決まったスーツ姿と、ヨレヨレのスーツ姿、どちらが成功を収めるでしょうか
スーツは普段のちょっとしたお手入れでビシッとなります

絶対におさえたい、スーツのお手入れ術
ぜひ実践を

<スーツの手入れのコツ その1>
ポケットの中に重いモノは入れない

スーツの胸ポケットにはポケットチーフ以外は何も入れないようにしましょう
スーツには内ポケット、脇ポケット、胸ポケットがついています
脇ポケットと胸ポケットの基本は飾りなので、何もモノを入れないように
胸ポケットにポケットチーフを入れるくらいにしておきます
でも、内ポケットには財布や手帳、ハンカチ、タバコなど、いろんなものを一杯入れてしまいますよね
内ポケットにはモノを入れてもいいのですが、スーツの型崩れの原因になります
なので、あまり重たいモノは入れず、入れてもスーツを脱ぐ時には必ずポケットからすべてを出す習慣を身につけましょう

<スーツの手入れのコツ その2>
シワをとる
一日スーツを着た後は、ウールのスーツでもちょっとしたシワができてしまいます
特に夏のリネン(麻)のスーツなどは一日着ただけでシワくちゃに
そんな時は、スチーム(蒸気)でシワをとります
シワとり用のスチームアイロンなどがありますが、もっと簡単にできるシワとり方法をお教えしましょう

まず、浴室で熱いシャワーを3分間出し続け、蒸気で満たします
そして、その中にスーツをハンガーにきちんとかけて吊るしておきます
この作業を夜寝る前にしておくと、朝にはシワがとれ、蒸気も乾いて、きれいなスーツになっています


この方法は、シャツやパンツでも活用できるシワとり法ですので、ぜひお試し下さい
特に出張や旅行では、トランクに詰めたスーツやシャツ、ネクタイはシワになってしまいがちですので、おすすめです

<スーツの手入れのコツ その3>
脱いだら必ずハンガーに吊るす

スーツのパンツは、パンツ専用ハンガーに吊るしておきます
仕事から疲れて帰ってきたり、酔っ払って帰ってきた時など、スーツをハンガーにかけてクローゼットにしまうことほど面倒くさいことはありません
ついついソファーの上に置いたり、食卓の椅子にかけて、あとはそのまま、という人が多いと思います
面倒くさくなる気持ちもよく分るのですが、スーツの形をキープして、長く愛用するためにはハンガーにかけることが大切です
その時、そのハンガーはクリーニング屋から一緒に戻ってきたような薄っぺらいものはタブー
スーツの肩がしっかりとのるくらいに厚みのあるハンガーにきちんとかけ、吊るようにしましょう
また、パンツには、パンツ専用のクリップが2つついたハンガーがありますので、パンツのウエスト部分を上にし、クリップに挟んで、吊るしてください


<スーツの手入れのコツ その4>
消臭する
丸一日スーツを着ていると、タバコの臭い、食べ物の臭い、汗や体臭など、様々なニオイが付着します
このようなニオイは、前ページで述べた浴室の蒸気でシワを取るとニオイも同時にとれますが、もっと素早く消臭したい場合は、ファブリーズのような繊維の消臭効果のある消臭剤がオススメ
スプレーしたあとは少しベタつくので、夜寝る前に消臭液をスプレーしておいて、ハンガーで吊るしましょう

今回は、スーツをキレイに見せる手入れ方法を・・・
あなたは、毎日、シワくちゃでタバコのニオイの染みついたスーツを着て出勤するなんて、マナー違反と言えます
スーツをしっかり手入れし、みだしなみをきちんと整えましょう
木製ソファーとテーブル



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1023-0c1c0d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)