船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
夏のお悩み!汗をにおわせない6つの方法!
この時期に気になってしまうものといえば汗
におっていないかどうか、不安になってしまう人も多いのでは
しかし、汗自体は水分なので、実際ほとんどにおうことはありません
でも、何だかモヤッとにおうこと、ありますよね
汗が皮膚の上に存在する細菌と混ざってしまうことが、この原因です

このほかにも、汗がにおいを持つようになる原因は、いくつかあります
たとえば、汗をかき慣れていないと、脂質を含んだ物質が混じった汗になり、ベタベタとした濃い汗になってしまいます
その結果、汗が蒸発しづらくなり、皮膚表面に菌が繁殖し、汗のにおいがキツくなってしまうことも
では、汗のにおいをなくすためにはどうすればいいの?適切な方法をご紹介します
冷たいもので冷やす
汗がなかなか引かないときは、ワキや首筋などに冷たいタオルや保冷剤、冷えたペットボトルなどを当ててみましょう
クールダウンできるだけでなく、脳が「冷えた」と認識して、汗が引きやすくなります
ぬれたタオルで拭く
気になる部分をぬれたタオルでこまめに拭いて、汗の成分や雑菌などを取り除きましょう。汗からにおいが発生するまでの時間は、およそ1時間といわれています。それまでに対策を講じて。
肌をこすりすぎない
くれぐれも皮膚をこすりすぎないようにしましょう。汗を分泌する「汗腺」はデリケートなので、肌をこすりすぎると、汗腺に負担がかかってしまいます。
補足:汗腺は良質な汗をかくほど、機能が高まっていきます。汗腺の機能を上げるためにも、ウォーキングやランニングなどの運動で汗をかき、夏でも湯船に浸かるなどして発汗させるなど、汗をかくことに慣れるよう、心がけるとよいでしょう。
エアコンで汗を乾かさない
特にお風呂上りはエアコンで汗を乾かす人も多いのでは。確かにエアコンの部屋にいると、一時的に汗は引きますが、脳は「暑さ」を認識しています。そのため、夜中に汗をかきやすくなり、逆効果に。
ストレスを貯めない
できるだけストレスを貯めないようにしましょう。ストレスや緊張は汗腺の働きを活発にしてしまいます。生活習慣が不規則になったり、睡眠不足になったりするのはよくありません。
服に汗をしみこませない
服に汗がしみこむと菌が繁殖しやすくなります。使い捨てタイプのワキ汗パッドや、吸湿性の高い衣類などを有効活用しましょう
どうしても夏に気になる汗ですが、人が健康に生きていくためには欠かせない物質です。汗との上手な付き合い方をしていきたいものですね

テラスハウス (2)_
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1061-6f1ced72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)