船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
あなたは起業に向いている? 5つのチェックポイント
「今の会社で、ずっと働き続けられる……
かつてのように終身雇用が当たり前ではなくなった時代、将来の仕事に不安を感じる女性は少なくない
転職を考えても思うような仕事に就けるのかわからない
では起業かというと、それはハードルが高くて自分にはとてもムリ
選択肢はあまりに少なく、より一層焦燥感に駆られる
そんな働く女性たちに、新たなキャリアの形を提案しているのが一般社団法人『キャリア35』の尾久陽子

自分の力で収入源を確保する
ごく自然な起業の形

一般的に、起業というとバリバリ稼ぎ、華々しく活躍する女社長をイメージしてしまう
が、そうではなく、自分の好きなこと、やりたいことを小さなビジネスに変えていくスタイルでも、立派に起業はできるという
「女性の新しい働き方として、そんな“ローリスク起業”という選択肢も視野に入れてみてほしい」
と語る尾久陽子さん

「内閣府男女共同参画局による調査では、第一子出産後、62%もの女性が仕事を辞めていることが分かっているんです(出典:「平成24年版男女共同参画白書」)
出産後、運良く会社に復職できたとしても、終身雇用の神話は崩れていますし、そもそも会社が定年まで存続するかどうかも分からない時代
となると、自分の力で身を立てる起業は女性にとってもごく自然な選択肢の一つとなり、今後さらに増えていくのではないでしょうか」

尾久さん)

華々しいベンチャー起業家とは違う
身の丈スタートの“ローリスク起業”

ローリスク起業は、現在の仕事を続けながら少しずつ準備し、2~3年で収入をシフトしていく
もちろん、会社の服務規程もあるので、副業としてスタートできるかどうかはケースバイケースだが、人脈を広げたり、ビジネスプランを練るなど、段階を踏んで準備を整える期間を設ければ、不安もリスクもぐっと軽減する
いきなり会社を辞めることなく、身近なところから少しずつ計画して、ビジネスを作り上げていくのだ

「ベンチャーブームの頃とは違い、1人で身軽にできることでお金を稼ぎたいという人がほとんど
占い師やアロマテラピー、フラワーアレンジメントなど、自分の趣味や好きなことを生かして小さくスタートし、いずれ生活できるだけの収入を得ようというのがローリスク起業の考え方なんです
最近は起業という感覚を持たず、好きなこと、やりたいことで収入を得たいという女性が増えているんですよ」

尾久さん)

それこそがまさに、尾久さんが提案するローリスク起業のスタイルだ
さらに、起業すれば子育てや介護をしている場合でも、会社のように就業時間があるわけではないので、自分で働く時間を調整しやすい
また、自分で仕事を生み出すので、年齢に関係なく、仕事を続けていくことができる

起業の種は、誰の中にもある
まずは外に向けた行動を

それでは、どんなビジネスで起業をすればいいのか
特技や好きなことがある人、一つの分野にこだわりを持っていたり、のめり込める人は、それを活かす方法を考えればいいという

「例えば、趣味を生かしたスクールやネット通販、子育ての経験を生かした学童保育や子ども向け英会話塾、社会保険労務士などの資格を取って個人事業主としてスタートするなど、様々な道がありますね
また、好きなことがない、特にやりたいことが見えないという人も、過去の経験を振り返ってみれば、人から褒められてうれしかったことが必ずあるもの
その時、うれしかったこと、楽しいと感じたことがビジネスの種になります
今から焦って何かを探そうとしなくても、自分自身の中にある価値観や持っているものを見つめれば、それが一つのキャリアにつながるはずですよ」

尾久さん)

将来のキャリアや働き方に不安を抱いているのならばまずは、ボランティアで興味のある分野の活動をしたり、その分野の友人を増やすなど、外の世界に出かけ、常にアンテナを張ることからスタートすればいいという

「外向きの活動をしながら人と関わっていけば、趣味だけの世界から一歩踏み出すチャンスが広がります
そうすることで、自分の好きなこと、そして、できることも磨かれていきますし、自己実現につなげていくことができるはずです」

尾久さん)

ローリスク起業という新しい働き方を視野に入れ、少し行動範囲を広げてみることで、次のキャリアの選択肢が見えてくるようだ

≪あなたは起業に向いている 5つのチェックポイント≫
料理やインテリアにこだわりを持っている
一つの結果に向かって形を作ることが好きな人は、ビジネスを組み立てていくパワーを持っている
自分のホームページを作って何らかの情報を発信したい人などもこれに当てはまる

ランチのメニューをすぐに決められる
起業後は、選択と決断の連続。すぐに決められる人は起業に向いている
また、決められない人も、 「30秒でメニューを決める」 という練習をすれば、迷いがなくなり、前向きな起業家タイプになれる

人間観察することが好き
例えばカフェに出かけた時、人間観察をしたり、 「なぜこの店は人気があるのか などを考えたりする人は、発信者の意図を想像できるため、ビジネスのヒントを得ることができる

仕切るよりも、協調性があるタイプ
一般にイメージされる起業家は「前に出る」タイプだが、実際には控えめで協調性のある人が多い
人に対して気遣いのできる人の方が周囲からも応援してもらいやすく、最終的には成功できる

イベントや旅行の計画を立てるのが好き
ツアーではなく、個人旅行などの計画を立てたり、飲み会などのイベントで幹事をすることが好きな人は、ビジネスを計画的に実行していける

一般社団法人『キャリア35』代表理事 尾久陽子さんを少しご紹介
行政書士、ファイナンシャル・プランナー、キャリアデベロップアドバイザー(CDA)
大学卒業後、32歳まで演劇活動中心の生活を送る。コールセンターのリーダーなど数々のアルバイトや派遣業務を経験した後、法律事務所に勤務
35歳で保育の仕事を目指すが挫折を経験し、その後、行政書士を目指すことを決意。36歳で資格試験に合格し、翌年、行政書士登録
現在、『おぎゅう行政書士事務所』を個人開業し、会社設立手続や在留ビザ申請から離婚・相続、ライフプランやキャリアカウンセリングの相談まで、幅広い活動を行っている
キャリア35の著書、『好きを仕事に! 私らしいローリスク起業』(株式会社ビーケイシー刊)も好評発売中

レクサスIMGP2455



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1080-7aa018d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)