船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
身近なもので快適に!暑くて寝苦しい夜にスッキリ寝る方法
本日は観測史上最高の41℃を記録
本日で3日連続40℃超えの地域はもう暑さ勘弁してほしいですよね
京都も非常に暑いです・・・

暑い夏は夜も温度が下がらず、蒸し暑くてとても寝苦しくなってしまいます
熱帯夜が何日も続くと良く眠れない日が続き睡眠不足になり夏バテに繋がってしまいます
快適な睡眠は人の健康に大きく影響します

ここでは暑くて寝苦しい夜にスッキリ眠る方法を紹介

:エアコンを上手く使う

両親は冷え過ぎるのが嫌いなので、冷え過ぎないように高めの温度設定をして扇風機と除湿効果を使って部屋を少しでも快適にします
エアコンは28℃に設定し、吹き出し口は直接体に冷たい風が当たらないようにします
除湿効果と併用する事でサラッとします

扇風機を利用してエアコンの冷たい空気を部屋に循環するようします

部屋の中が快適なら、簡単に眠りにつけぐっすり眠る事が出来ます

エアコンと扇風機はタイマーを30分から1時間くらいにセットします

:保冷剤で首筋を冷やす

保冷剤をタオルに巻いて首の後ろに置いて冷やしながら眠ると気持ちいいです
首には太い血管が通っているので、首筋を冷やしてやる事で血液や冷え体全体を効率的に冷やす事が出来るそうです

冷やし過ぎも良く有りませんから、タオルを使って冷え過ぎないようにひどく冷たく感じたらはずして下さい

:吸湿性の良い寝具

汗をかくとベタベタして気持ち悪くなります
枕やシーツ、掛け布団等の寝具が吸湿性の良い素材なら汗を吸い取ってくれるためサラッとした感覚で朝迄気持ちよく眠れます

コットン、シルク、ガーゼ、タオルなどは吸湿性が良いと言われます

実践する際の注意点

「夏は暑くて当然で忍耐が大切」と言って昔ながらに何もせずに我慢しようとする方がいますが、地球の温暖化や高層ビルに寄る風のシャット等、最近の夜の暑さは昔とは違っています
無理せずに快適な部屋造りをして体調を崩さないようにしましょう

おわりに

いかがでしたか
ここでは夏の暑くて寝苦しい日にスッキリ眠るほうほうを紹介しました
気持ちよく眠って快適な1日を過ごしたいですね

ちなみに僕はドライ運転で28℃にセットして昼間も夜寝る時も同じ設定にしていますので、ぐっすり寝ています

お腹が冷えないように、胸より下は羽毛布団を掛けています


2013-08-12ブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1096-25091d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)