船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
コーヒーの正しい飲み方
朝の目覚めに、ちょっと疲れたときに……
飲むとすっきりするコーヒーは、実は美肌や脂肪燃焼など、健康パワーの固まり
コーヒーの力をイイトコ取りする飲み方をマスターしましょう

コーヒーというと、「健康に悪そう……」と後ろめたさを感じつつ飲んでいる人もいるのでは
でも、ご安心を
むしろコーヒーは体に良いという認識が広がっている
今年5月、最も権威のある医学雑誌の一つ、New England Journal of Medicine誌に
「1日に3杯以上のコーヒーを飲む人は、飲まない人よりも死亡リスクが約10%低くなる」
という大規模調査結果が報告された(※ N Engl J Med 2012 ;366:1891-1904.)
東京薬科大学名誉教授の岡希太郎さんは
「コーヒーの健康効果を世界の医学会が認めた、画期的な研究」
と評価する

健康に効くのはこの二大成分
その 1杯に200~300mg 抗酸化でアンチエイジング ポリフェノール

活性酸素に作用して紫外線によるシミを防ぐ
コーヒーの抗酸化力を支えるのが、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)などのポリフェノール
1杯(150ml)当たり300mgと豊富に含み、「飲むと30分から1時間ほどで体内の抗酸化力を高める作用を発揮する」近藤教授
コーヒーを飲む量と肌の状態を調べた研究では、コーヒーポリフェノール摂取が多いほどシミが少ないというデータが出た

1日に2杯以上飲む人はシミが少ない

非喫煙女性131名(30~60歳)に対して、食事調査と肌状態の解析を行った。コーヒー1日2杯以上、つまりコーヒーポリフェノールを1日150mg以上とる人は紫外線シミが少ないことがわかった。(近藤教授ら、2011年第65回日本栄養・食糧学会大会にて発表)

意外コーヒーは日本人の抗酸化力の源

首都圏在住の主婦109人に食事、食材、飲料を一週間記録してもらい、ポリフェノールを何から摂取しているかを算出した。その結果、コーヒーからの摂取が47%と最も多く、コーヒーは日本人の最大のポリフェノール源であることがわかった。(近藤教授ら、2010年第64回日本栄養・食糧学会大会にて発表)


【コーヒーポリフェノールにはこんなアンチエイジング効果も
インスリン抵抗性を改善し、糖尿病を予防。血圧を抑える
動脈硬化を予防し、心疾患リスクを下げる


健康に効くのはこの二大成分
その 1杯に約100mg エネルギー代謝を高める カフェイン

脂肪燃焼パワーを高める
カフェインをとると30分ほどで血中に到達し、脈拍が上がり交感神経が優位になる
さらに、エネルギーとして活用されやすい遊離脂肪酸が増え、脂質代謝が高まる
ラットの実験で、カフェインを投与して運動を加えるとこの働きはさらに高くなった
「ヒトを対象にした研究でも、コーヒーを飲むとエネルギー代謝が上がることを確認した」(鈴木教授

・カフェインと運動で脂肪燃焼効果アップ

肥満・糖尿病モデルのラットを「安静対照群」、「運動群」、「カフェイン投与群」、「運動+カフェイン投与併用群」に分けて5週間飼育した
運動とカフェインを併用すると体重減少が顕著となり、筋肉量が増え、内臓脂肪と皮下脂肪が最も減少した
鈴木教授の研究)

・1杯中のカフェインはコーヒーが多い

主な飲料に含まれるカフェイン量を比較すると、コーヒーの含有量が多い
コーヒーや茶葉から抽出されたカフェインは、コーラや栄養ドリンクにも使われている
(データ:五訂日本食品標準成分表、『カフェインの科学』学会出版センター)


【カフェインにはこんなうれしい効果も!】
交感神経を優位にする
抗炎症作用
肝臓など臓器の保護作用


学生時代は、喫茶店でアルバイトするほどコーヒーが大好きです


2013-08-28ハーブ園 (27)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1125-6ca6756a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)