船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
もらう男性は複雑? 義理チョコ専門店が登場
バレンタインシーズンは、チョコレートメーカーにとって大事な稼ぎ時
各社とも手の込んだチョコをラインナップし、女性の心をつかもうとしている

そんな中、一風変わった戦略を打ち出したのが駄菓子「ブラックサンダー」を製造・販売する有楽製菓だ

 同社は1月29日、東京駅一番街に「義理チョコ専門」の店をオープ
2月16日までの期間限定で、「義理チョコパッケージ」(20本入り630円)やメッセージなどを書き込めるシールなどが入った「義理チョコ缶」(3本入り420円)などの限定品を販売している
受け取った男性は、うれしいような悲しいような複雑な気持ちになるかもしれない

バレンタイン商戦に加われず

ブラックサンダーは、黒を基調に金色の稲妻がデザインされたパッケージと、「お菓子界の小さな巨人」「若い女性に大ヒット中」といった独特の商品コピーが印象的なチョコバーだ
値段は1本32円と安い

2008年の北京オリンピック金メダリストである体操の内村航平選手が好物と明かしたことで人気に火が付き、現在は年間1億3000万個を売り上げる大ヒット商品となった
ただ、バレンタイン商戦において、駄菓子であるブラックサンダーは見向きもされず、戦いの土俵にすら上がれていなかった。
【詳細画像または表】
 そんな状況を打開しようと、有楽製菓は昨年、「一目で義理とわかるチョコ」として大々的に売り出した。新宿駅内に巨大な広告を出すと共に、自動販売機「義理チョコマシーン」を設置したのだ。1日1000缶限定で、義理チョコ缶を無料配布すると、連日長蛇の列ができた
その成功を踏まえて、今年は東京駅に義理チョコ専門店をオープンした

会社の屋台骨を支える商品

有楽製菓マーケティング部の山崎美沙氏は、「これまでは運によって売り上げが伸びてきた部分も大きい
より多くの人に知ってもらうために、今後はこちらから仕掛けていく」と意欲を燃やす
ブラックサンダーの売上高は単純計算で30円×1億3000万個=39億円に上る
有楽製菓の2012年度の売上高は90億円で、ブラックサンダーはまさに会社の屋台骨を支える商品だ
同社は今回の出店を機に、バレンタイン商戦でも稼げるより太い収益柱に育てていく方針

近い将来、ブラックサンダーが義理チョコの代名詞になる日が来るかもしれない

義理チョコでももらえたら嬉しいですよね
嫌われていたら義理チョコももらえないし・・・
嫌われているかのバロメーターになっていると思うのは僕だけ


2013-02-14バレンタイン (2)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1272-12481084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)