船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
夫への愛情が浅いのは「ちょこキャリ」妻?
この人を愛していたはずなのに、いつから本音をぶつけられなくなったのか・・・
夫婦の関係性を変化させるのは、家事・育児・仕事・お金……
それぞれの夫婦が抱える愛と力の相関関係が、520人調査でわかってきた

アエラは世帯年収500万円以上、35~54歳の既婚男女520人に、夫婦の愛情について調査した
夫婦ともに家計を支えている「共働き」、夫が家計を支えているが妻も働いている「ちょこキャリ」、夫だけが家計を支えている「専業主婦」にそれぞれ夫への愛情を聞いたところ、
「愛している」と答えた妻は共働きで81%
専業主婦74%
ちょこキャリ66%

出産後に仕事をセーブしたり、子育ての合間にパートに出たりと、家庭優先で働くちょこキャリ妻に「夫を愛せない妻」が多かった

 日本女子大学の永井暁子准教授(家族社会学)は分析する

「夫と同等に働く妻は夫から尊重してもらえて家事も分担できるが、妻がちょこキャリの場合は夫から尊重されず、家事や育児をしてほしいとも言いづらい
自分だけが夫をケアしていて、ケアされることがないので満足感が得られないのではないか」


妻が望むケアとは、実際の家事の負担よりも「情緒的なサポート」のほう
夫が妻の働く意欲を尊重し、両立の大変さを理解するということだ

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんは、妻が「小遣い稼ぎ」で働き始めることによる夫婦関係のリスクを指摘する

「ちょこキャリの妻は自分の給料をブランド品や教育費、貯蓄など夫にわかりにくいことに使いがちで、夫は妻が働く意義を理解しづらい
わずかでも家計に入れるか、家電製品など家族の満足感を上げるものに使うことで、一緒に家庭を運営している意識をもつことが大切です」


※AERA 2014年2月24日号より抜粋

夫に見切りをつける女性は、必ず仕事をはじめきっちり稼げるようになると、す~っと離婚の話する人が多いです
仕事がら、離婚する時には必ず不動産をどうするか・・・
の相談を受ける事が多いです
その時常に思うのですが、ご主人さんが先に来られた事は1度しかなく、大半が奥さんからです。
自分自身もこうなるのか・・・っといつも悲しい気持ちになりますね


2013-05-09和歌山マリーナシティー (12)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1306-bddd397b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)