船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
各業界の定休日はどうやって決まってるの?「不動産:水曜日」「花屋:木曜日」
普通のサラリーマンですと土曜日、日曜日が休みです
外食産業の場合には、土曜日、日曜日は書き入れ時なので休めないですね
各業界の定休日の違いについて調べてみました

水曜日に休みが多い
水曜日を定休日とする小売店が多い、という話があります
これはなぜなのでしょうか
仕入れの元になる、「鮮魚市場、青果市場が水曜日と日曜日を定休日とすることが多かったから」という説が有力です
販売するものを仕入れられないのであれば、休むしかないですものね

1日休まないと駄目
公衆浴場「銭湯」は月曜日をお休みとするところが多い、という話です
本当でしょうか
またどのような理由でしょうか
かつて日本では現在ほど内風呂が普及していませんでした
日曜日には、月曜日からの務めに備えて利用する人が多く、月曜日がもっとも利用する人が少なかったため、月曜日を定休日にする銭湯が多かったそうです
またオイルショックのときに、燃料の供給が逼迫(ひっぱく)した(価格が高騰した)ため、「週一回は休みましょう」と決められたそうです
現在では、定休日はけっこうバラバラだそうです

社団法人銭湯文化協会に伺いました

月曜日は電力が使えなかった
理容店も全国的に月曜日を定休日としているお店が多いようです
これは「休電日」という、かつてあった制度が影響しているそうです
休電日は、戦時中、戦後に実施された、電力供給をストップさせる日のことです
当時は戦争の影響で電力が全国的に不足していました
そのためにこのような日が定められたのですが、この休電日は月曜日が多かったそうです
この休電日には理髪店が休みになり、その風習が今も定休日として残っているのだそうです

⇒『全国理容生活衛生同業組合連合会』
http://www.riyo.or.jp/library/etc_kobore_08.html

水に流されたくない
不動産屋さんは水曜日を定休日にしていることが多いようです
その理由は、物件を探す人は土曜日、日曜日に動くことが多く、その結果、月曜日、火曜日に契約がなされ、1週間のうち最も暇になるのが水曜日だからだそうです
公益社団法人 全日本不動産協会に伺ったところ「一般論としては上記のような理由でしょう」とのことでした

また縁起を担ぐことの多い業界なので、「契約が水に流される」ことを恐れて水曜日を休みにしている、という説もあるそうです

花屋さんは木曜定休が多い
花屋さんの定休日は木曜日が多いのだそうです
上記と同じで、「仕入れ元の市場の定休日が木曜日と日曜日が多いから」とする説が有力です
ただ、ここ最近、水曜日を定休日にするフラワーショップが増加傾向にあるとのこと

2013-12-04クラブハリエ_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1377-9589cff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)