船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
水やお湯以外で薬を飲むとどうなる?
薬が速やかに吸収できるように
薬をのむときに、水もお湯も要らない人もいれば、水と一緒にのんでも、薬だけ口の中に残ってしまう幼稚園児のような人もいます
薬の説明書には水か白湯(さゆ)でのむと書いてあるはずですが、ぜんぜん気にしないで牛乳、お茶、ビール、果汁など冷蔵庫を開けて目についた飲み物を利用することにしている人も少なくないと思います
こういった人は、薬を飲むときに水やお湯を使うのは、カプセルや錠剤がうまく喉を通るようにするためだけと思っているのではないでしょうか
でも実は、薬の成分が直接胃の粘膜に触れて胃粘膜が荒れるのを防ぐためや、薬が速やかに吸収できるようにするためなどいろいろな理由があるのです

グレープフルーツジュースの薬剤に対する影響が話題になったことがあります
カルシウム拮抗剤といわれる血圧降下剤のうちのいくつかが、グレープフルーツジュースにより影響を受けて作用が増強されることが分かってきました
その理由を説明します
内服薬は胃を通って小腸に達すると、小腸に存在する酵素の作用を受けて少し分解されてしまいます
ところが、グレープフルーツジュースに含まれているフラノクマリン類という物質がこの酵素の作用を阻害しますので、薬物は酵素による分解を受けずに吸収され、結果的に吸収量が多くなることになります

花粉症の抗アレルギー剤の服薬時にも要注意
さらに、いったん小腸粘膜に吸収された薬物を、再び腸管内に戻す働きをするP糖蛋白という物質の働きもグレープフルーツジュースの成分が阻害することが分かってきました
これら両方の作用で、全身に行きわたる薬の量が増加することになると解釈されます
一方、一部の抗アレルギー剤や別種の降圧剤(β遮断薬)のなかには、前述とは逆にグレープフルーツジュースと併用すると吸収が減少して有効な血中濃度が得られないものがあります
この場合はグレープフルーツジュースのみならずオレンジジュースやアップルジュースなどでもみられる現象で、花粉症の季節に頻用される抗アレルギー剤の服薬時には気をつけなければなりません
飲食物の薬物に対する関与や影響はまだ十分解明されていない部分もありますので、思わぬ副作用で苦しめられることのないようにしたいものです

ジュース類で薬をのむのは冒険
食品との関係では、抗凝固剤の効果に影響する納豆、睡眠薬の副作用を増幅させるアルコール、ある種の抗菌剤の作用を弱める牛乳などが知られています
しかし、何もわざわざジュース類で薬をのむ冒険をしなくても、水や白湯でのめば済むことなのですが、なぜか軽い気持ちでジュースでの服薬が定番になっている人がたくさんいます
最近は苦い粉薬はほとんど存在しなくなり、大部分はカプセルや錠剤になっていますので口の中を甘くする必要性はほとんどないでしょう
薬をのむときにどうしても果汁でのまないと気が済まないという方は、担当医や薬剤師に聞いて安全性を確かめて下さい
また最近は口腔内崩壊剤といって、水を一緒に飲む必要のない薬もたくさん出回ってきました
薬剤の商品名の後ろにアルファベット大文字で“D”と書いてあるものはdisintegrateの略であることが多く、この場合は水なしでいつでもどこでものめる剤型として重宝に出来ているわけです
(カラダに嬉しい豆知識「Dr.鷲崎の健康エビデンス」)

2014-04-04トルコ料理 (5)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1389-bc5fe218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)