船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
スマホ以前のレトロな携帯電話が人気再熱! 人気の理由は「SNS疲れや豊富なデザイン」など
ガラケーことガラパゴス携帯からスマホに切り替える人が増えつつあるようだが、みなさんは古い携帯をどうしているだろうか
ほとんどの人がリサイクルに出してしまうと思うが、しばらく保管しておいたそうが良さそうである
なぜなら「スマホ以前のレトロな携帯電話の人気が再熱」しつつあり、高額で取引される機種もあるというのだ

レトロ携帯の人気が再熱
一般的にスマホが浸透しつつある一方で、ひと昔前のレトロな携帯電話の人気が再熱している
スマホと比べると機能は少ないものの、昔の携帯は使い方が簡単でバッテリーの持ちも良く、壊れにくいといった長所がある

昔の携帯電話の売れ行きが好調
2009年にスタートした古い携帯電話を売買するサイト「VINTAGE MOBILE」では、ノキアの限定版機種 “Nokia 8800 Arte Gold” は810ユーロ(約11万)といった高額で取引されている
他エリクソン、モトローラなどの機種も、平均60~250ユーロ(約8000~3万5000円)といった価格で販売されているのだ

同サイトの創設者ジャセム・ハダッド氏は、当初はヴィンテージ好きの消費者にしか需要がないと思っていたそうだが、ここ2年ほどでレトロ携帯の販売台数は1万台にも達し、昨年辺りから需要がさらに増しているとのこと

2台目として使用する人や老齢者に人気
レトロ携帯の人気再熱の理由として、複雑なスマホを使いこなせない老齢者が、操作が簡単な昔の携帯を好み、使用料が安いため2台目として持つ人が増えていることが挙げられている

ソーシャルメディアに疲れた人が癒しを求める傾向に
そしてスマホ使用による Facebook や Twitter といったソーシャルメディア疲れから、本来の「電話をかける」機能だけを備えた機種に癒しを求める傾向もある
またタッチパネルのデザインしか存在しないスマホに比べ、昔の携帯はデザインや形、大きさもバラエティーに富んでおり、“人と違う物が持ちたい” という人々の欲求に訴えかけているのだそうだ

ヴィンテージのスニーカーに高額を払うのと同じ感覚なのかもしれないが、確かに昔の携帯は全てがシンプルだったように思う
ちなみに筆者は、最近 iPhone を落としてパネルの4分の1にヒビが入ってしまい、画面が見づらくなってしまった
もしこれがガラケーだったら、見事落下に耐えていただろう

携帯電話を初めて持ったのが、今から約23年ほど前
当時、ハリソンフォードさんがCMされていて「ツーカーホン」当時約¥200,000-ほど出して購入した事を思いましました
その当時から「ストレートタイプ」にこだわり、今もストレート型携帯を使っているほどです
悲しい事に現在使っているソフトバンクではないのでもう4年以上同じ電話を可愛がってます
ストレート型にこだわっている人は多いと思うのですが


携帯
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1392-e742fc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)