船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
ハイチュウ、ポッキー… なぜ日本のお菓子が海外で人気なのか?
森永製菓(東京都港区)の「ハイチュウ」、江崎グリコ(大阪市)の「ポッキー」、明治(東京都江東区)の「カール」など、日本人の多くが子どもの頃から慣れ親しんだお菓子が今、海外の人たちの人気を集めている
どうして今、日本のお菓子が海外で受けているのだろうか

メジャーリーガーに愛される『ハイチュウ』
昨年、世界一に輝いたメジャーリーグ・ボストンレッドソックスの本拠地「フェンウェイパーク」
緑鮮やかな天然芝が広がるフィールドと、観客席を隔てるフェンスの一角に、日本人になじみ深いお菓子の赤い看板が掲げられていた
「HI-CHEW(ハイチュウ)」
言わずと知れた、森永製菓のソフトキャンディーだ
このハイチュウが今、東海岸のメジャーリーガーたちを虜にしているらしい
現地の報道や同社によると、レッドソックスの田澤純一投手が球場に持参したところ、他の選手たちは「食べたことのない味だ!」と大喜び
やがて球団と森永の現地法人はパートナーシップの契約を結ぶに至った
レッドソックスだけでなく、ニューヨークヤンキースでも、黒田博樹投手が持ち込んだのがきっかけで、チームメイト内に愛好者が続出しているそうだ
実は、『ソフトキャンディー』というジャンルのお菓子は海外にはなく、数年前から日本のお土産として喜ばれていたが、メジャーリーガーが気に入ったことで広まっていった
こうした盛り上がりもあり、ハイチュウの現地生産が決まり、森永製菓は2013年12月にノースカロライナ州メベイン市に生産子会社を設立
今年6月5日に行われた工場の地鎮祭では、州知事まで駆けつけ、地元で大きく報じられたという
この工場は1年後の2015年中ごろから稼働し、アメリカ生まれのハイチュウが産声を上げる予定だ
森永製菓の担当者は、人気の理由について「かみ心地の良さと、フルーツの味が持続することが受けているようですね」と説明する
ただ、「ここまでの人気の背景って何なんでしょうね…」と、予期せぬフィーバーに少し驚き気味だ

スノーボード金メダリストが支持する『カール』
海外の著名スポーツ選手が、日本のお菓子を大好物だと公言した例は他にもある。アメリカのスノーボード選手で、トリノ、バンクーバー両五輪の金メダリストであるショーン・ホワイト選手は、明治の「カール」チーズ味が大好物だとされる。明治によると、カールは現在、アメリカやアジア諸国など5か国で販売
中でも、アメリカではここ15年で、販売は1.5倍に伸びているという
同社は、日本のお菓子の人気の理由について「品質の高さやおいしさ、ユニークな外形などが受け入れられているのでは」と話す
厳しいプロスポーツの世界では、ほんの1ミリ、0・1秒の違いが命取りになる
そうした世界で生き抜くために、鋭敏な感覚を研ぎ澄ませてきたトップアスリートだからこそ、日本のお菓子の繊細な味わいに感嘆するのかもしれない
そして、そうしたトップ選手に憧れる子どもやファンたちは、彼らがお勧めする商品なら、喜んで取り入れるであろうことは想像に難くない
SNSの発達で良い商品や情報がすぐさま共有・拡散されるようになったことも、日本のお菓子の人気の背景にありそうだ

海外で人気が高まりつつある日本のお菓子
日本から海外へのお菓子の輸出は、確実に増えている
全日本菓子協会(東京都港区)が発表している菓子統計によると、2013年の海外への菓子の輸出金額は、159億6287万8000円
前年と比べ21.1%も増加した
品目別にみると、キャンディー類は39億7296万4000円で33.5%増加。チョコレート菓子(2キロ以下)は25億4464万9000円で22.8%増加となっている
こうした輸出の増加には、菓子メーカーが直面する国内事情もひとつの背景にある
少子化が進む中、お菓子を好む子どもの絶対数が減っており、日本市場は頭打ちとなっている
このため、各社とも生き残りをかけて海外に活路を求めている
また、コンビニなどで売られるプライベートブランドの増加も、菓子メーカーには脅威だ。そこで、消費者に広く浸透したロングセラー商品を押し出すことが、有効な対抗策にもなっている

海外市場を狙う『ポッキー』
江崎グリコの看板商品「ポッキー」は1966年に発売開始され、今年で49年目を迎える
今やほとんどの日本人におなじみの超ロングセラー商品だ
同社は、そのポッキーの世界展開を図る。これまでタイや中国・上海、フランスに現地法人と工場を設立してきた
2012年には、経済成長著しいアジアにより力を入れるため、インドネシアに現地法人を立ち上げたほか、今年3月にはマレーシアに駐在員を初めて配置した
同社は、東京オリンピックが開かれる2020年をめどに「全世界でポッキーの売り上げを1億ドルにすることを目標に掲げています」と鼻息が荒い
同社によると、この1、2年はアメリカ人など海外観光客らの間で、日本だけで販売している「抹茶味」のポッキーが大人気
京都のほか、成田空港や関西国際空港のお土産品売り場では、大量買いする人が後を絶たないという
東京オリンピックに向けて日本への注目が増していくに連れて、日本のお菓子の愛好者はますます増えていきそうだ

海外は珍しいのでしょうね
日本の物が海外で認められ売れる事は自分の事のように嬉しいです
海外にこのようなおかしメーカーてどこがあるのかな~


メニュー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1404-6c0dcc3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)