船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「安くて質がいいから」だけではない!アメリカ人が日本車を買う理由
「何でアメリカ人は日本車が好きなのかというテーマの原稿をくださいと頼まれた
確かにアメリカに於ける販売台数を見ると、日本車が上位にズラリと並ぶ
皆さん売れる理由として「安くて質が良いから」と思っているらしい
半分当たってます
高くて質の悪い商品なんか誰も買わない

日本車の人気の理由は歴史を見ると鮮やかに見えてくる
1960年代までの日本車と言えば「安くて品質が悪い」
特に高速走行性能で大きく劣っており、売れ行きも伸び悩む
当時、アメリカでの販売を命ぜられた日産の片山豊さんは「本国に対し数え切れないほどリクエストを出しました」

同時進行でアメリカでの自動車ビジネスを根底から変えた
1960年代のアメリカの自動車メーカーはアフターサービスという概念を持っておらず基本的に売りっぱなし
正規ディーラーで買った新車ですら壊れた部品が入手出来ずに困っているアメリカの状況を見て「これはおかしい」

部品の在庫管理をキッチリ行い、翌日に90%以上の部品がディーラーに届くようにした
2つの成果が出始めるのは1970年代に入ってから
片山さんのリクエストによって開発したブルーバード510や初代のフェアレディZがヒットを飛ばす
同じ時期、ホンダも燃費の良いシビックを投入
この時点で日本車は「燃費良く信頼性の高いクルマが安い。アフターサービス万全」という評判になり始めた
そこにやってきたのが第一次オイルショックだ
水より安いガソリンを売っていたアメリカに、燃費良いクルマなど無し
この時点で日本車は多くのアメリカ人のショッピングリストに載った
1970年代に入るや日本車の技術が大きく進み「安くて燃費良くて壊れない」という定評を得る
1980年代に入ると日本車の人気が決定的になり、結果アメリカ車のシェアをドンドン奪っていく
1975年に75万台だった日本車の販売台数は、5年後の1980年で182万台
当然日本からの輸出急増となり、空前の貿易黒字を出す
こうなるとアメリカだって黙っていない
「安い労働力によって生産された日本車をアメリカに持ってくるなとなり、日本からの輸出を大幅に制限されてしまう
1981年から3年間、168万台が上限となる
日本の自動車メーカーは2つの決断をした
アメリカに工場を作ることと、日本から利益の大きい高額なクルマを輸出しようというもの
168万台上限なら、200万円のクルマより300万円のクルマを輸出した方が儲かります
レクサスやインフィニティはこの時にスタートした
日本より労働コストが高いアメリカで生産されるクルマも、安く売れない
「安くて壊れないクルマ作り」からの卒業を余儀なくされる
以後、アメリカ車やヨーロッパ車と同じ価格ながら、魅力的で高品質で信頼性の高いクルマ作りをするようになった
これがアメリカの顧客に評価されます
新車を買うアメリカ人は、2~5年で乗り換える
そのときの下取り値が高いクルマなら、当たり前ながら次のクルマを買う時の負担金も安くなる
耐久性が高い日本車は、中古車市場でも高く取引されるため、抜群の下取り値(アメリカではリセールバリューと言う)を付けてくれるのだ
アメリカ人からすれば、価格は安くないが、信頼性高く乗れば快適
アフターサービスについちゃ文句無し
そして燃費良く、リセールバリューだって素晴らしいということになる
売れて当然ですワな
ここにきて日本車を徹底的に分析した韓国車の猛追を受けているのが不安材料です

消費者目線で考える事が必要なのは、どんな物を売るのも同じですね

2014-03-21 (2)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1418-bce521ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)