船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
軽やHV除き最高燃費の小排気量ディーゼル開発 マツダ、まず新型デミオに搭載
マツダは1500ccの小排気量クリーンディーゼルエンジンを開発し、今夏以降に投入する小型車「デミオ」の新型モデルに搭載すると発表
欧州ではエコカーの代表格として地位を確立しているディーゼル車だが、日本では普及が遅れており、小型車に搭載することで本格的な市場開拓を図る

新型エンジンは独自の環境技術「スカイアクティブ」を活用し、燃焼効率を改善しながら軽量化を実現した
現行デミオの欧州モデルに搭載しているプジョーシトロエングループ(PSA)の1600ccエンジンに比べ、燃費性能を15~20%改善。また、2500ccのガソリンエンジンと同等の出力を備えた。
具体的な数値は未公表だが、新型デミオの燃費性能はトヨタ自動車の小型車「パッソ」(ガソリン1リットル当たり27・6キロ)を抜きハイブリッド車(HV)と軽自動車を除く乗用車で「国内トップになる見込み」という
日本ではディーゼル車に対し黒いすすを出す負のイメージが強く、有害物質の排出を抑える技術が実用化された後も普及は進んでいない
クリーンディーゼル車の2013年度の販売台数は7万8384台で、新車販売全体の約1%に留まる
ただ、マツダはスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」など3車種で高い燃費性能や静粛性を備えた2200ccのディーゼル車を投入し、販売は好調だ
同社は「燃費がいいだけでなく走りを楽しめる車を小型車でも提供したい」としている

マツダは、いろいろと他の自動車メーカーがしない事をしている会社だと個人的なイメージがあります
初めて購入した車が マツダのコスモロータリーターボでした
気持ちよく回転するエンジンですごくお気に入り
現在ロータリーエンジン車がないのが残念ですが、最終型のRX-8の赤がいまだにほしいです
マツダ車には縁があり、その後「ルーチェ」 「MS-9」

MS-9 (2)_0

MS-9 (1)_0

20年前、ガラスに太陽光パネルを貼り、炎天下で停車中、ソーラー充電したエネルギーでファンを回し、停車中の室内があまり暑くならない画期的なソーラーサンルーフをオプションで付けた事を思い出しました

MS-9 (3)_0

と3台も乗りました
ロータリーエンジン復活はあるのかな~
マツダ頑張れ~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1421-8182eccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)