船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
字の美しさだけで印象激変!今日から始める美文字のススメ
字の美しさだけでその人の印象はガラッと変わるもの
そこで、最近よく聞く「美文字」のポイントを書家・カリグラフィーデザイナーの中塚翠涛先生に伺った

冠婚葬祭時やお礼状を書く時、「もっと字が上手だったら……」と感じることはないだろうか
今、手書きのよさが見直され、あて名やメッセージを手書きする人が増えているという
ビジネスシーンにも役立つ印象的な“美文字”を書くポイントはいかなるものか
美文字にはお手本がなく、書き手の個性そのもの、というのは、書家の中塚翠涛さん

「人の書く文字にはたくさんのクセや個性があります
お手本どおりに書かれた文字は、“字が上手ですね”とは言われるかもしれませんが、印象に残る文字とは限りません
相手のことを思って心を込めて書いた文字には自分自身が表われますし、誠実な思いも相手に伝わるものですよ」


そうはいっても、もう少しうまい字をすぐに書きたいところ

「では、まずゆっくりていねいに書いてみましょう
急いで書く時でも、文字の濁点や半濁点など細かいところこそていねいに
それだけでも違いが出ます
さらに、トメとハライを意識して書くと、いっそう誠実さが強調されます」


試してみると確かに、焦って急いで書いたという印象がなくなるから不思議だ

「次に、一文字ずつではなく、文節ごと、文章ごとを意識してリズム感よく書くと流れがしなやかになり、読みやすく美しく見えます
この時、漢字よりかなを小さめに書くと、メリハリがついて全体のバランスが整います」


縦書きは文字同士の中心を揃え、横書きは下揃えを意識するのがコツ
日本語は、縦書きのほうが流れをつけやすいとも

筆記用具にこだわるのもいい。筆ペンは味のある文字に
「男性なら万年筆でしょうか
高級でなくても書きやすいものがありますし、インクの色にこだわってみるのも楽しい
同じブラックでも、メーカーによって微妙に色が違い、柔らかな印象を与えるブルーのインクを使うのもオススメです
インクで書かれた文字には微妙にグラデーションがつき、奥行きのある文字になるので、それだけで個性が出ます」


もっと手軽な筆ペンを使うのも一案だそう
「筆ペンは、筆圧によって強弱やかすれなどが出て、思いのほか表情豊かな仕上がりに
筆なんて使い慣れないというなら、まずは、筆遊びから始めてみましょう 
文字の練習は、書き慣れていて出番も多い、住所と名前から始めてみては
筆と友達になれば、クセのある字も味になってきます」


居酒屋の手書きメニューのように、印象的で雰囲気のある文字も美文字のひとつ
ここは構えず、まずは書いてみるのがよさそうだ


中野さんに学ぶ美文字のポイント

トメ、ハライなど細かなところをていねいに
急いで書く時ほど、濁点や半濁点、トメとハライをていねいに書くよう気を配るときれいな仕上がりに
横書きは、縦書きに比べ横に文字が流れやすく幅広になりがちなので注意したい

漢字は大きく、かなを小さく
漢字と漢字の間にかなが入る時は、ひとまわり小さくかなを書くとバランスがとれる
かなが続く時は、漢字の約2/3くらいのサイズを目安にするといい

縦書きのほうが流れがつけやすく、美しく見えやすい
あて名書きなど、つい横書きにしてしまいがちだが、縦書きのほうが美しく見えやすい
文字の中心を揃えるように意識して、リズムよく書くのもポイント

筆ペンに慣れていない人は筆遊びから始めてみる
筆ペンは筆のように立てて持ち、スーッと縦横の線を書いてみる
さらに、曲線やハネなど自由に動かす
一見、細い筆先も筆圧によって思わぬほど太い線が書けるからおもしろい

1日1回、芳名帳などを想定して手書き習慣をつける
芳名帳への記入は中腰という不安定な姿勢で人に見られながら書くという緊張の場面
ならば、玄関に芳名帳を置き、立ったまま、1日1回、住所と名前を書く練習が効果的

書家・カリグラフィーデザイナー
中塚翠涛(すいとう)さん
4歳から書を学ぶ。書をもとに、空間カリグラフィーデザインやプロダクトデザインも手がける。多くの人に手書きを楽しんでほしいという想いから、ペン字練習帳などの出版も多数。近著に『『就活にも! ビジネスにも! 履歴書やエントリーシートがキレイに書ける美文字練習帖』

手帳と万年筆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1461-acc41ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)