船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
ヤケ酒ヤケ食いも、3分でなかったことに?
会社で嫌なことがあった。人間関係が上手くいかない……
その上この暑さ。イライラが増してきます
そういう時はこってりした料理をガッツリ食べて、お酒をがぶがぶ飲んで、ストレス解消だ  
そんな方も多いと思います
しかし翌朝、胃もたれ、頭痛に襲われ、やらなきゃ良かったと大反省……
ストレスからくる暴飲暴食には、原因があります
その原因が分かればきちんとした対処法も取れます
再び暴飲暴食に走ってしまっても、その場、その場でリセットできるのです
今回は、暴飲暴食による「生産性低下」からすばやく立ち直る内臓のセルフケアについてお話ししましょう

原因はエネルギー漏れ
東洋医学では、胃は脾の経絡に属し、脾は五行の中心である土の要素を持っています
中心であり、土ということは、エネルギーを生み出す場所であるということ
胃がしっかりしている時は食べたものもきちんとしたエネルギーとなり、精神活動、肉体の活動を支えてくれます
しかし、精神的にショックなことやストレスがあると、脾の経絡にダメージがかかりすぎ、胃にぽっかり穴が開いたような「気虚」という状態になります
つまり、エネルギー漏れしている状態
これでは、何をどれだけ食べても、精神活動、そして肉体の活動を支えてくれるエネルギーにはなってくれませんね
そのためエネルギーをつくり出そうと、たくさん食べたくさん飲んでしまうのです

食べ過ぎた時はこのポーズ
食べ過ぎたときは、どのようにすればよいのでしょうか
3分でケアできるポーズを取ってみましょう

① 正座をする
② 正座のまま、後ろに倒れていく。辛いときは片足を伸ばしてもOK
③ 横になったままの姿勢で両手を肩より上にあげて脇の下を思い切り伸ばす
④ 3分ほどこの姿勢をキープして、両足を伸ばして楽な姿勢に戻る(片足のみ伸ばしている時は足を入れ替える)
これは、経絡法で胃の経絡を伸ばすポーズとして、食べ過ぎ時の消化を助けてくれるのです

飲み過ぎた時は
飲み過ぎた時は、肝臓がお疲れ
そんな時は肝臓を伸ばすセルフチネイザンと肝臓をプッシュするマッサージを併用してみてください

肝臓を伸ばす
① 左足はまっすぐ伸ばし、右足は太ももから折り曲げた姿勢で座る
② 背骨をまっすぐ伸ばして、右手で左足のつま先をつかむように身体を倒す
③ 右の体側が気持ちよく伸びているのを感じる

肝臓をマッサージする(立っても座っても、横になってもOK)
① 肝臓の辺り(右のあばら骨の下)に手を当てて、優しくなでる
② 息を吐きながら、少し指を立ててあばら骨の下に手を差し込む

これらのポーズは、飲んで帰ったあと行うのも良いですが、帰ったあとはお風呂に入ってすぐに寝たいもの
東洋医学では、寝ている間に肝は修復されると言われているので、睡眠時間をなるべく多く取って、翌朝行うのをおすすめします

暴飲暴食してしまった時のお助け食材
胃も肝臓もお疲れの時は、消化を助けてくれる大根、特に大根おろしがおすすめです
大根おろしには昔からさまざまな薬効があって、「病気知らず医者要らず」と言われていました
大根には、ジアスターゼという、でんぷんの分解を促進する消化酵素が含まれています
胃腸の働きを助け消化不良を解消したり、胃酸をコントロールして胃もたれや胸やけを防止する働きがあります
実際、ジアスターゼは消化不良改善の胃腸薬にも配合されています
大根のほか、やまいもなどにも多く含まれています
ただし、ジアスターゼなどの酵素は加熱に弱いので、大根おろしや、やまかけのように生で食べる方法が一番効果的
また、酵素は酸化されやすく、空気に触れると減ってしまうため、おろすタイミングは食べる直前が理想的です
食べ過ぎで胃腸の調子が悪い時や、二日酔いの時、目覚めたばかりで食欲のない朝などには、メニューに大根おろしを加えたり、やまいもをすりおろしてご飯にかけて食べることをおすすめします
また、飲み過ぎてしまった時は、何といっても柑橘類、そしてお味噌汁がおすすめ
東洋医学でも、肝の疲れをとるのは「青」と言われ、海藻や緑黄色野菜を積極的に取るように心がけてみましょう
飲み過ぎた日の翌朝は、海藻、小松菜などの青野菜を入れたお味噌汁と、大根おろしのセットでスタート  
職場ではグレープフルーツジュースを飲みながら
午後にはきっと、胃の辺りが楽になっていることでしょう

寝ることが一番の内臓ケア
暴飲暴食してすぐに横になることはおすすめできませんが、しばらく経ってからゆっくり横になって、睡眠を取るのが一番です
なぜなら肝臓は寝ている間に修復されると言われていますし、寝ている間は、内臓も休息をとることができます
またストレスのせいで頭の中もパンパンなはず
脳も電源をオフして、頭をクールダウンしてみてはいかがでしょうか
暑さがまだまだ続く中、胃も肝臓もケアしながら元気に過ごしましょう

2014-04-24 (5)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1475-652502fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)