船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
自分にピッタリの仕事に出会える方法 好きな仕事、してますか?
「できれば、好きなことを仕事にして楽しく生きていきたいと思っている人が多いと思います
自分の好きなことに携わることができてさらにお給料をもらえるなんて、本望ですよね
みんなどうやって仕事を選び、働いているのでしょうか
実はライターである私もいくつか仕事を変えてきた経験があります
そのときにライフスタイル・結婚・出産と、女性にはもしかして男性以上に職を見直す機会が多いのではないかと感じたのです
そこで今回は、同じく転職の経験がある知り合いのライターさんに、経験談をお聞きしました

転職したきっかけを振り返るAさん
ライターに就く以前は、塾の講師兼スタッフとして働いていました
私が教えたり伝えたりすることで、子どもたちがみるみる成長していくことが嬉しく、やりがいを感じていました
ですがそれから、もっと多くの情報をたくさんの人に伝えることができたらと思うようになり、「何がやりたいのか」「何ができるのか」など改めて自分を見つめ直したのです
そんなときに、文字で情報を伝えることができる「ライター」という職業に出会いました
私はそれから転職活動を始め、もともとトレンド情報が好きなこともあって、旬な情報をいち早く伝えられるWEBサイトでの仕事に興味を持ちました
以前とは違う職種になりますが、自分の新たな可能性を感じることができ、今の仕事での目標も増え、毎日がとても充実しています
転職することにはもちろん不安もありましたが、結婚や出産をしても続けていけるし、思い切って転職をして良かったと思います

転職を力強くサポート
具体的に転職活動をすると言っても、「何からどう始めたらいいの?」と迷ってしまいますよね
そんなときに頼りになるのが、転職情報サイトです
転職決定数No.1の実績を持つリクナビNEXTが新しいCMをOAしているのですが、東京から沖縄の大学院へと大胆な転職をした女性が取り上げられています
仲間と一緒に笑顔で働く姿が印象的です
彼女のように、リクナビNEXTを利用して、今まで興味があったけど就けなかった仕事や、住んだことのない場所への転職をすることにより、自分の新しい可能性が見えてくるかもしれません
安定性や将来性を考えて、少しでも不安になってしまったら、転職を視野に入れてもいいかもしれません
今の環境を変えて、新しい自分で再出発するチャンスです(modelpress編集部)

好きな仕事をしている人は実際どれくらいおられるんでしょうね
ちなみに僕は小学生の卒業アルバムに書いていたほど小さい時から憧れの仕事に付けています


2014-06-21 (12)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1479-cee84985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)