船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「本物の注文に暮らす」ための新築相談会
「本物の注文に暮らす」ための新築相談会
       京都新聞社が運営する「マイベストプロ」に登録されている
                           プロフェッショナルが提案する家創り

を開催いたしております

20140926~28本物の注文住宅

「注文住宅を建てた」と思っておられる人の中には、こんな人が多いです
建築条件付の土地を購入して家を建てた
企画住宅の家を建てた

から注文住宅を建てたと思っておられる人がほとんどです

確かに、施主様の注文は聞いてもらっているので、注文住宅ではありますが
そんなお客様に聞くと
キッチンの扉と天板を選んだがメーカーは決まっていた
間取りを好きな形にしてもらったが、出来ないと言われた事がいろいろとあった
フロアーの色は選んだが、種類は1種類

など、いろいろな事を聞く事が多いです

なぜ、こんな事が起こるかと言えば
建売型の注文住宅と言われている家は、使うメーカー、商品が決まっている、 
デザインなどはお金がかからない範囲でしか聞かない、

など、その会社の企画内で施主様の希望を聞いている事が原因です

船木自身も、そんな会社に勤めていて注文住宅を建築しているとはじめは思ってましたが
ある日お客様に言われた事が
「他のメーカーは使えないのこんなデザインは出来ないの」
と言われ初めてギモンを抱くようになりました

本来は、施主さまが希望される事は、どんな事でも出来るように提案するのが本来の注文住宅ではないのか
「この会社で出来ないなら、自分で会社を創ってお客様の希望を全て叶えれる家創りをしよう」
と思って創った会社が 「さくらハウス」 です

どこのメーカーでも取扱いしている、
どんなデザインでもOK
コンセント1つからどこにでも付けたい所の希望を聞こう・・・
など、今まで建築業界では当たり前の事を頭の中から消して施主さまの希望をすべて聞いて叶える事に徹する事にしました

そんな事を思ってからもう15年の歳月が過ぎ、初心に帰って
「お客様が住むための家創り」
をしようと今回はイベントを開催する事にいたしました。

9月26日(金)・27日(土)28日(日)の3日間
今回も平日まで開催しています
PM 1:00~PM 9:00まで
この時間外はでもご予約にて承ります
会場は、ぎゃらりーさくら

t02200159_0320023112904432622

t02200165_0320024012666076121

お問い合わせは
  TEL075-366-8998
  FAX075-366-8990
  メール info@sakurahouse-kyoto.jp

1人でも多くの人に「施主様にとって本当の注文した家で暮らしてほしいです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1503-aa7d3ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)