船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
実際のお給料教えます! 10年後も安心な職業ベスト5
世の中は刻々と確実に、そして大きく変わり始めています
10年後、どんな職業が高収入なのか独自に大予測

位 医師 平均年収 1143.5万円
日本では1日に250万人以上もの人が病院にかかっているといわれる
日本人の病院好きは世界でも類を見ないほどだ
国民皆保険が徹底されていることが背景にある
医師の高収入はそんなシステムにも支えられている
また、昨今ではさらに高収益がのぞめる保険外診療も一般化している
医師の高年収トレンドはまだまだ続くだろう

位大学教授 平均年収 1080.5万円
教授になるには博士号が必要になることが多い
専門分野について教え、同時に研究も深める
研究のために、給与とは別に大学の予算から年間数十万単位で研究費が出る
「教授会」「教務委員会」などの仕事もこなす

位 パイロット 平均年収 1151.6万円
航空会社に入社し約4年の訓練期間を経て副操縦士になり、その後、約10年の経験を積み機長に
LCCが増え、ライセンスさえあれば機長募集に応募もできるが、個人でライセンスをとるには莫大な費用がかかる

位 一級建築士 平均年収 579.6万円
一般の住宅から巨大なビルまで、建造物の設計を行う一級建築士
二級建築士の試験にパスした後に7年以上の実務経験を積み、一級建築士試験を受けることになる
大型の仕事を受注できるようになれば収入は飛躍的に向上する
国際的な建築物のコンペを勝ち抜けば、芸術家としても認知されるようになる

位 弁護士 平均年収 642.4万円
弁護士資格を取得後、既存の弁護士事務所に入り3~5年で独立する場合が多い
高給取りとして扱われる職業だが、多くは個人経営の実力社会であり、競争は激しい
一流企業の顧問として数億円を売り上げる「先生」がいる一方で、年収は少ないが離婚問題や過払い金問題など、庶民の味方として弁護士業に生きがいを感じる「先生」もいる
ひと口に弁護士といっても、活躍の場や専門によって様々なのだ

2014-10-03れじおん (1)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1539-ee01a751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)