船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
『スッキリ!!』で暴言を繰り返すテリー伊藤に批判殺到…日テレ内でも“テリー切り”の動きが加速
朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)で連日のように問題発言を繰り返しているテリー伊藤(64)に対し、日テレ側が「テリー切り」を画策しているとの情報が浮上している
テリーといえば、先日も白人ナンパ師ジュリアン・ブランクのニュースについて
「彼らが全部悪いのか」「日本人がフィリピンに女性を買いに行くこともある」「尻軽の女の子だって実際いるわけだから」などとナンパ師を擁護し、女性側に問題があるともとれるコメントをしていた
これにネット上で「女性蔑視だ」「ゲスすぎる」などと批判が殺到し、司会の加藤浩次(45)にすら番組中に
「それは納得できない」
と苦言を呈された
また10月下旬、テリーはエボラ出血熱の騒動に関して
「日本のエボラ出血熱に関する知識は全部海外の映像をもらっただけのもの」「日本のスタッフがリベリアとかギニアに行って取材するべき」
などと持論を展開。こちらもネット上で「まずお前が行けよ」「感染経路を増やしてどうするんだ」「あんたが一番危機感ないよ」などとツッコミの嵐が巻き起こった
それだけでなく、6月には脱法ハーブ問題について
「僕ら若い頃はそれこそシンナーとか、そういうのでみんな遊んでたって時代ってあるじゃないですか」
と、シンナー吸引が“当たり前”のことであるかのように発言
同月には大阪維新の会が生活保護費をクーポン券で支給することを検討しているとのニュースに大反対し、「(生活保護費で)パチンコやって何が悪い
アダルトビデオを楽しんだらいけないのか
いいじゃないですか
人間、生きてるんですから」とコメントした
さらには、5月にAKB48メンバーが握手会で襲撃された事件では「なかなか普段は街に出ないような子が、AKBの握手会があるから出ていく」とファン像をイメージだけで語るなど“失言”は枚挙にいとまがなく、いずれもネット上で「テリーはおかしくなったのか」「意味不明な発言が多すぎる」「完全にズレてる」などと大炎上になっている

「テリーさんの発言が特に目に余るようになったのは、昨年秋に不倫問題が報じられた時期から
週刊誌に『第二夫人発覚』とスクープされ、夫人と別居していることや約20年にわたって不倫関係にある女性の存在が明らかになった
それからというもの、当初は批判しまくっていた矢口真里の不倫騒動を手のひら返しで擁護するようになり、懇意にしている広告代理店や大手芸能プロに媚びるかのような発言が多くなった
『歯に衣着せぬ』というイメージを守るためか、その反動で大きな後ろ盾のないタレントをむやみに叩いたり、時事ニュースにトンチンカンなコメントをすることが増えました」

(芸能関係者)
テリーが暴言を撒き散らしている影響なのか、最近は『スッキリ!!』の視聴率が下がりつつあり、ライバル番組の『とくダネ!』(フジテレビ系)に押され気味だという
また、日テレに視聴者から相当数の苦情が寄せられており、局幹部の顔も曇っているようだ。だが、それでもテリーは絶対に“安泰”といわれていた
「テリーさんは“伝説の演出家”として『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(同)、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)など数々の名番組を手がけ、その門下生といえるスタッフが現在の業界内で権限のある立場になっている
ですから、いくら暴言を繰り返していてもテリーさんを擁護する関係者が多数おり、局内で“テリー切り”が持ち上がっても火消しされてしまうのです
また、テリーさんは有力な番組制作会社の代表取締役でもある
単なるコメンテーター以上に局とのパイプが強く、それも降板させにくい理由になっている」

(テレビ局関係者)

前述のように「強きを助け、弱きをくじく」を地でいくかのようなテリーは業界内のパイプを武器に立場を磐石のものにしているが、その一方で敵も多いとされ、それが“テリー切り”の機運を高めているという
「テリーさんは気が短く気性が荒いことで知られ、演出家時代に激昂するとスタッフや若手芸人に怒鳴り散らし、手や足が出ることも日常茶飯事だった
『ケリー伊藤』なんてあだ名がつくほど、テリーさんの暴力は有名でしたからね
門下生など恩義を感じている業界人がいる一方で、理不尽な仕打ちを今でも恨みに思っている局の関係者は少なくない
今まではテリーさんを切れるような状況ではなかったが、『視聴者から苦情殺到』『視聴率低下』という旗印があれば、反テリー派の言い分も局に通るようになる
すでに日テレ内で反テリー派主導による“テリー切り”の動きがあり、これに同調している局幹部も出てきている
実際に切れるかどうかは、今後の擁護派の動きや局とのしがらみ次第となっているようです」(前同)
かねてからネット上ではテリーの『スッキリ!!』降板を願う声が強まっていたが、ついに局内でもキナ臭い動きが起こっているようである
果たして、テリーが朝の時間帯から消えることになるのか、それとも変わらずに今後も暴言を繰り返していくのか、その行方は番組の裏で展開される攻防戦の結果次第といえそうだ
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

「スッキリ」ファンとしては、残念な記事ですが、テリーさんの発言では、「えっ~~~」っと思うことがあるのもしばしばですが・・・

てりピタ投げた


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1558-31469386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)