船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
脳を明晰に保つのに最適の職業―複雑な職業ほど老化防止に効き目
職業にもよるが、働くことで明晰な脳を保ったまま年齢を重ねることができるかもしれない
 米神経学会の学会誌「ニューロロジー」に掲載された新たな調査で、ソーシャルワーカーやグラフィックデザイナー、建築士など、知的に複雑な職業が後の人生におけるより良い思考能力と関連があることが分かった

スコットランドのエディンバラ大学は、大部分が退職している1936年生まれの1066人を対象に記憶力、処理速度、一般認知能力について複数のテストを実施した
例えば、この研究結果の執筆者の一人であるアラン・ガウ准教授によると、記憶力を測るために参加者は一定の時間をおいた後にある情報を復唱するよう求められた
一般認知能力をみるテストでは図柄を完成させることを求めた。調査実施時には参加者全員が70歳前後だった
建築士や土木技師のように、データの分析や合成が要求される職業に就いていた人は認知能力が比較的高い傾向があった
また、指導や交渉、助言など他人と関わる複雑な仕事に就いていた人にも同様の傾向がみられた
弁護士やソーシャルワーカー、外科医、保護観察官も全て複雑な職業とみなされる
それほど複雑でない仕事では、他人の指示に従ったり、データの操作ではなくデータのコピーを行ったりすることに一層多くの時間が費やされる

スコットランドにあるヘリオット・ワット大学の心理学部の准教授で、エディンバラ大学で研究を開始したガウ氏は、今回の調査結果は「使わなければだめになる」という理論に沿っていると指摘する
困難な問題に挑戦すればするほど、認知力が時間とともに衰えにくくなる
複雑な仕事の影響の背後にどのようなメカニズムが働いているかは明らかになっていない
また、この研究では、参加者が11歳のときの知能指数(IQ)を考慮に入れることができた
この変数によって、参加者の後の人生における思考能力の違いの約50%の説明がついた
IQが高い参加者はより複雑な職業に就く傾向があったが、それに加え、職業を通じて思考能力をさらに高めたようだ

ただ、研究者たちによると、こうした思考能力の改善はわずかで、同参加者グループ内で確認された認知機能の相違について、職業の複雑さで説明できたのは1~2%程度に過ぎなかった

2014-08-01とんかつ (2)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1559-ddafd223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)