船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
なぜ日本では家の中で靴を脱ぐのか?
日本独特の気候条件が大きな理由
ホテルでは洋室であるためか靴を脱がずに部屋の中に入る
しかし日本の住宅では通常玄関で靴を脱いでから入る
一体なぜ日本の家では靴を脱ぐのだろうか

そんな疑問ありませんか
一方で、欧米では家の中でも土足のまま入るということは聞いたことがあると思います(実際にはそうではないケースも多いのですが)
しかし日本では靴を脱いでから家の中に入るのは当たり前です
今回は靴を脱ぐ理由を調べてみました

日本において玄関で靴を脱ぐ理由として考えられるのが、日本独特の気候条件が影響している点です
日本は雨が多く湿度も高いことから、もし土足のまま家の中に入るとすると家の中は汚れることになるだけです
掃除が大変ですし、衛生上も問題が出てくるでしょう
床が畳であればなおさらのことです
こうして家の中では靴を脱ぐ習慣ができたといわれています

実は履物を脱ぐ習慣は弥生時代から始まっていた
これ以外にも実は履物を脱ぐという習慣は既に弥生時代からあったとも考えられています
その理由としては、座敷の由来が神聖な空間であるところからきているといえます
座敷の由来はイネモミの倉庫(神社の神殿のモデルといわれる)からと考えられており、神聖な空間であるがゆえに履物を脱ぐ習慣がついたというものです
こうした日本独特の歴史的な背景も靴を脱ぐ習慣に関連していそうです
ちなみに、家で靴を脱ぐ習慣は、日本の他に韓国があります
またインドネシアやマレーシアなどの東南アジア諸国の一部地域・住居でも履物を脱ぐ習慣があるようです
イランやトルコといった国でも靴を脱ぐ習慣があり、これはイスラム教の家の中にけがれたものをもちこまないといった考え方からきているようです
一方で、家の中で靴を脱ぐのがタブーとなる場合もあります
ドイツなどヨーロッパにおいては、人前で靴を脱ぐことが下品とされ、靴を脱ぎ足の裏を見せることは失礼だと考えられているようです
国民性・文化の違いといってしまえばそれまでですが、靴を脱いだ方がなんとなく家の中における居心地がよいと考えるのはやはり日本に住んでいるからなのでしょうか


2013-12-04クラブハリエ (3)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1595-aa4f5de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)