船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
覚えておきたい揚げ物の太らない食べ方
高脂肪、高カロリーの筆頭と言えば揚げ物
だが、ダイエットをする際に必ずしも完全に断つ必要はないともいわれている
食べ方次第では体脂肪に蓄積しにくく、太りにくくすることも可能だというのだ
ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、同社が運営するダイエット情報発信サイト「microdiet.net」で調査レポート「揚げ物の太らない食べ方ってあるの?」を公開している。その一部を紹介したい

【揚げ物の太らない食べ方 5つのポイント】

1.一緒に食べると良いもの
揚げ物だけを食べるのではなく、他の食材を取り入れることで、なるべく体脂肪に蓄積させないようにする

2.脂肪分をなるべく体に吸収させにくくする
野菜、海藻、きのこなど、食物繊維豊富なものを副菜に加える
食物繊維には脂肪の吸収を抑制する働きがある
揚げ物に定番のキャベツの千切りも食物繊維が豊富
揚げ物を食べる前に、先にキャベツに箸を付けるとなお良い

3.脂肪の代謝を助ける
体に入った脂肪を代謝させてエネルギーに変えるには、ビタミンB2が有効。脂質の摂取量が多いほど必要になる
肉や魚、チーズなど動物性食品、舞茸・エリンギに多く含まれる

4.脂肪の消化を助ける
生の食べ物に含まれる「酵素」を摂る
生野菜のサラダや漬物を食べるのももちろん良いですし、揚げ物に大根おろしを添えたり、レモン汁をかけるのも理に適っている
脂肪の吸収を穏やかに、代謝を促す働きがある

5.食べる時間帯に注意する
揚げ物は夕食のメインに食べることが多いと思が、体脂肪に変えないようにするためには、お昼がベスト
起床後間もない朝食では胃腸に負担をかけるし、夕食だと活動的な日中と異なり、食後に消費するエネルギーは少ない
夜に高カロリーな食事を取るとエネルギーが余り、脂肪として蓄積されやすい

また、人間の体内時計も関係している
夜10時頃から人間の体は太りやすい状態になる
というのは、“BMAL1(ビーマルワン)”と呼ばれるタンパク質が急増し、脂肪の吸収を促進する酵素の働きが活発になるためだ
夕食に揚げ物を食べるのであれば、なるべく19時頃までには済ますようにしたいものだが、なかなかそうもいかないこともある
そうした場合は、主食のご飯の量を少なめにする、翌日の食事は野菜中心の軽いものにし、摂取カロリー・脂肪分を抑える、できるだけ体を動かすようにするなどの対策を

揚げたてを食べる
お店で食べるなら揚げたてのものが食べられるが、スーパーなどで出来合いの揚げ物を買う場合は、揚げてから確実に時間が経過している
揚げ油の種類によってその度合いは違うものの、油は時間の経過と共に酸化する
酸化した油は体に良くないので、出来合いのものを食べるよりは、自宅で作り、揚げたての物を食べるほうが良い
自分で揚げるならオリーブオイルやキャノーラ油などの酸化しにくい油を選ぶこともできるし、油の量を調節することもできる
たっぷりの油で揚げるのではなく、少量の油で焼くように揚げるほうが、余計な油を摂らなくて済むのも良い点だ


2014-08-01とんかつ (1)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1597-3450c0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)