船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
節分はなぜ豆をまくの?余った豆はどうする?
正しく知って、楽しもう

2月3日は節分
スーパーでは特設コーナーができ、いろんなお豆が売られていますが、一体なぜ豆をまくのでしょうか
なぜ大豆
どこに向かってまけばいいの
何個食べたらいいの
うーん、意外とちゃんと知らないものです
そこで今回は、「節分と豆」について、風習の由来や食べ方などをまとめてみました

そもそも節分って何
実は「節分」って、1年に4度あるってご存知でしたか
元々は、「季節の分かれ目」を意味する雑節で、四季すなわち「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」の前日をさすもの
日本では「立春」が1年のはじまりとして尊ばれたため、次第に「節分=春の節分」のみをさすようになったそうです
平安時代、季節の変わり目には「邪気」が生じやすいと考えられ、それを追い払うための悪霊ばらい行事が行われていましたが、室町時代以降は、豆をまいて邪気を追い出す行事が民間に広まったんだとか
では、なぜ「豆」なのでしょうか

「節分豆」で邪気を追い払う
節分に豆をまく風習は、中国から伝わったと言われています
穀物には生命力と魔除けの力が備わっているという信仰があり、特に豆は、語呂合わせの「魔目、魔滅(まめ)」に通じ、鬼の眼(魔目)にぶつけて魔を滅する(魔滅)ことから、主に「大豆」が使われるようになったんだとか
また、豆まきには、炒った大豆すなわち「炒り豆」であることが重要
その理由は、豆まきの後、拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いから
炒ることで鬼を封じ込め、まいた豆を最後は人が食べてしまうことで、鬼を退治したことになるんだそうです
また、室町時代からすでに「鬼は外、福は内」と唱えていたことが文献に残っています
1年の健康を祈って、食べる豆の数は、自分の「歳の数」もしくは「歳の数+1(数え年)」。どちらが正解というわけではないそうですが、これから迎える1年のためにも、1個余計に食べておくのはいかがでしょうか
ちなみに、北海道、東北、信越地方などでは、炒り大豆ではなく「落花生(マメ科ラッカセイ属)」をまくんだとか
確かに、まいた豆を拾って食べるのは少々抵抗が
殻付き落花生の方が衛生的には安心なのもわかります
念のため、2つの栄養素を整理しました

残った炒り大豆で「糖質オフごはん」を作ろう
どちらの豆も、ビタミンB1、B2、B6等のビタミン類、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛等のミネラル類を豊富に含んでいるので、ほどほどに楽しめば美容効果も期待できます
ただし、豆類の中でも脂質主体グループに分類され、特に落花生は約半分が脂質。食べ過ぎには注意しましょう
残った炒り大豆の活用法ですが、「大豆ごはん」はオススメ
米2.5合に豆0.5合くらいの割合で混ぜて炊いてみてください
米に比べて炭水化物量が低く、タンパク質が豊富なため、無理のない糖質オフダイエットが実現します
さあ、誰を鬼役にするかは別として、一年の無事を祈り、豆まきを楽しみましょう

【スギ アカツキ】
東大卒の料理研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で長寿美容食の研究をはじめる。料理のモットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。
女子SPA!

2015-02-02おに_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1623-245b6f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)