船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
頭がいい人は、なぜ「青ペン」を使うのか? 受験生12万人の「口コミ」からブームに!
「青ペンを使うと頭がよくなるらしい」――
こんなうわさを知っているだろうか
初めは「都市伝説」と言われたメソッドだが、ハーバード、東大、早慶などに合格実績が出たことで、受験生の間で口コミで広がった
その勉強法が今、ビジネスマンにも有効なメソッドとして注目を集めている
『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』の著者であり、この勉強法の考案者である早稲田塾創業者の相川秀希氏に話を聞いた

――実際に受験生たちが使ったノートとペンを見せていただいたのですが、すごいインパクトですね
初めてご覧になった方は、皆びっくりされます
「青ペン書きなぐり勉強法」には、難しいルールはいっさいありません
とにかく青ペンで、ノートに書いて書いて、書きまくる
このシンプルさが、ブームになったいちばんの理由ではないかと思います

今、受験生の間では「青ペンで書くと覚えられるらしい」「成績が上がる」という口コミが、どんどん広がっています

最初は「都市伝説」的なうわさにすぎなかったものが、早稲田塾の塾生たちがこの勉強法で東大、京大、早慶、医学部などの難関大学に現役合格を実現したことで、彼らの学校でも話題になり、先輩から後輩へ、そして大学生、社会人へ……と次々に拡散していったようです
塾の「外」にまでこれほど口コミが広がったことは、私としても「うれしい誤算」でした

 ――そもそも、この勉強法を考案されたきっかけはどんなことだったのでしょう
最初に「青ペン」と言い出したのは1996年ですから、20年前ほど前ですね
早稲田塾では入塾生全員に、「本物の勉強法」ガイダンスというものをみっちり2時間やるのですが、その中でノートの取り方を教え始めたのがきっかけです

実はこの勉強法が生まれた経緯として、早稲田塾が日本で初の「現役合格の専門塾」だったことが大きく影響しています
今でこそ大学全入時代と言われ、「現役生専門」の予備校や塾は増えてきていますが、浪人全盛期には、現役生には大きなハンデがありました
部活も授業もある高校生には、とにかく時間がない
浪人生に負けないように勉強するには、否応なく「時短」、すなわちスピードを意識しなければならなかった
いかに効率的に勉強するか、記憶ができるかを考えたときに生まれたのが、この勉強法だったのです

 ――「時短」ですか。ビジネスマンと同じですね。
 はい
おっしゃるとおりで、「青ペン書きなぐり勉強法」は、社会人の方にも有効です。早稲田塾は大学受験の塾なのですが、1979年の創業時から、私たちが教え提唱してきたのは、「大学受験を突破するテクニック」ではなく、「一生モノの学力」=「人生を切り開く力」なのです
私は、「人生で成功する法則」と「現役合格の法則」は相似形だと考えています
両者の共通点は「期限がある中で成果を出す」ということ
だから、早稲田塾の塾生たちは、大人になってからもこの勉強法を実践し続けている人が本当に多いのです
大学での勉強、資格試験の取得、英語などの語学習得……そして仕事でのメモ術まで
皆、人生のさまざまな場面で、ずっと青ペンを手離さない(笑)

先日も、ある卒塾生から、とてもうれしい話を聞きました
彼は今、33歳
外資系損保会社で働いているのですが、「この6年間で6つ資格を取った」と報告してくれました
ちなみに、彼が取得した資格は、以下のもの
どれも難関資格ばかりです

 簿記2級(3級も)
 証券アナリスト
 保険仲立人
 証券外務員
 保険募集人
 アクチュアリー7科目中6科目終了


彼が言うには「僕はスタンフォード大学に留学したときも、ビジネスに必要な資格を取るときも、いつも青ペンでやっています」と

 ――ほかに、司法試験の勉強に利用された方もいるとか

 はい。先日、元塾生の弁護士の方に伺いましたが、彼女も「青ペン書きなぐり勉強法」を自分なりにアレンジして、司法試験合格を勝ち取ったそうです。

 たとえば、彼女のメソッドのひとつ目は、「書きまくり法」。判例を覚えるときに、青ペンでひたすら筆写して、記憶する。もうひとつは「一覧化法」。苦手だったり、記憶が定着しない知識を青ペンでメモにまとめ、移動のときや隙間時間に記憶する、という方法です。

 この2人をはじめ、社会人になってからも青ペン効果を信じ、実証しながら勉強しているというOBやOGがたくさんいます。

 ――具体的な勉強法のルール、やり方を教えていただけますか
詳細なマニュアルは著書『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』に公開していますが、「書きなぐる」ときのポイントをお伝えします
簡単なので、最初は自己流でやらずに「型」にのっとるようにしてください
まず重要なのが、青ペンの選び方です
これは、インクの中身が見える「スケルトンタイプ」、減りが早い「ゲルインキ」のものをお勧めしています
「青ペン書きなぐり勉強法」でなにより重要なのは、達成感です
「ペンを1本使い切った」「今日1日でインクがこんなに減った」と、効果を「見える化」することにより、その量が「こんなにやった!」と自信に変わる
そうすると、義務感にかられての勉強が、「もっとやりたいもの」に変わります
さらに続けると「青ペンを握らないと調子が出ない」と“やみつきになる効果”があります
次に、ノートの使い方。分野別に分けずに、必ず1冊のノートに書きまくるようにしてください
裏紙やルーズリーフなど、「1枚」の紙はなくなりやすく、成果を保管できないのでNGです

ペンもノートも、使い終わったら必ずすべて、とっておくようにする
受験前に「こんなにやったんだから大丈夫!」と、自らを鼓舞する拠り所となります
早稲田塾には、塾生たちがためた膨大な量のペンとノートが寄贈されていますが、大人が見ても圧倒される
半年で青ペンを100本以上使い切ったという強者もいて、後輩たちのモチベーションアップにも役立っています

 ――社会人で、仕事のメモ術として役立てている方もいらっしゃるそうですね
情報の整理に役立つという声は、よく聞きます
この勉強法は、もともとは授業内容を効率的に復習できる「再現性の高いノート」を作るための技でした。だから、「情報は取捨選択しないで何もかも書く」というのがポイント
当然、ビジネスシーンでも、そのまま使えます
ホワイトボードに書かれた内容や、渡された資料だけを見るのではなく、相手が話したことを「何もかも書く」

ところがこれが、実際にやってみると、案外難しいのです
全部書こうと思っても、手が追いつかない
無理なことに気がつく
実は、この「気づき」がとても重要なんですね
意識しないと、私たちは自分の「主観」で勝手に情報の取捨選択をしてしまいます
でも、何が重要で、何が重要でないかなんて、通常、瞬時に判断できるはずがありません
だから効率よく復習したいと思ったら、まずは「全部書く!」と決める
そこから、再現性の高いノートが生まれるのです

 ――12万人の実証例を見てきた相川さんから見て、青ペンで成果を出すポイントは、どこにあると思われますか
とってもシンプルで「やるかやらないか」「選ぶか選ばないか」です
この勉強法は、そもそも青ペンと1冊のノートさえあれば、「いつでも、どこでも」始められます
あとは、目標に向かって、スタートを切ればいいだけ

もちろん、「やらないための」言い訳をしようと思えば、いくらだってできるでしょう(笑)
それを封じる、塾生のためのおまじないは、「すぐやる。必ずやる。できるまでやる」――これ、塾訓みたいなものです
ビジネスパーソンだって、この3つを着実に重ねていけば、芽が出ないわけがありません

今の若い人たちは「デジタルネイティブ世代」と呼ばれています
小さい頃から携帯やスマートフォンを玩具のようにして育ってきている。ビジネスの場でも、1日中パソコンの画面とにらめっこ
そういう時代だからこそ、「青ペン書きなぐり勉強法」のアナログな行為が、実績を出しているのではないかと思うのです
実際にペンを握り、目標のために一心不乱に書きまくる
たとえば、自分たち昭和の時代だったら、好きな子の名前を書き連ねたとか(笑)、第1志望大学・学部を人知れず綿々とつづるとかのたぐいです

「早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部 早稲田大学法学部………」
実はこれ、私自身も実践しました

元塾生で、「青ペンで勉強していると、大切な試験の当日に、突然、文字が浮き上がって見えてくる」と言った生徒がいました
書きなぐっているときには気づかないのだけれど、いつの間にか脳に「しみ込んで」、ふとしたときに再現される、と
私はこの感覚は「第六感」に近いのではないかと思います

目で見て声に出し、それを自分の耳で聞きながら、手を動かして記憶する――
五感をフルに活用して勉強すると、私たちの潜在能力が最大限に発揮されるようになるのではないでしょうか

今から青ペン使お~っと

サボテン大

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1670-287d2b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)