船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
驚愕!これだけでいいの?寝るだけダイエットやり方と注意点
毎日の睡眠は人間にとって絶対に必要なものですが、その寝ている間の身体を活性化して消費エネルギーを増やそうという「寝るだけダイエット」
果たして本当に寝るだけで痩せることが可能なのでしょうか
寝るだけダイエットの方法と、メカニズムをドクター監修のもと、解説します

寝るだけダイエットとは
人間に睡眠は必要不可欠なものであり、寝ている時は気持ちが良いものですよね
毎日眠ることは当たり前であり必要なことなのですが、その寝るという行為だけでダイエットができるとされる「寝るだけダイエット」が流行しています
私たちは毎日睡眠をとりますが、毎日正しく寝るだけで300kcalを消費していると考えられています
これを1ヶ月続ければ、約1kgの減量に相当するカロリーを消費する計算となっており、それを利用してダイエットをするのが寝るだけダイエットです
カロリー消費を促しているのは主に成長ホルモンであり、寝ている間に身体のダメージを修復させるホルモンのことです
このホルモンは痩せホルモンと言われているほど身体にとって良い効果を期待することができ、このホルモンをより活発にすることで痩せられるというメカニズムです。

長く眠っても疲れがとれない質の良い睡眠を決める生活習慣チェック

寝るだけダイエットのやり方
夜中の3時には必ず眠っていること

痩せホルモンと呼ばれる成長ホルモンが活発な時間は、22時から3時の間と言われています。ですから、その間に寝ていれば痩せホルモンが活発に活動してくれるということです。
ダイエットの他にスキンケアとしてもこの時間は重要な時間であり、肌の修正をしてくれる時間でもあります。

眠り始めてから3時間が重要

ホルモンが分泌されるのは眠りについてから直後の3時間です
この時間帯にぐっすりと熟睡できると質の良い睡眠になります。
トータル7時間睡眠を目標に

1日のトータルの睡眠時間が短い人ほど、身体のホルモンバランスが崩れ太りやすい身体を作ると考えられていますから、どんなに忙しくても睡眠時間だけは確保できるように心掛けましょう
理想的な睡眠時間は7時間が目安です

寝るだけダイエットの注意点
寝るだけダイエットは質の良い睡眠を中心に行われますが、寝るだけでダイエット効果に繋がるかは疑問が残ります。

例えば寝る前に食べ物を食べてから寝てしまうと胃に残った状態で寝てしまい、寝た状態だと内臓の働きもスリープ状態になってしまうため、起きている時よりもカロリーを消費せずにそのまま脂肪になってしまうこともあります。ですから、寝る前の準備も必要だと言えるでしょう。

食事と運動を取り入れつつ質の良い睡眠を取ることで規則正しい生活になり、代謝がより上がるの寝る前の準備も必要になります態になってしまうため、起きているとことでダイエット効果が期待できるようになります

2013-04-17阪急インターナショナル (2)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1672-36260cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)