船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
お金・時間・異性関係は要注意! 「この人とは距離を置こう」と思う人の特徴5選
友人や同僚など、いざ仲良くなってみると初対面のころには見えなかった一面を知って驚くことがありますよね
あまりにもギャップがありすぎる言動だと、「ちょっとこの人とは距離を置きたいな」と思ってしまうことも......
今回は、そんな「距離を置こう」と思うきっかけになったエピソードについて聞いてみました

一緒にいても人の悪口しか言わない
・人の悪口ばかり言っている人。つまらないことばかり言っているので一緒にいて疲れる(女性/29歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・人の悪口を頻繁に言っている。付き合っていてもろくなことがないと思った(女性/32歳/クリエイティブ)
・いつも同じ人の悪口を言ってた友人。ある日、その内容が僕にも当てはまったので「もしかしてよそでは僕の悪口を言っているのでは」と信用ならなくなり、会わなくなった(男性/39歳/その他)

最も多くの意見を集めたのが、「人の悪口を言う」ことについてでした
人間関係がうまくいかないと、ついつい愚痴を言ってしまう気持ちもわかりますが、ほどほどにしてほしいですね

異性がらみのいざこざ
・女性問題の多い知人。あまり信用の出来ない人だと思い、なるべく親しい関係にならないようにしている。結局、思いやりや、人をいたわる気持ちが欠けていると思うので(男性/30歳/学校・教育関連)
・友情より彼女を選んだ。自分から遊びに誘っておいて、途中で彼女が来るからと解散させられた(男性/26歳/農林・水産)
・男の前だと態度が変わる人。男のためなら自分のことを裏切りそうだから(女性/27歳/団体・公益法人・官公庁)

自分とは関係なくとも、異性とよくいざこざを起こしていたり、異性には自分と違う顔を見せていたりするとあまり信用は得られないかもしれません。

時間にルーズな人
・遅刻する人。時間の無駄(女性/21歳/情報・IT)
・遅刻常習犯な友人。毎回の遅刻で待たされることばっかりだったから(女性/27歳/不動産)
・遅刻をして謝らない人。遅刻をしても女王様のようにやってきて、何も悪くないというようす(女性/31歳/その他)

遅刻をする人は、「約束の時間を守らない」ことになりますから、そんな人を信用できるかといったら難しいかもしれませんね

金の切れ目が縁の切れ目
・お金を貸したが帰ってこなかった。信用できない人だと確信した(男性/32歳/電機)
・いつもお金に困っていて、会うたびにお金を貸してほしいと言ってくる友人。毎回断るのも面倒だし、この人といるといつかトラブルに巻き込まれると思った(男性/22歳/食品・飲料)
・お金を盗まれた。財布からお金を抜き取られて本気でムカついた(男性/22歳/情報・IT)

「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざはよく耳にしますが、今までどれだけ仲が良くても、お金関係で問題が起こると一発で疎遠になってしまうこともあります
友人とお金で疎遠になるほどショックなことはないですよね

とにかくこんな人とは合わない
・こっちにあれしてこれしてと頼み事が多いくせに、こっちの頼みはなんだかんだ理由をつけてやってくれない友人(男性/42歳/自動車関連)
・人前で私の事をセレブとか言う友人。恥ずかしい。直接言うならまだしも、フェイスブックのコメントで言ってくるのは流石に......女性特有の妬みやっかみがかなり面倒(女性/36歳/不動産)
・どこの誰と遊ぶのとしつこく聞かれたとき。なんで束縛されなきゃいけないのかわからない(女性/28歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

人によって合う合わないはありますが、さすがにこれらのことをされると距離を起きたくなる気持ちもわかります

いかがでしたか
人間関係は生きていく上でいつまでもついてまわります
「この人とは合わない!」という人は誰しもがいるでしょうが、もしかするとあなたの知人もあなたを「合わない!」と思っているかもしれません
「人の振り見て我が振り直せ」の精神で、うまく人間関係を築いていきたいですね

調査期間:2015年4月(フレッシャーズ調べ)
集計対象:社会人男女
有効回答件数:346件(ウェブログイン式)

写真5枚合(7)ブログ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1713-ef251933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)