船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「運動すればなんでもいい」は間違い!長寿をもたらすエクササイズ方法が判明
お天気のよいこの時季、屋外でエクササイズするのは気持ちがいいものですね
皆さんは、毎日何らかの運動をして、体をシェイプアップしていますか

研究によると、健康で長生きするためにエクササイズをしたいという場合は、体を動かせばなんでもいいというわけではなく、“ある秘訣”があるそうなのです
今回は、海外の新聞『The New York Times』ウェブ版の記事を参考に、そんなエクササイズと長寿の因果関係をお伝えしましょう

運動量の目安は“週150分”
米国政府が発行したガイドラインによると、健康で長生きするための目安として「週150分程度のエクササイズが望ましい」とされているそうです
ということは、例えば1週間で5日間、1日30分ずつエクササイズをすれば、そのガイドラインに達することになります
エクササイズといっても、ジムでの筋肉運動ではありません
ここで指すのはウォーキングやジョギング、水泳、エアロビクスなどの有酸素運動が基本です

米国で行われた研究で、エクササイズの量と寿命には具体的にどのような因果関係があるのか調べられました
その結果、健康を保ち寿命を延ばすという意味では、毎日中程度のエクササイズをすることがオススメだそう
長時間激しいエクササイズをしても、長寿という意味では特に効果はないそうです

最も効果的なエクササイズ時間は……
ハーバード大学などが行った前述の研究によると、早期死亡率が一番高かったのは、まったくエクササイズをしないグループ
だから、「運動しなくても太らないのが自慢」では、健康面ではまったく自慢になっていないのです
「でも時間がないから、週150分は無理……」という方、ご安心ください
ガイドラインに達しないエクササイズ量でも、早期死亡率は約20%減少したそうです
小さい子どもがいても、ウォーキングシューズを履いてベビーカーを押し、ウォーキングするのは十分可能ですよね

ガイドライン通り週150分間エクササイズをすることで、早期死亡率は30%減少
しかし、一番健康で長生きするエクササイズ時間と方法は、なんと“1週間450分程度のウォーキング”で、死亡率は39%減少したそうです
450分は7.5時間ですので、週5日、1日1.5時間ずつエクササイズすればいいことになりますね
社会人には多少難しいかもしれませんが、早朝と夕方にエクササイズすれば、実現不可能な数字ではありません
それ以上エクササイズしても効果はアップしなかったそうですので、これが“エクササイズ時間の王道”といえるでしょう

以上、健康と長生きに最も効果的なエクササイズ時間と方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか

エクササイズすると、体が引き締まり、健康にいいのはもちろん、精神的にはうつを予防したり、ストレス解消の助けになったり、いいことがたくさん
通勤途中に1駅前で降りて会社まで歩くだけでも、立派なエクササイズですよ

2014-04-24 (4)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1736-1b233a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)