船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
全自動車ETC化で人件費など3000億円減 国交省、不公平感解消へ試算
高速道路を通行するすべての自動車が自動料金収受システム(ETC)を搭載した場合、現金専用レーンの建設費や人件費などのコストを3千億円前後削減できるとの試算を、国土交通省がまとめたことが11日、分かった

国交省は来年度にも首都圏の高速道路で、ETCを搭載しない「現金車」を対象に通行料金を値上げする方向で検討中で、将来的には搭載の義務化も視野に入れている
わずか1割の現金車がもたらす「不公平感」を数値化することで、そうした施策への理解を得たい考え

試算は東日本、中日本、西日本、本州四国連絡、首都、阪神の6つの高速道路について行った
6高速の料金所には計6937本のレーンがあるが、このうち4割近く(2560本)を占める現金車専用レーンがなくなった場合、現金を扱う機器の設置費などがなくなり、レーンの建設費は4320億円から4割減の2750億円にまで下がることが判明した

また、現金車に対応するための人件費は昨年度、計786億円に上った
現金車がなくなればこの人件費も数百億円程度削減される見通しで、レーン建設費と合わせて3千億円前後のコスト削減効果が見込まれる計算だ

現在、高速道路を利用する車の9割がETCを搭載しているものの、残り1割の現金車にはETC車の5倍ものコストがかかっている
国交省は「今回の試算が、現金車が負担すべきコストまでETC車が負担している現状の理解の一助になれば」(道路局)と話している

わずか1割の未装備車があるだけで、こんなに大きなお金が必要になっている事に驚いています
もし、ETC導入時期に、政府がETCを全ての車に無償提携していたら、もっと費用が浮いた事になったのでは・・・
政府が行う事で、お金を投入して早く取りくめばすぐに費用を回収できたのではと思う事が今までも沢山あるように思っているのは・・・


MS-9 (1)_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1793-f933ac9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)