船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
下痢にゆるハラ…お腹トラブルは「夏」起こる!冷えを防ぐ徹底対処策
突然ですが、お腹のトラブルを起こしやすい季節っていつだと思いますか
そう、実は夏なのです
今回は、ある調査結果をもとに、夏ならではのお腹トラブルの原因と対策をお伝えします

“夏”ならではの生活習慣でお腹トラブルに
大幸薬品が15~69歳の男女1,200名を対象に「日本人のおなかのトラブル」についての調査を実施
この中で、「下痢になることが多い季節」を「春夏秋冬」から選んでいただいたところ、50%と半数が選んだのが「夏」でした
約半数の人が夏に最も下痢をしやすいと回答しています
では、夏にお腹のトラブルが起きやすい原因は何なのでしょうか
それには夏ならではの生活習慣が関係していました。
夏のお腹のトラブルを経験したことがある人にその原因を聞くと、
1位は「冷房による冷え」(54%)
2位は「水・ジュース等の飲み過ぎ」(44%)
3位「アイスクリーム等冷たいものの食べ過ぎ」(38%)

が続きました
暑い季節とはいっても外・内から身体を冷やし、お腹のトラブルの原因になっていることが分かります

女性は“冷房冷え”が原因1位
男性と女性で比較してみたところ、男性の夏のお腹のトラブルの原因
1位は「水・ジュース等の飲み過ぎ」(44%)ですが、一方、
女性は66%と半数以上が「冷房による冷え」を1位に挙げています
特に20代女性では71%もの人にとって「冷房による冷え」が夏のお腹のトラブルの原因に
外は暑くてもオフィスや交通機関など冷房が効き過ぎる場所で、すっかり冷えて体調不良になっている女性の多さが垣間見えます
また、これら以外には寝冷え、薄着による冷え、風邪、プールでの冷えなども原因に挙がっています

夏冷えを防ぐポイント3つ

強い冷気にさらされないことが大切
長い移動の場合は素肌を出さない恰好にしたり、短い移動でも羽織りものに加えて、靴下や首元のストールもあるとよいでしょう

冷×温でバランスを取る
冷たい食べ物を食べたら、前後に温かい飲み物を飲んで胃の負担を軽くしてあげます
冷たい食べ物と冷たい飲み物の組み合わせは、身体を冷やすので要注意

ストレッチなどで血行を促進する
血のめぐりが停滞すると冷えの原因になります
特に下半身の筋肉をよく動かし、熱を生み出しましょう
寒いなと感じたらオフィスでも足首を上下に動かすなど、ふくらはぎの筋肉を伸ばすストレッチをしましょう

夏の冷えは、夏バテや秋口の夏老けにも直結してしまいます
暑い日が続きますが、身体を冷やさないようにして、お腹、胃腸のトラブルを防ぎましょう

2015-03-16晃未50歳バースデー (1)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1814-96ef8816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)