船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
高級電気自動車「テスラ」の個人タクシー登場 EVとタクシー、その問題と可能性
東京都内にアメリカ製の高級電気自動車「テスラ」

2015-09-06テスラ_0

を使った個人タクシーが登場しました
航続距離が重要な「タクシー」に、航続距離が弱点ともされる「電気自動車」、しかもアメリカ製の高級車がなぜ導入されたのでしょうか
実は「テスラ」はエコであるほか、タクシーにとってメリットもあるそうです

車両本体価格1000万円前後の高級電気自動車
アメリカの高級電気自動車メーカー、テスラモーターズ「テスラ モデルS」を使った個人タクシーが2015年1月下旬、東京都内で営業を始めました
「テスラ モデルS」は2012年にアメリカで、2013年に日本で発売されたセダンタイプの電気自動車(EV)で、同社ウェブサイトによると2015年2月現在、車両本体価格は871万円から1289万5千円(税込)となっています
そうしたアメリカ製の高級電気自動車が、所属する協会の規約に準じた車体塗装になり、タクシーであることを表す行灯を装着
個人タクシーになったのです
車両本体価格が日産の電気自動車「リーフ」、トヨタのハイブリッド車「プリウス」「クラウンアスリート」よりだいぶ高いこの車両を、運転手さんはなぜ個人タクシーにしようと考えたのでしょうか
また電気自動車には現在、航続距離の短さや十分とは言いがたい充電インフラの問題があります
その点について困らないのでしょうか
この車両が実際に個人タクシーとして営業を始める前に、運転手さんに話を伺ってきました

タクシーでは売上に直結する電気自動車の問題
運転手さんは個人タクシーの車両に「テスラ モデルS」を選んだ理由として「エコ」であること、そして「高級感」と「航続距離」を挙げました
この「テスラ モデルS」のメーター類は、すべてグラスコックピットです(アナログ式メーターを用いず、情報を液晶ディスプレイなどに表示する方式)
またセンターパネルは大型液晶になっており、カーナビはもちろんインターネットも利用可能通信料はメーカー持ちだとか
エアコンや照明などのスイッチもボタンではなく液晶画面上で操作する形になっており、車内に入れば一見して「普通の車」とは異なる雰囲気が漂っています
「航続距離」についてタクシーの場合、あまり走れないとしたらその分、売上が減ることを意味しますから大変重要な要素です
しかし、たとえば日産の電気自動車「リーフ」の航続距離は、メーカーカタログ値で228km。ガソリン車などと比べ短いのが現状です
ですが「テスラ モデルS」はメーカーカタログ値でフル充電時の航続距離が502kmあり、運転手さんによると「バッテリー残量が80%あれば300kmくらいは気にせず走れる」とのこと
問題ないそうです
また急速充電場所が六本木と台場にあるため、もしその必要に迫られても特に困ることはないといいます
もちろん「リーフ」は300万円前後、「テスラ モデルS」は1000万円前後の電気自動車と価格が大きく異なるため、航続距離だけを抽出して単純にどちらが優れているとはいえません
ハイブリッド車の半分以下で走れる電気自動車
現在、「燃費の良い車」といえばハイブリッド車が一般的ですが、この点について電気自動車の「テスラ モデルS」はどうなのでしょうか
実は意外と安いそうです
個人タクシーで見かけることの多いトヨタのハイブリッド車「クラウン アスリート」の燃費は、メーカーカタログ値で23.2kmです。そして「テスラ モデルS」を1km走らせるのに必要な電気代は、およそ2.5円とのこと
23.2km走らせた場合の電気代は約58円なので、ハイブリッド車の半分以下という走行経費になるのです
また、エンジンオイルやATF(オートマティックトランスミッション内のオイル)、冷却水などのメンテナンスが不要なことも良い点だといいます
「排気量が大きな車になれば使うオイル量も多くなるし、数十万km走ることも珍しくないタクシーではトランスミッションの不具合も出てくる」そうで、その点で心配が少ないのは長距離を走るタクシーにとって大きなメリットなのです
電気自動車は航続性能や充電インフラなどの面でタクシーに向かないという見方もありますが、「テスラ モデルS」のように航続距離の長い車両が一般的になり、東京のように充電施設が整備されてくれば、タクシー用車両として普及する可能性は十分にあるのかもしれません
ちなみに「テスラ モデルS」の物足りない部分についても運転手さんに伺ったところ、「日本車と違ってドリンクホルダーや車内に収納スペースが少ないのが難点」とのことでした

 発表された時から気になっていた 「テスラ モデルS」 
外観デザインは、好きでも嫌いでもない・・・サンルーフ派としては、2つ(パノラマルーフ)が付いているので、OK
内装が1000万円超える車にしては、豪華さがないのが・・・
中古車になった時大きく値下がりすれば、仕事用に考えてみたいな~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1847-4b5e15ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)