船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
初対面の人と1分で打ち解ける気配り術
初めて仕事をする相手とは、なるべく早く打ち解けて、順調に仕事を進めたいもの
「たとえビジネスであっても、基本は人と人とのお付き合いであることを忘れないのがポイント
あいさつのあとにちょっとした雑談を加えると、初対面の人との距離がグッと縮まります」と話すのは、OLから経営者になり、現在は横浜市長を務める林文子さん

「まずは雑談で緊張をほぐすことで、なごやかな雰囲気を作ってさし上げましょう。ほんの1分程度の雑談で打ち解けられれば、その後の商談や交渉ごとがスムーズに運ぶはずです」

例えば、「今日はさわやかな陽気で気持ちがいいですね。オフィスの前に植えてあるモミジの葉が色づきはじめました」とか、「今日はこの先の神社のお祭りなんです
朝からご近所の方々が通りに集まって、賑やかなんですよ」など、季節の話題は誰が相手でも共感を得られやすいのでおすすめ

「相手のオフィスにお邪魔しているのなら、応接室のインテリアを見て『素敵な絵ですね』と感想を述べることからも、会話は広がります」(同)

注意したいテーマが、時事問題
大きなニュースは共通の話題になりそうだけれども、初対面の場合は反応が読めないので、話題にしないほうが安全

「会って間もない相手に対し、事件や事故、災害などのニュースを話題にすると、重苦しい空気になり、話が広がりにくくなります。初対面の相手との雑談は、笑顔で語れる明るい話題であることが大切です」

話題が思いつかないときは、いただいた名刺をよく見て
「ロゴデザインが珍しいですね」や「こちらの部署ではどんなお仕事をされているのですか」など、相手が返事をしやすい話題を見つけるヒントになるはず
「せっかく出会えたのですから、『あなたのことを教えてください』とわくわくした気持ちで聞きたいことを見つけて、質問してみましょう。好奇心を示されてイヤな気持ちになる人はいません」

名刺には名前のほか、会社名、部署名、肩書、住所など、相手の情報がたくさん詰まっているから、話題が必ずひとつは見つかるもの
最初はぎこちない雑談になってしまっても、慣れてくればスムーズに話題が浮かぶようになり、初対面の人に対する苦手意識もなくなるはず
まずは、本題に入る前に必ず雑談を加える意識を持とう

さくらハウス事務所2015-05-09 (2)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1851-6446f05e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)