船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
罵倒されても蹴られても…妻からのDV、口閉ざす夫たち
配偶者の暴力(DV)を受けている被害者を守るDV防止法が成立し、15年目に入りました
法は改正を重ね、救済の道は広がってきました
女性だけでなく、男性が被害を訴える事例も増えているようです
DVの現状と課題について・・・

「稼ぎが悪い」「バカがうつる」

東京都内に住む自営業の男性(45)が、2年余り受け続けた妻からの暴力を明かしたのは3年前の夏だった
妻から逃れて自宅を飛び出すと、警察官が立っていた

「どうしました?」
男性は重い口を開いた

前夜、酔って帰宅した妻の携帯電話にメールが着信した
差出人は知らない男の名前で、直前まで会っていたことがうかがえる内容だった
気配で目を覚ました妻が「携帯を返せ」と飛びかかってきた
服を引き裂かれながら近くの公園へ逃げ、一夜を明かして帰ると妻は再び逆上
その騒ぎを聞いた近所の人が110番通報をしたのだった
1歳上の妻とは2008年に結婚した
精神的に不安定で、目の前で手首を切られたこともある
「自分が支えなければ」と結婚に踏み切ったが、10年ごろから暴力が始まった
毎月20万円の生活費を渡しても「稼ぎが悪い」とののしられ、料理をすれば「まずい」と言われ、トイレ掃除をしても「汚い」と責められた
自宅で仕事中に蹴られてけがをし、完成間際の作品を壊された
常に身構えるようになり、抜け毛が増え、吃音(きつおん)にも悩んだ
周りから「奥ゆかしい」と評される妻の素顔は誰にも言えなかった
だが、警察官に明かしたその日のうちに別居
2年越しの裁判で昨年春に離婚が成立した
役立ったのは、逃れた公園で撮影した浮気の証拠となるメールと警察官が聴取した記録だった
「慰謝料は請求できたが、一刻も早く離婚したくて諦めた」と男性は振り返る
あの夏、警察官に会わなければ、孤立したままだったかもしれない

神奈川県内で働く30代後半の会社員の場合、DVの被害を訴えられないままでいる
妻の暴言が始まったのは長女が生まれてから
「バカがうつる」と言われ、母親との絶縁など無理な条件が並ぶ誓約書を書かされ、まもなく自宅を追い出された
それから2年
会社員は今も月収の半分を超す30万円を毎月の養育費として支払い、自分は風呂なしのアパートで暮らす

「『子どものため』と言われれば養育費を払うしかない
プライドが邪魔して、相談もできない」

DV被害10%は男性

警察庁によると、DVの被害は年々増え続け、14年には過去最多の5万9072件に上った
そのうち男性は10・1%で、10年の2・4%から4倍に増えた
最高裁のまとめでは、「相手からの暴力」で離婚を申し立てた夫は00年度の882件から14年度の1475件へと増加
一方、妻は1万3002件から1万1032件へと減った

なお被害者の9割は女性だが、男性の被害は明らかになりにくい背景もある

内閣府が14年度に実施した男女間の暴力についてのアンケートでは、
配偶者からの被害経験は女性が23・7%、男性が16・6%。そのうち「相談しなかった」と答えたのは女性の44・9%に対し男性は75・4%。男性の方が1人で抱え込む傾向がうかがえる

男性からのDV相談も多く受ける森公任(こうにん)弁護士は、男性の被害者に対する世間の理解不足から「離婚したい場合、現場をとらえた写真や音源といった客観的証拠が女性以上に重視される」と指摘する
自治体も対策に乗り出している
東京都が運営する東京ウィメンズプラザでは01年6月から男性専用の夜間電話相談を開設
今年度からは週1回の面接相談を始めた
京都市も13年度に男性職員が相談に乗る電話窓口を設けた
北海道では昨年末以降、男性が入れる「一時保護施設」を社会福祉法人の一室に準備した

夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんは「男性は社会的地位が影響し、公的機関や勤務先に頼るケースは極めて少ない
職場で『家庭内さえ管理できない』と見なされ、出世を阻まれたり失職したりするのを極度に恐れて口を閉ざすのが大半」と分析する
そのうえで「離婚できない状況であれば、職場に単身赴任を願い出たり遠くに住む親の介護を装ったりして別居する道もある
子どもを含む被害を減らす方法だ」とし、男性が暴力の被害を言うことは恥ではないと強調する(高橋美佐子)

《DV防止法》 
夫婦や恋人の間での暴力(ドメスティック・バイオレンス=DV)の被害者保護と自立支援を目指して2001年4月、超党派の議員立法で成立した
被害者の申し立てにより、必要なら加害者に被害者への接近禁止や住宅からの退去などの「保護命令」が出る
これまでに3回改正され、加害者の対象が離婚した元パートナーや同居相手にも拡大した
この法律に基づいて全国の婦人相談所などに置かれた「配偶者暴力相談支援センター」への相談は、14年度に10万件を突破した

2015-03-16晃未50歳バースデー (1)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1855-e8857359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)