船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
飯島愛「ファンに元気づけられた7年」ブログ閉鎖で実父語る
「もっと早くやめようと思ったこともありました
しかしファンの方々の応援もありましたし、延ばし延ばしにしているうちに、気がつくともう7年になってしまったんです」


2015-10-02飯島 愛

そう語るのは、故・飯島愛さん(享年36)の父(71)
飯島さんは’08年12月24日、東京都内のマンションで、息絶えた姿で発見された

「警視庁の発表では死因は肺炎で、死亡推定時刻は1週間前の17日でした
彼女は前年の07年3月に芸能界を引退していましたが、その突然の死は大きな衝撃を呼びました
死後から7年たちますが、公式ブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』にはいまだにファンたちが彼女へのメッセージを書き込み続けているのです」(芸能関係者)

ブログはファンたちの“聖地”となり、コメント数はなんと約7万1千件以上に(9月28日現在)
この『ポルノ・ホスピタル』の閉鎖が9月18日に発表されてからは、ファンたちの惜別の声も急増している
実は、これまでブログを管理し続けていたのは飯島さんの両親だった
ブログを続けてきた理由、そして今回、閉鎖を決断した理由について、飯島さんの父は本誌に次のように語った

「娘が亡くなった後も、ブログを続けてきたのは、私の考えでした
すぐにブログをなくしてしまうのは、(娘が)可哀想という気持ちもありましたし、ファンの方々から『愛さんのブログをやめないでください』といった手紙も来たりしていましたからね」


飯島さんが生きているかのように語りかけてくるファンたちのコメントは、愛娘を失った父の胸を打ったという

「毎日毎日は読めませんでしたが、ときどき私たちも読ませていただきました
皆さんのお言葉に勇気づけられたり、元気づけられたりしたこともありました」


本誌が父を取材したのは9月下旬の彼岸だった
「昨日、墓参りに行ってきたんです
そこで娘にブログを閉めることも報告しました」

と語るなど、父にとっても苦渋の決断だったようだ

「私も70歳を越えました
万が一何かあったら、逆に皆さんにご迷惑をかけてしまいます
元気なうちに区切りをつけなくてはと考えたのです」


 今でもよくこの事を覚えています
うつ病がひどくなり、会社も閉めて寝込んでいる時に知ったんです。
このニュースをネットで知り、いろんな所を読んでいると、突然 「傷病手当金」 とのタイトルにアクセスしたようで・・・
そこで知ったんです。
 「傷病手当金」をもらう権利がある事を知りました
しんどい身体を引きずって、手続きしに行った事を今でも鮮明に覚えています
この手当のお蔭で、病気とゆっくり付き合い療養でき、復活出来たんです
僕にとっては、飯島 愛さんから助けてもらったと勝手に思っています
そんな事でこのブログが消えてしまうのは寂しいですが、もう病気をぶり返さないように健康管理に注意して今後生きていこうと思います
飯島 愛さんのお父さん、長い間ブログの管理 ありがとうございました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1874-0ba34f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)