船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
あなたはどちら??どうしますか・新築注文住宅or中古住宅購入+リノベーション相談会
あなたはどちらどうしますか
新築注文住宅or中古住宅購入+リノベーション相談会
を開催いたしております。

2015-10-31~11-3 新築・リノベーション相談会 ブログ


なぜ、今回のイベントを開催したのか
「家創りする時に、あまりにも世間で知られていない」 からです

家創りには方法が2つあります
 新築注文住宅
 中古住宅購入+リノベーション 

どちらを選ぶかは家に対しての考え方や予算、希望する地域などで変わってきます

新築住宅を考える人は、建替えならハウスメーカー・工務店・設計事務所のどこか、土地が無い場合は、まずは不動産会社に行って土地探し、建築条件付物件が多いので土地所有者の関連工務店で家を建てるのが一番多いパターンです

中古住宅購入+リノ人は、まずは不動産会社に行って物件を購入し、リノベーションしてくれる工務店に行かれるでしょう

ここでよく考えてみてください

初めに相談行った会社で、得意分野か新築しか出来ない会社では、新築の話を、
中古住宅の仲介しか出来ない会社では、中古住宅のお話を、
新築注文住宅・中古住宅の仲介・リフォームの全てを行っている会社に行っても、
新築注文住宅は、その担当が、中古住宅を探すのは、また別の担当者を、リフォームになると更に別の担当者が・・・
「何でも出来ます」で一番多い会社のパターンです。

ばらばらの人から話を聞いてでは、最終的に総合的なアドバイスを受ける事ができません。
お客様が最後は自分自身で判断する事になり、購入後、メンテナンス・リフォーム・買い替えの時は同じ会社に相談しても、常に担当者が変わってしまいます。
結果、同じ会社ですべてしてもらっているのですが、担当者が同じでない

ここが最大の落とし穴です
同じ担当者なら、購入からメンテナンス・リフォーム・更に買い替えまで、すべての事を解っているので、お客様に一番良い方向を常にアドバイス受ける事が可能です
一番大切なのは、すべての事を1人だけで担当する事
さくらハウスがお客様に対しプロとして最適なアドバイス出来る事を一番大切 
にしていることです。
ここまで宣言するのですから、代表である船木は当然すべてプロとしてこなす事ができます。
この考えをお客様に接客するスタッフすべてが出来るように、ノウハウをすべて共有しています。


新築注文住宅を建てる、中古物件を探す、リノベーションをする、をすべて同じ会社の同じ担当者が出来る事はほとんどありません
しかし、さくらハウスでは、代表の船木が新築注文住宅・リノベーションと不動産仲介業・住宅ローンの持ち込みなど・・・家を創るのに必要不可欠な全てをこなせる事が強みです
さくらハウスに相談すれば、建築業をメインに不動産仲介業もしているので、すべてが完結
お客様にとって家に対する夢と希望を叶えた家を手に入れる事ができます
さくらハウス代表 船木は、業界28年間で約750件ものお客様と家創りをしてきた経験とノウハウは、家創りのあらゆる事に対応出来ます。
このノウハウをさくらハウスではすべてのスタッフで共有し、どのコーディネーターも同じ事が出来ます。
更に船木は、京都新聞社が運営する 「マイベスト プロ 京都」 にも登録され、プロとしての評価を頂いている事は、お客様が本心から安心して頂けると思います今回この強みを皆さまにご利用して頂きたく思い、イベントを開催いたします

10月31日(土)・11月1日(日)・2日(月)・3日(祝)の4日間連続で開催

PM1:00~PM9:00 (ナイターも開催)

イベント会場は、鴨川の堤防測道に面した「ぎゃらりーさくら」
マンションのテナント部分をリノベーションし、来店型のショールームを兼ねた新しいオフィス空間です

写真3枚合 ぎゃらりーさくら(5)ブログ


※駐車場は3台までご利用いただけます。

お問い合わせ・商談のご予約・ぎゃらりーさくらのご見学は
   075-366-8998
   075-366-8990
   info@sakurahouse-kyoto.jp

のいずれかで
ひとりでも多くの方に、自分が暮らすための家創りのお手伝いを通して、幸せに暮らして頂きたいと思っています

写真5枚合(8)ブログ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1904-4110d28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)