船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
採用は「高校名の方が参考になる」? 大学ターゲティングに限界感じる企業も
「後ろ倒し」で注目された2016年卒大学生の就職活動
ふたを開けてみれば、学生にとっては超売り手市場だった
一方で、採用する側の企業にも例年と異なる傾向が表れた

今回の就活でも、採用したい「ターゲット大学」を絞り込む企業が依然として多数存在していた
しかし、今年はその傾向に異変があったと、HR総研主任研究員の松岡仁さんは言う
「過去数年はターゲットを絞り込む企業が多かったのですが、16年卒は主に売り手市場と就活『後ろ倒し』の影響でそれが緩まったのです」

あるサービス系企業の人事担当者は言う
「例年、金融業界は高学歴層へかなり強いターゲティングを行っています。ですが、今年は日東駒専クラスの学生でも、証券会社数社の内定を複数持っているなんてざら。バッティングの幅が広がって驚きました」

松岡さんによると、多くの企業がターゲットにしているのはMARCHクラス
超有名企業のターゲットの下限であると同時に、中小企業も採用したいと考える層だという
中小企業の多くは「早慶以上は内定を出しても、ブランド志向が強いから入社してくれない」と考えがち
一方、「旧帝大クラスは、プライドが邪魔して泥臭くは動けない」(前出・サービス系企業人事担当者)との声も
バランスのよさがMARCHクラス人気の一因のようだ
もっとも、最近は従来の大学クラス別のターゲティングに限界を感じる企業も増えてきている
ERPパッケージソフトを開発するワークスアプリケーションズ(東京都港区)の人事責任者は言う

「大学受験は、大部分が暗記能力の高さを測る試験。大学名で自社との相性を見るのは難しいと感じています」

同社は採用の際、長期インターンシップを課すことで知られている
大学のターゲティングはせずに有給インターンとするため、獲得コストは採用一人あたり1千万円にものぼる
それでも、広く網をかけたほうが最終的に効率がいいと考えるからだ
今年は、インターンで優秀な成績をおさめた高校生も、入社する権利を得た
「AO入試で入った学生は基礎学力が低いことがあるので、大学名より高校名のほうが参考になる」
今回取材した複数の人事担当者も、そう口をそろえる

就職活動は、就職する学生さんも大変ですが、雇う企業も制度が変わると対応しないといけないので、どちらも大変ですよね。どうすれば一番良い方法なのかはまだ試行錯誤は必要なんでしょうね
  気付いたのですが、新卒生を雇った事もないし、新卒の部下もいなかったです


奥野さま2015-06-18_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1930-825002fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)