船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「おたべ」社名から消えた 創業50年、社員もびっくり
観光客にわく京都で、おみやげの定番といえば生八つ橋
その代表格「おたべ」を作る菓子メーカーが今年、商品名と同じだった社名を変更した
創業50年の有名ブランド、なんで変えはったんどす

「美十」に変更、洋菓子に軸足
観光客が行き交う京都・祇園の花見小路通
洋菓子店「ぎをんさかい」のショーケースには、色とりどりのケーキが並ぶ
2階には14席のカフェ
ここは生八つ橋「おたべ」のメーカーが運営する店だが、訪れる客の多くは知らない

4月、社名は「美十(びじゅう)」(京都市南区)に変わった
年商68億円
生八つ橋の売り上げはやや下降気味で全体の3割以下
2008年発売のバウムクーヘン「京ばあむ」など洋菓子が2割近くに伸びる
他社ブランドの生産も請け負い、全体では5割を超える

おたべは創業翌年の1966年に発売
八つ橋の生産では後発組だったため、老舗がひしめく京都には出店できず、1号店は大津市にあったレジャー施設「紅葉パラダイス」に
当時は珍しかった生八つ橋の食感や京都らしいネーミングで人気商品に成長し、3年後には社名も同じにした

おたべのヒット当初から会社の将来を見据え、和菓子にとどまらない「総合菓子メーカー」を目標に掲げた
80年代後半から、有力な他社ブランドの洋菓子の生産を請け負う事業を強化
91年に東京、09年に大阪に進出した店舗は洋菓子主体の品ぞろえにした

マーケティング部の松村保マネジャー(42)は「後発だから積極的にチャレンジできた
その結果、会社の事業形態と和菓子のイメージが合わなくなった」と社名変更の背景を語る
「あえて変える必要があるのか」「美十って何?」
社名変更に驚く社員から、そんな声も上がった
聞き慣れない名に、電話をかけてきた取引先は「おたべさんじゃないんですか
今シーズンの就職説明会では、ブースの看板に「旧おたべ」と添えた

社名を変えるのは大変勇気が要る事ですよね
社名を変えて成功するには、変えないでそのままより数倍告知活動が必要です
今後どうなるか見て行きたいです


限定品中身

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1937-e9b1e1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)