船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
家事代行 日本でも広がる
2週間に1度、家事を頼む

日本でも家事代行サービスを使う人が増えている
「一握りの金持ちのもの」と思われがちだったが、女性の社会進出で需要が増加している
業者が増え値段も下がってきた
高齢者にも人気だ

横浜市の共働き夫婦、勝間直行さん(37)・葉子さん(37)のマンションに10月末の週末、フィリピン人のネリーさん(36)がやってきた
「水回りをお願いします」
葉子さんから指示を受けたネリーさんは、エプロン姿で風呂の掃除を始めた
その間2人は、2歳と0歳の息子と遊ぶ

浴室5枚合ブログ

半年前から2週に1度、掃除や料理を頼んでいる
長男の保育園の送り迎えなど、直行は家事を積極的にするが
「完璧に分担したところで、家事は終わらないというのが僕の実感です」
葉子さんは現在育休中だが、
「1度水回りを掃除してもらうと、1週間くらいはあまり気を使わず放置できる
浮いた時間を、子どもや自分の将来のための勉強に使えるので、高いとは思いません」

3時間の利用で、4500円を払った

2人が利用するのは家事代行マッチングサイト「タスカジ」
1時間3000円前後という業者が多い中、ネット上で家政婦と利用者をつなぐことで手数料を抑え、業界最安値を実現した
利用するのは世帯年収1000万円前後の家庭が多い
総務省の調査によると、世帯主が働いている2人以上の家庭の7組に1組が、年収1000万円を超える

家事より育児に時間を割きたい

タスカジのスタッフは、日本人と結婚するなど在留資格を持つ海外出身者が8割を占める
「1時間1500円という価格は、払う方にすれば割安で、働く方にすれば比較的高い
外国人なら子どもの英語の勉強にもなり、夫を説得しやすいというお客様も多い」

と代表の和田幸子さんは話す
フィリピン出身者はその質の高い仕事ぶりで、特に人気だという

高齢者世帯の利用も広がっており、業界大手のベアーズでは顧客の2割を占める
「介護保険を使うほどではないが、家事が負担」という人に好評で、子どもが親の家の家事を頼むことも多い

民間シンクタンクのまとめによると、2012年度の家事代行サービスの市場規模は980億円
将来的にその6倍に膨らむと予想する
経済産業省は今年1月に初の業者向け指針をつくり、質を担保しようと躍起だ

NHKの調査では、成人女性が平日に家事に費やす時間は4時間25分と、40年前から1時間ほど減った
総務省の統計でも、子持ち世帯の夫婦が家事をする時間は減り、育児の時間は増えている
女性の就業率が上がる中、「家事より育児に時間を割きたい」という風潮が、代行サービスの利用につながっているとみられる
家事を外注すれば、確かに楽しくないことをやらずにすむ
ただ、外注することによって、面倒くさいことに反応して腹を立てるとか、不機嫌になるといった経験まで、我々は避けることになる

たとえば、雑貨屋に行けば様々な人に出会う
レジの列に並んでいるとき、前の方でお年寄りがもたもたしながら小切手で支払いをしていたら、確かにイライラするだろう
でもそこで、「ああ、世の中にはまだ小切手を使っている人がいるんだな」と気づく
世界は自分の思い通りにはならないということを、認識する大切な機会なのだ

アルフレッドのビジネスは、ドイツの哲学者ユルゲン・ハーバーマスが指摘した「生活世界の植民地化」という概念を思い起こさせる
家事を外注すれば、私生活までビジネスの理屈で管理することになる
それは市民社会にとって良いことなのだろうか

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1981-2a02aaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)