船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「家政士」のミタ、誕生
来年、日本でも家事労働のプロフェッショナルと認められた「家政士」が誕生する
全国約600の家政婦紹介所などが加盟する公益社団法人「日本看護家政紹介事業協会」が、資格試験を始める

筆記試験のほか、掃除や炊事の実技試験も行う
対話能力やマナーなども採点対象だ
将来的に習熟度別に1~3級をもうけ、合格率は6割程度を想定する

事務局長の河津浩安によると、30~40代の家政婦を雇いたいという依頼が多いが、実際に働いているのは60代が多い
「家事なんて誰でもできる、という考え方も根強いが、技術や技能、知識が必要。資格化して社会的評価を高めれば、賃金も上がり、若い働き手が増えるのではないか」
現在の平均賃金は時給1200円程度だという

東京都文京区の家政婦紹介所「ケアワーク弥生」には約100人の家政婦が登録するが、平均年齢は60歳以上
その年齢も、徐々に上がりつつある
代表の飯塚美代子は、「高齢化社会の進展で仕事は増える傾向にあるが、仕事として知られていない。若い人が集まらず、四苦八苦している」という

協会の河津は「ドラマ『家政婦のミタ』が話題になったときは、『ああいう人なら高くても雇いたい』という依頼主が増えた
専門知識のある家政士を育て、家事労働の価値を高めたい」と話す

2015-09-26 彩香からの48歳お誕生日プレゼント_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1984-ba3e6a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)