船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
彼氏に絶対浮気させない女子がしている浮気対策5選
「浮気しない男はいない」なんて言う人もいますし、「もしかしたら私の彼氏も…?」と不安になってしまうこともあるでしょう

そこで今回は、「彼氏に絶対に浮気させない」という女子が実践している、効果的な浮気対策を5つご紹介いたします

疑心暗鬼で彼との関係が悪くなってしまわないように、この一工夫を実践して、浮気への不安をなくしちゃいましょう

スマホの待ち受けやロック画面を二人の写真にする


「二人で旅行に行った時の写真を、一番目につくロック画面にしてもらいました。彼女とラブラブな男には、他の女の子も寄ってこないと思うので安心です」(25歳/事務)

常に彼や彼の周りの人の目に入るスマホの待ち受けやロック画面に二人の写真、あるいは彼女の写真を設定していると、彼女とのラブラブアピールができるので、他の女性が言い寄ってくるのを防ぐことができます
また、彼の中にちょっとした浮気心が芽生えて、他の女性と連絡を取り合ったとしても、彼女との写真の画面に受信連絡が表示されることで、彼が「俺にはこの子がいるから、やっぱりだめだ!」と、罪悪感から思いとどまらせる効果も
彼は恥ずかしがるかも知れませんが、お願いしてロック画面や待ち受け画面にしてもらいましょう

彼が服を買うときは必ず一緒に選んであげる

「彼の服は全部一緒に選んであげてます!私が選んであげた服で他の女性と遊びに行く気にならないだろうから浮気対策にもなるし、彼におしゃれな服を選んであげれるし一石二鳥です」(21歳/カフェ店員)

彼の服を一緒に選んであげると、彼が服を着るたびに彼女のことを意識することになるので、浮気をしようという考えが起きにくくなります
さらに、彼の服をだいたい把握することができるので、彼の勝負服がいつの間にか洗濯されていたら「あやしい!」と気付く事もできるでしょう

一か月に一回愛の告白をする
「たまに『ずっと前から好きでした』って半分ふざけてだけど言ってあげると、彼が『逆告白いい!』ってすごい喜んでくれる。こういうドキドキを続けるのが浮気されない秘訣かな」(20歳/大学生)

男性が浮気を考えてしまう原因のひとつが、彼女とのマンネリかもしれません
そんな事態を防ぐためにも、たまに彼をドキッとさせるようなことをするのは大切です
改めて愛の告白をしてあげるのは、言う彼女側もドキドキしますし、彼に愛を伝えることもできて、二人のラブラブ度も深まります
うんとおしゃれをして、素敵なレストランに行き、帰り際に愛の告白をする、なんていう特別感のあるデートを月に一回くらいすると、彼は浮気なんて考えもしなくなるかもしれませんね

胃袋をつかむ
「料理教室で腕を磨いて、彼のおうちにごはん作りに行ってます
料理作ってあげるようになってから、彼が二人の将来のことよく話してくるようになったし、浮気の不安もなくなりました」(28歳/会社員)

おいしい料理を作ってくれる、自分に良くつくしてくれる女性を、裏切るなんてなかなかできません
胃袋をつかむことは、浮気防止への一番の近道ですよ
料理上手な彼女に、一生おいしい料理を作ってほしいと思ってもらえたら、彼の中で浮気の二文字は消えてしまうでしょう

「浮気するなら、私が気付かないようにしてね」と言う

「私は彼に『浮気してもいいよ。でも私が気付かないようにやって』って言ってます
『しちゃだめ!』って言うとしたくなるから、あえて器の広い彼女を演出してる(笑)
彼も『するわけないじゃん!』って言ってくれるし、浮気の心配はしてません」(25歳/会社員)

「してもいいよ」と言われると、なぜかそこまでしたくなくなるのが、人間の心理
それを逆手にとって、彼に浮気したいと思わせないようにしましょう
浮気をしてもいいという器の広いいい女の部分と、「気づかないようにしてね」と、少しいじらしい部分を見せることで、彼に「こんないい女裏切るわけにはいかない」と思わせてくださいね

いかがでしたか
女の子なら、誰しも一度は悩んでしまう彼の浮気問題
彼を疑いたくない気持ちと、それでも不安な気持ちがあって、複雑ですよね
そんな気持ちをふきとばして、安心できるようになるためにも、今回ご紹介した浮気対策、ぜひ試してみてください

2014-10-16 源兵衛 (6)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1996-d176e4c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)