船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
セブンイレブン、店同士の「共食い」で命削るオーナーたち
集中出店の弊害(1) 
毎日18時間勤務も
「(セブンーイレブンは年間1000店規模で出店しているが、今後もこのペースでいくのか?)増やしていきます
2万店になったから出店ペースを落とすなんてことは考えていません
(中略)(市場規模からみた適正店舗数があるのでは?)そんなものはありません
(セブンーイレブンが)2万店になるのは確実で、3万店、4万店になるかもしれない」(『週刊ダイヤモンド』14年9月6日号)

セブンイレブン 京都白川北大路 2015-08-15


これは鈴木敏文・セブン&アイ・ホールディングス会長の過激な「ドミナント(高密度集中出店)」宣言だった
実際、18日付けの日経新聞1面記事によると、「セブンーイレブン・ジャパンは2016年度に過去最多となる1800店を開き、(中略)6年連続の過去最多の新規出店数を維持する
(中略)15年度末の店舗数は1万8600店となる見込みで、コンビニ初の国内2万店が目前となる」と集中出店は加速する
一見、勢いを感じさせる出店政策が、全国のコンビニに異常事態を引き起こしている
近隣コンビニ同士の「共食い」で個別店の売上高が激減
そのうえ、アルバイト従業員が集まらず、オーナー夫妻が終夜、命を削るように店頭に立っている
その結果、過労死寸前のオーナーたちが続出しているのだ

最新のデータをあげると、2015年11月時点で、先頭を走るセブンーイレブンは1万8200店、ローソンは1万2200店、ファミリーマートは1万1500店、サークルKサンクスは6300店、ミニストップは2200店で、コンビニ14チェーン合計で5万6200店のコンビニが出現した
もはや全国の小売店がコンビニに取って替わられる勢いだ

昨年1年では、セブンが約1600店、ファミマが約1100店、ローソンが約1000店も新規出店していて、大手は年間1000店超もの出店が普通の状態になっている
10年前は、せいぜい400-500店ペースだった

セブンの常軌を逸したドミナント戦略にあおられて、大手各社が倍以上の出店に走っている
ローソン、ファミマ3つどもえのドミナント戦争に引きずりこまれている

コンビニの現場では悲惨な状態が起こっている
売上高の激減で人件費が出せず、オーナー夫妻がアルバイトの代わりに終夜労働に就いている
過労死、ストレス死も出ている

セブン&アイ・ホールディングスが1月7日に発表した連結決算では、国内のセブンーイレブン店の売上高は、40カ月連続で前年同月を上回ったと景気がいい
だが、店舗を経営するオーナー側の声を聞くと、ドミナントの影響で個別店では前年割れが大半だ
不思議なことにここ数年来、それまでオーナーには開示していた地域ごとの売上高をセブンーイレブン・ジャパンは教えなくなっている
私が長年の定点取材で判明した新店などは、セブン店の全店平均日販が65万円なのに対して日販30万、40万の赤字店が続出し、経営できない状態になっているのだ
この結果、セブン本部が発表する売上数字は、真実の実態とは大きくかけ離れ、「ポサカード(インターネットの清算に使う)」や「宅配便」など実際はわずかな手数料収入だけなのを売上(ポサカードなど一枚数万円の販売単価をレジで計上する)にカサ上げしているという

このセブン本部の利益拡大をねらったドミナント戦略(岡山県労働委員会も14年の『命令書』で断定)が、今、オーナー夫妻を命の危機に追い込みかねない

 ここでその代表例として苛酷なオーナーの生々しい実態をレポートしよう

現在、セブンーイレブン店のオーナーは約1万7000人ほどいる
その中で、月間530時間(1日約18時間)の労働を数年以上も強いられ、10年以上も休みが取れないのが、川崎市多摩区のセブン店オーナー、多摩真一(仮名・60代)氏だ
彼はまだ現役オーナーで、告発はセブンーイレブン・ジャパン(セブン本部)から途中契約解約などの嫌がらせを受けかねない
そんな危険を抱えながら、何とかこのドミナントの実態を世の中に知らせたいと、取材に応じてくれた

多摩真一氏への取材は、彼の勤務実態にあわせて、朝、昼、深夜と10回以上、今現在も続けている
寝不足と過度のストレスからくる脳梗塞や心筋梗塞を心配する私の問いかけに、「いや、大丈夫、3時間眠ったから、自分なりにコントロールしていると、今のままだと借金だけが残り、死んでも死にきれない、と話す
じっさい、彼の周りには心筋梗塞で死んだセブン店オーナーが、2人、間違いなくいる
いったい、多摩真一氏はセブン本部からどんな仕打ちをうけたのか

 聞いた話ですが、コンビニを経営すると丸1日の休みすら取る事が出来ないと・・・
ご主人さんが無くなられて、奥さまがその店を引き継いでしたいと思わないので、閉店したと・・・
こんな事が普通に起こっているんでは・・・とその時も思っていましたが、
この記事を読むともっとひどい事になっているようですね。
フランチャイズ経営は大変としか思えないですが、皆さんはどう思われますか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/1997-b409825e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)