船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
予想以上にコレステロール値上げる「ストレス」
クリストファー・エジントンさんは薬も服用し、食生活の改善に努めていたにもかかわらず、4年前にコレステロール値が急上昇した

エジントンさんの担当医は新しい対処法を促した
エジントンさんは医者に「やっていることのいくつかを止め、暮らしの中のストレスの一部を取り除く必要があると言われた」ことを思い出す
エジントンさんは、ノーザン・アイオワ大学の教授で、定期的に海外に出かける上、折り畳める四面の名刺を持っているほど多くの肩書きを持っていた

エジントンさんは医師の助言を聞き入れた
今では69歳になったエジントンさんは、教職の仕事1本に絞り、専門組織での責任も一部減らした
エジントンさんのいわゆる悪玉(低密度リポタンパク質=LDL)コレステロール値は、1デシリットル(dl)当たり62ミリグラム(mg)に低下している
2012年にはこの値は121ミリグラムだった
担当医は、以前に心臓発作を2回起こしているエジントンさんにとって50~70といった値が妥当だと指摘する

高コレステロールにつながる全ての要因のうち、心臓専門医の多くは、患者への助言で忘れられがちなのはストレスだと指摘する
それでも、きつい仕事からの慢性的なストレスやぎくしゃくした人間関係あるいは、不安を生むような状況も、悪い食生活や喫煙、運動不足などと同様に、糖質濃度の上昇に一役荷なう可能性があるという
LDLによって堆積するコレステロールは動脈に蓄積する可能性があり、これはアテローム性動脈硬化として知られ、そうなると血液の流れが低下しかねない。

コレステロールが高いかコレステロール降下剤を服用している米国人の割合(●は1999-2002年、○は2009-2012年、ブルー:男性、オレンジ:女性) ENLARGE
コレステロールが高いかコレステロール降下剤を服用している米国人の割合(●は1999-2002年、○は2009-2012年、ブルー:男性、オレンジ:女性)
 ミネソタ州ロチェスターに本部を置く総合病院メイヨー・クリニックの予防心臓専門医スティーブン・コペーキ氏は、「ストレスでコレステロール値は上昇する」とし、「これについて認識不足であることは間違いない」と話した。コペーキ医師はエジントンさんの治療に当たっている。

 コレステロールに対するストレスの影響を理解することがますます重要になっている。というのも、人々の生活は一段と責務とデジタル環境に縛られ、スイッチを切ることがこれまで以上に難しくなっていると心臓専門医らは指摘する。米疾病対策センター(CDC)によると、米国の20歳以上の成人の28%近くは、総コレステロール値が高いか、コレステロール値を下げる薬を服用している。CDCは1デシリットル当たり240ミリグラム以上をコレステロールが高いと定義している。

 中でも最も懸念されるのは慢性的ストレスだ。これは、驚きや一時的な困難から生じる短期的ストレスよりも、時間とともに身体に重い負担になるという。慢性的ストレスはいくつかの方法でコレステロールの上昇につながる。人々は運動をやめ、不健康な食べ物を食生活に加える可能性がある。ストレスにより、ストレスホルモンであるコルチゾールやアドレナリンの分泌が盛んになる。これは身体が自分自身を守るために採用する「闘争・逃走」メカニズムの一つだ。こうしたホルモンが今度は中性脂肪(別名トリグリセリド)や遊離脂肪酸の分泌を促し、それのために長期的にはLDLコレステロールが上昇することになりかねない。米国立衛生研究所(NIH)の一部である国立心肺血液研究所の心血管科学部門のプログラムディレクター、キャサリン・ストーニー氏はそう説明する

専門家によると、正確にどの程度のストレスが高コレステロールにつながるかは分かっていない
食生活や運動の変化と比べて測定が難しい
ストーニー医師は「われわれが経験するストレス要因や、その大きさについて、常に的確に認識しているとは限らない」と話す
前出のメイヨー・クリニックのコペーキ医師は、ストレスを減らすために、患者たちに就寝時あるいは朝目が覚めたときに感謝していることを3つ考えるようアドバイスする

エジントンさんのコレステロール値が12年に上昇したとき、コペーキ医師はエジントンさんの四面からなる名刺を見るだけで、原因の推測できた
公園や娯楽分野の学術的・専門的指導者のエジントンさんは、世界レジャー機関の事務局長として、中国や南アフリカなどに定期的に出かけていた
アイオワ州の自宅に居るときには週に60時間以上は働き、夜も海外からの電話に応対していた

コペーキ医師はエジントンさんのコレステロール降下剤の量は変えず、仕事量を減らすよう忠告した
今では、エジントンさんは管理業務を減らすとともに、複数の専門機関でのいくつかの指導者的ポストも返上した

職務を減らしたことが肉体的にも精神的にも役立ったとエジントンさん
今でも忙しいが、孫をはじめ家族ともっと多くの時間を過ごしていると話す
「人生や仕事、家族との関係への向き合い方が大きく変わった」と続けた

2015-12-10お土産_0


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2008-ba7efd18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)