船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
思わずムラっ!男性の心が高ぶる6つの瞬間
男性はふとした瞬間にムラっときてしまうもの
それは自分の意志に関係なく、反射的に気持ちが高ぶってしまうことの方が多いそうです
でも、どんな時に男性がムラっときてしまうかなんて、女性はあまりわからないため、意図せず誘惑してしまうことも…
そこで今回は、男性が思わずムラっとしてしまう瞬間をご紹介
男心を理解して、彼の気持ちをコントロールしたり、上手くアプローチに使ったりしていきましょうね

お風呂上がりの女性を見た時
「サークルの旅行に行った時に、お風呂上がりの女性陣を見た時はムラっと来ちゃったなあ…。湿った髪と火照った表情がたまらなかったよ」
(学生/20歳)
水も滴るいい女じゃありませんが、お風呂上がりの女性は男性の気持ちを高ぶらせてしまうようです
確かに、濡れた髪の毛って何だか色っぽいですし、お風呂上がりで赤くなった顔もセクシーさがあります
気になる彼とグループで旅行に行ったり、大好きな彼とお泊りデートをしたりした時は、お風呂上がりの色っぽさを上手く利用しちゃいましょう

ホテル街を通った時
「全然そんな気がなくっても、歩いている途中でホテル街に出くわすと、ついそういう気分になっちゃう(笑)」
(不動産/33歳)
全然下心がなくても、歩いているうちにホテル街を通ってしまうことってありますよね
そんな時、別の目的地があるのに、男性の心は揺れてしまうようです
たとえ健全なデートを心がけていても、ホテルを見るとどうしてもエッチなことを想像してしまうのが男心
しっかりと理解しておいてあげましょうね

服からボディラインが想像できた時
「こう、体のラインがよくわかるような服とか、カバンを斜めがけして胸が強調されてるとか、そんなん見ちゃうとムラムラしないほうが難しいよ」
(流通/28歳)
胸やお尻などのボディラインが、服からも想像できる時ってありますよね
そんな格好は男性にとってとても刺激的。ついついムラムラしてしまうそうですよ
彼をムラムラさせたくない時は、ピッタリとした服を避ければ基本的には大丈夫ですが、カバンや動作によってはボディラインを強調してしまうことも
生理の時やそういう気分じゃない時は、出来る限りボディラインを強調しないように気を付けましょうね

薄暗い空間で二人きりになった時
「バーとか個室居酒屋とか、薄暗い場所で二人きりでいると、ついついそういう想像をして元気になってくる…(笑)」
(運輸/25歳)
薄暗い空間で二人きりになると、何でも出来てしまいそうな気分になりますよね
そうした場所はムードも良いので、より男性をムラムラさせてしまうのだとか
もし彼が手を出してきた時は払いのけて「後で…」と焦らしましょう
焦らせば焦らすほどお互いの気分も盛り上がりますよ

チラリと肌が見えた時
「女友達とご飯を食べてたら、チラッと胸元が見えてることに気付いて…
どうにか興奮を抑えようと必死だったよ」
(通信/23歳)
胸や脚など、普段は見えない肌がチラリと見えた時
男性は瞬間的にムラっときてしまうそうです
もはや反射条件に近いもののようなので、一々目くじらを立ててしまうと、彼を悲しい気分にさせてしまうでしょう
逆に言えば、気になる彼を誘惑するにはチラリズムが大切だということ
パッと見では隠れているけど、体勢次第で肌がチラリと見えるような服を着て、彼を誘惑しちゃいましょうね

涙目になった時
「何で涙目な女性を見るとムラっと来ちゃうんだろう。俺ってSなのかな?(笑)」
(アパレル/29歳)
ちょっとSっ気のある男性は、涙目の女性を見るとそそられるのだとか
おそらく涙目から感じられる女性の弱々しさが、男心をくすぐるのでしょう
守ってあげたいという気持ちと共に、自分のものにしたいという気持ちも湧いてくるのかもしれませんね
涙目なのに、何考えているのと思うかもしれませんが、複雑な男心を理解してあげましょう

いかがでしたか
ムラっとしてしまうのは、男性にはコントロールしようのないもの
そこから実際に行動に移すかはともかく、ご紹介した6つの瞬間を上手く意識して作ることが出来れば、彼の心をいつでも高ぶらせちゃえます
レス気味の人や、どうにかして片思いの彼を手に入れたい人は、ぜひ試してみてくださいね

2016-01-23c
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2033-6839b176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)