船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
性格を一発で見分けられる女性の○○
数年前にサイバーエージェントの内定者飲み会の写真がネット上で拡散されたことがありました
そこに写っている女性がみんな綺麗だったため、拡散された理由は「社長がオンナ好き」という非難めいたものでした
社長がオンナ好きかどうかは知りませんが、私がその写真を見て感じたのは「当然でしょ」です
むしろ「やるなぁー」と賞賛の目で見ていました。

まず写っていた内定者は「みんな綺麗」というか、「みんなが流行のメイクをきちんとしていた」女性だったのです
まぁ男性から見れば、本当に造作が綺麗な人なのか、メイクをきちんとしているのかは見分けがつきづらいですね
Amebaブログなどを運営するいわばネットの最前線を走っているサイバーエージェント
そこに要求される能力の中には、周りを観る目をもち、常に流行に敏感で、いや、流行よりも一歩先に気づかなければならない能力が必要とされると思うのです
実際にサイバーエージェントの採用者がどのような視点で採用をしたかは知りませんが、私が採用者であれば「流行のメイクをきちんとしている」というのを採用基準の一つにしたと思います
これまた数年前の話で恐縮ですが、人気ナンバー1のホストがテレビに出ていて、「初対面のお客様でも遠くから見ているだけで職業が分かる」らしく、他のホストが接客しているお客さんの職業を当てるという実験をしていました
結果はもちろん当てまくりです

人材ビジネスに身をおいていた私には、これも納得できることでした
女性専門のキャリアコンサルタントで、毎日「働く意志のある女性」を何人も、トータルで約3万人面接しました
経験を積んでくると、相手の方が部屋に入ってきただけでいくつかの性格が分かるようになります

一番分かりやすいのが「協調性」
女性の場合、「メイクで眉毛を整えていない人」「髪がボサボサの人」は、実際に仕事に就いてからも残念ながら協調性がありませんでした
「メイクで眉毛を整えていない人」もしくは「髪がボサボサの人」としたいところなのですが、実はこれどちらか一方ということはなく、「メイクで眉毛を整えていない人」「髪がボサボサの人」で兼ね備えているものです

協調性がないというと、塞ぎがちでお昼も一人で食べているようなおとなしい人をイメージするかもしれませんが、逆もあります
活発で人との接触を好物とするけれど、実はひとりよがりで相手が求めていないところまでグイグイ入ってきてしまうタイプ
これも協調性がないタイプにいれられるでしょう

協調性がない人は、やはり周りを見ること、周りの中にいる自分を見ることをしないので、そのような外見でいられるのだと思います

深田恭子さんが、「すっぴんはマナー違反」ということに衝撃を受けたという記事が出ていましたが、メイクをしている人が一般的な今、きちんと見せようとしていないことがマイナスととられてしまっても、致し方ない時代ではないでしょうか
しかし、協調性がないというのは必ずしも悪いことではなく、協調性がない人のほうが向いている職業も多々有ります
とにかく熱中することが重要である研究職や、周りを気にして二の足を踏んでいては前に進めない大きなイベント企画など

だから協調性はあくまでも、一つの判断基準です
とまぁ、ここまで偉そうに申し上げてきましたが、私も会社員時代に得意先に行き大きなプレゼンを済ませた帰り道、同行していた後輩から「先輩、きょう眉毛ないですね」と言われて、眉毛の描き忘れに気づいたことがありました
以後、眉毛はメイクの最初にするようにしております……

2015-10-27Gucci
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2036-29386d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)