船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
「ソアラ」に負けた「レパード」の末路 “世界初”強調も性能の差は歴然だった
【昭和クルマ列伝】
「日本にもベンツSLクラスやBMW6シリーズのような高級パーソナルカーが欲しい」
80年代、世界で存在感を増していた日本車に新たな価値を与えようと、日産は新型車の開発を進めていた
理想は高かったが開発費は乏しかった
発言力のある販売店の意向も絡んで、妥協も必要だった
80年9月、直線を基調とした斬新なデザインで新型「レパード」が登場した
ボディーは2ドアと4ドアハードトップ
鋭い傾斜のスラントノーズとリアまでぐるっと覆われた広いグラスエリアが特徴だった
ただ、5ナンバー枠に収めるため全幅サイズは小型車「ヴィッツ」とほぼ同じ1690ミリで、異様に細長い
斬新なデザインとは裏腹にエンジンは旧態依然の6気筒SOHCを搭載
しかも4気筒版も設定され、日産の最高級車としての魅力に欠けた
それでもレパードは高級感を出そうと、快適で豪華な装備を満載した
カタログには「世界初」「日本初」の文字が躍る
とくにフェンダーミラーに付着した雨滴を小型ワイパーで拭うという、「フェンダーミラーワイパー」は話題となった
これが本当に便利かどうかは不明だが、「世界初」欲しさの装備であったことは間違いない
レパードは一定の地位を得たものの、その栄華は短かった
発売から5カ月後、強力なライバルが出現する
81年2月、トヨタが新型「ソアラ」を発売
端正で美しいクーペは、トヨタの技術を結集した最高級モデルだった
新開発の2800ccDOHCエンジンは170馬力を誇り、コンピューターによる車両制御システム、電子制御サスペンションなど性能の差は歴然だった
「世界」を見据えていたトヨタと「国内」に徹した日産
目線の違いがクルマ作りとなって表れた
ソアラは大ヒットを記録し、レパードは月産数百台程度に低迷する
2代目はソアラを後追いするが、曖昧なコンセプトのままブランドを構築できず、やがて市場から姿を消した

今でも覚えています。
中学生の時に誕生した「ソアラ」・・・・・
スタイルはもう一目ぼれ、デジタルメーター、車がシャベル・・・
どこをとってもすごい車でした。
その頃思っていたのは、18歳で免許をとったら「ソアラ」を購入したい・・・
そんな記憶が蘇ってきた記事でした

23歳の時に中古車で購入したソアラが

ソアラ
写真と同じスーパーホワイト、2000CCのツインターボLを

なんと事務所にカタログがあるんですよ
車好きな人と車の話で盛り上がりたいですね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2140-f4368c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)