船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
愛犬家だからこそ知っておきたい! 犬が苦手な人の気持ち
犬の吠える声がうるさい
犬は吠える動物です
しかしそれはあくまで飼い主の都合であって、近所に住む人は「うるさい」と感じているかもしれません

2016-06-23犬2_0


吠えることへの対策を
トイレのマナーが悪い


家の前をトイレにされている、犬の糞を拾わない…
それが積み重なって犬が嫌いになる人もいるようです

 糞を持ち帰るだけでなく、トイレの場所も考えて


犬が飛びかかったり、噛みついてくるのが怖い

犬としては親愛の気持ちで飛びかかっているつもりでも、犬が苦手な人にとっては恐怖でしかないこともあります
特に噛まれた経験のある人は、トラウマのようになって犬が嫌いになってしまうようです

犬の飛びかかりは恐怖感を与えるもの

ノーリードの散歩が許せない

ノーリードが禁止されている行為であるということは常識ですが、一部の飼い主の方がこれを行っているせいで犬へのイメージが悪化しているようです

ドッグラン以外でのノーリードは絶対にやめよう

「犬が嫌いな人なんていない」と思っていることに腹が立つ


犬が好きな私達としては理解が難しいかもしれませんが、犬が嫌いな人というのも存在します
「犬が嫌いな人なんているわけない」という思い込みが犬嫌いな人たちをさらに犬嫌いにさせてしまっているようです

犬を散歩させている飼い主は、その犬を自分は溺愛してるかも知れないが、人によっては嫌悪の対象かも知れないという事を認識すべき
そして譲り合えば良いのだが、さにあらず我儘な行動の飼い主が多い
雪解けで放置された糞もそこかしこ
飼うのを資格制にすべき

相手を思いやる気持ちを持って

飼い主が気を付けることで、犬が苦手な人にも済みやすい環境を


犬を飼っている方にとっては耳が痛いような意見も色々あったかもしれません
では、どのようにすれば犬が苦手な人たちに嫌な思いをさせずに済むのでしょうか

 散歩のときのマナーはきっちりと

犬が苦手な人と接触する機会が多いのは散歩のときです
人とすれ違うときはリードを短く持つようにして、犬が飛びかかったりしないよう配慮しましょう

 糞の持ち帰りやトイレをさせる場所に気を付ける

糞を持ち帰るのは当たり前ですが、トイレをさせる場所にも気を配りたいものですね
人の家の前や公園の芝生、砂場などではトイレをさせないようにしましょう
家の庭などである程度トイレをさせてから散歩に連れていくのも一つの手段かもしれません

 犬が吠えたときの対策をする

犬が無駄吠えをしないようにしつけをしたり、吠えたときの対策を練ることは大事なことです
吠えていても知らんぷりで放置なんてことはもってのほか
どうしても吠えるようであれば、室内飼いにするなどの工夫をしてください

 犬が嫌いな人もいるということを理解して

犬が好きな方にも苦手なものはあると思います
極端な話ですが、ゴキブリが好きな方にとってはゴキブリが嫌いなんて信じられない話でしょう
犬が嫌いな方も同じです。いくら自分が可愛いと感じていても、相手にとってはそれが苦手なものの場合もあります

犬が苦手な方の意見、いかがでしたでしょうか
犬が苦手な方もただただ「犬が嫌い」というわけではないのです

2016-06-23犬_0


しかし、その「犬嫌い」の理由も大半は飼い主のマナーによるもの
私たち愛犬家が気を付けることで犬嫌いの人たちともうまくやっていけるのではないでしょうか

 知っておられる方も多いのですが、犬が大の苦手なんです・・・
噛まれたとかないんですが、小さい時からダメなんです
お客様のお宅に寄せてもらう時は、お客様がゲージに入れたり気を使ってもらっているほどなんです。
大丈夫と思える事がこの先の人生であるのかな~~~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2142-996c1efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)