船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
離婚の兆候、妻が夫を○○と呼び始めたら要注意!
過去3年間、私のところに「離婚」の相談をしに来た女性(妻、メールによる相談のみ。計1021人)が「夫のことを何と呼んでいたのか」をまとめてみました
もしかすると夫の呼び名と夫婦の離婚率には関係があるのでは 
この仮説の真偽について解き明かすのが今回のテーマです

位 夫 320人(31.3%)
位 旦那 216人(21.1%)
位 主人 191人(18.7%)
位 彼 173人(16.9%)
位 亭主 76人(7.4%)
位 あいつ 43人(4.2%)
位 あの人 2人(0.1%)


次に「人に話すときの夫の呼び方」(「夫婦関係調査2011」リクルートブライダル総研調べ)を見てみましょう

位 旦那・旦那さん
位 主人
位 お父さん・パパ・お父ちゃん
位 名前
位 夫


1つ目のランキングは「妻に離婚の意思あり」、2つ目は「妻の離婚の意思は不明」です
両方のランキングに登場する「旦那」「主人」「夫」は、そもそも絶対数が多いから、離婚数も多いのも当然で、これは身も蓋もない話ですが、絶対数は少ないのに離婚につながりやすい「夫の呼び名」(2つ目に登場せず、1つ目に登場する)は何でしょうか
そう、「あいつ」です
もちろん、夫が妻のことを「あいつ」と呼ぶことも問題といえば問題ですが、今回は逆です
私のところには夫のことを「あいつ」と呼ぶ妻が一定数、相談しに来ているのですが、今回は各年代の相談者……30代、40代、50代、60代の相談実例を紹介し、それぞれに共通する特徴を探っていきましょう

 夫に浮気の兆候 離婚を決意もタイミングを模索中

まず1人目は30代の丸山美穂さん(36歳、仮名)
「とりあえず、あいつは泳がせておこうと思っています! 」
と離婚計画を暴露します

美穂さんの言う「あいつ」とは夫(38歳)のことで、夫婦の間には4歳の娘さんがいます
突然、出張の回数が増えたり、スマートフォンのパスワードを変えたり、機嫌良く家に帰ってきたり……
夫には浮気の兆候が表れていたのは確かですが、とはいえ現時点ではっきりとした確証はなく、美穂さんは離婚を切り出すにしても、どのタイミングに決行すべきか躊躇してました
美穂さんは実家の母親に相談しに行ったそうです
美穂さんは母親に「確たる証拠を握ってから三下り半を突きつければ、夫は離婚を断れないし、慰謝料も取れるし、養育費も一桁違ってくるでしょ 」とアドバイスされたそうです。実は母親には離婚歴があり、海千山千のやり手。だから助言の中身が少し過激すぎるのも納得といえば納得です
このように美穂さんは離婚する気満々だったのですが、それなのに今は離婚を切り出すつもりはなく、さらに役所には不受理届(今回の場合、夫が妻に無断で離婚届を提出しようとしても役所が受理しないようにする手続)を出しておいたそうです
「言っていること」と「やっていること」が明らかに矛盾しており、私は首をかしげざるを得ませんでした
美穂さんはなぜ、離婚とは相反する行動をとるのか

「そう簡単に別れられないことを、あいつに思い知らせてやりたいんです 」

夫が「したいこと」をさせないようにするのが美穂さんの決まりきった行動パターン
美穂さんは、むしろ夫の方が離婚したがっていることを察していました。だから離婚の結論ありきなのに、わざと離婚のハードルを上げたり、タイミングを後回しにしたり、メンタルの負担を重くすることで夫を苦しめ、悩ませ、困らせようとしてるのです

 夫の小遣い1万円減額の「私刑」 調子に乗ってさらなる減額も計画 

美穂さん夫婦は小遣い制で、夫の小遣いは毎月4万円
夫の給与は4万円を除き、すべて美穂さんが管理していました
夫の小遣いは、美穂さんがいつも決まった場所に封筒に入れて置いており、夫が封筒を開けて受け取るという習慣でした
しかし、美穂さんは母親に相談した翌月から突然、小遣いを1万円減らし、封筒には3万円しか入れておかなかったのです
小遣いには昼食代や飲み代、そして日々の雑費が含まれているので、いきなり4分の1も減らされたら、夫は外で飲まず食わずの生活を強いられます
小遣いの増減は前もって夫婦間で話し合って夫の了解を得るべきでしょう
美穂さんはなぜ、夫の話を聞こうとせず、勝手に小遣いを減らしたのでしょうか

「あいつより私のプライドの方が上だってことを見せつけてやったんです 」

美穂さんは「プライド」という言葉で誤魔化していますが、どうやら先に夫が悪いことをしたのだから、美穂さんが「どのような形で責任を取らせるのか」を決めることができ、夫は文句を言うことができる立場ではないという「一罰百戒の論理」が見え隠れします
法律や規則、常識を抜きにしてマイルールを作り、マイルールをもとに自らの手で相手を罰する行為を死刑ならぬ「私刑」と呼びますが、美穂さんは夫のことを「あいつ」と呼んでいる時点で、まともな人間だと認識しておらず、「私刑上等! 」なのでしょう
だから美穂さんは調子に乗って、さらなる減額を検討しているようです

 警察沙汰の夫婦喧嘩で離婚を決意も 子どもや住宅の都合で現状維持

2人目の山本恵子さん(46歳、仮名)は「あいつのことは絶対に許せません! 」と恨み節を口にします
恵子さん夫婦は3年前、些細なことから喧嘩になり、お互いに売り言葉に買い言葉で応酬している最中、勢い余った夫に恵子さんが身体を突き飛ばされてそのまま転倒
恵子さんのショックはあまりにも大きく、怒りを抑えられずに110番通報をしてしまい、そのまま警察沙汰になりました
結局のところ、恵子さんと夫は警察から最低限の事情を聞かれただけで、特に事件にはならなかったのですが、その一件以来、恵子さんはずっと根に持っています
「いつか、いつか」と離婚のタイミングを見計らっているようです

 「まだ離婚の勉強をしていないのですが、あいつから取れるものは全部、取りたいです 」

恵子さんは夫との間に19歳(大学生)の息子さんがいるのですが、大学の入学金や授業料などの学費はすべて夫が負担しています
しかし、夫が当たり前のように全額支払っているのは夫婦が結婚していればこそ
万が一、離婚することになれば、夫が何を言い出すか分かりません。だから、とりあえず息子さんが大学を卒業するまで離婚するのは無理でしょう
さらに、恵子さん夫婦は持ち家に住んでおり、住宅ローンはまだ25年も残っています
夫の退職金で住宅ローンを完済するつもりでローンを組みましたが、離婚のため、予定を前倒しして売却しようにもできない事情があります
3.11の地震の影響で外壁にヒビが入ったばかりでなく、周辺で液状化現象が起こり、ほとんど売値がつかず、買い手を探すのは不可能なのです
このように恵子さんは経済的な理由で離婚したくてもできない状況なのですが、恵子さん夫婦の関係は現状維持が関の山
夫が我慢の限界を超えない限り、これからも無味無臭の結婚生活が続きそうです

 交通事故で壊された塀 妻はなぜ保険金の受け取りを躊躇するのか 

そして3人目は50代の妻ですが、「あいつに金が入るくらいなら、壊れた塀は直さなくていいわ 」と投げやりな態度を見せるのは工藤由香さん(51歳、仮名)
先日、自動車が由香さんの家に突っ込んできて、玄関先の塀が破損しました。もちろん、由香さん夫婦には何の過失もなく、完全なとばっちりですし、とにかく運が悪いとしか言いようがありません
当然のことながら、加害者の自動車保険が適用されるので、保険会社から由香さん宅へ保険金が支給され、身銭を切ることなく、保険金を塀の修理代に充てることができるはずでした
しかし、保険会社の規定によると保険金を支給する先は、家の所有者である由香さんの夫です
由香さんはどうしても夫の口座へ保険金が入金されるのは嫌で、いっそのこと保険金の受取を辞退し、少し恥ずかしいけれど、玄関先の塀が壊れたまま、放置しておこう。そんなふうに思い詰めています
夫の口座に保険金が振り込まれると、保険金を塀の修理代に充てる前に、夫がお金を抜き取って、持ち逃げしてしまうのではないか……そんなふうに心配し、疑心暗鬼になっているのです
なぜなら、1ヵ月前の夜、夫は「部の飲み会」だと言っていたにも関わらず、高校の同級生(女性)と会っていたことがフェイスブックで判明したのです
女性が夫とのツーショット写真を掲載し、しかも夫の名前をタグ付けしていたようで……由香さんの場合、フェイスブック上で夫と「友達」になっているので、妻のタイムラインにも女性と夫のツーショット写真、さらに「〇〇(夫の名前)と一緒にいます」という表示まで流れてきたので由香さんは怒り心頭
即刻、夫を問い詰めたところ、夫は「旧友とたまたま再会しただけで、何もやましいところはないの一点張り
確かに夫と女性の出身高校が同じだということはフェイスブックの「プロフィール欄」で明らかなのですが、どうしても疑いの念が晴れずに、自動車事故の日を迎えたのです
由香さんは保険金が同級生とのデート代に使われるのではないか
と疑っているのですが、とはいえ、塀の修理代の見積は20万円と専業主婦の由香さんにとって高額です
20万円の身銭を切るか、それとも塀をこのまま直さずにやり過ごすか……由香さんは二者択一で悩んでいました
そのなかに「保険金を受け取る」という選択肢は存在しないのは不思議で仕方ありません

強引に離婚届を記入
障害第一級の夫を弟夫婦に夫を押しつけ離婚


最後に紹介する60代の妻は「あいつがハンコを押したんだからと夫が離婚届にハンコを押したことを強調します
橋本美智子さん(61歳、仮名)は先月の15日、役所へ離婚届を提出し、40年近く連れ添った夫と別れたばかりです
ようやく夫という存在から解放され、喜びや嬉しさ、そして達成感などを口にしても良さそうなものですが、夫が離婚を望んでいたような口ぶりです
美智子さん夫婦には複雑な事情がありました
2年前、夫が脳梗塞で倒れ、脳の器質性障害のため左片麻痺の症状が残り、障害第一級の認定を受け、労災年金と障害年金を受給しながら苦しい生活を強いられてきたそうです
美智子さんは2年間、夫の身の回りの世話、家事の全般、そして介護を担い、体力的にも精神的にも、そして金銭的にも我慢の限界に達してしまいました
心身ともに障がいが残る夫に対して、少々強引ですが、離婚届の住所、氏名の欄に記入させたのです
夫が「離婚の意味」をきちんと理解しているかどうか定かではありません
そして、それ以外の箇所は美智子さんが記入し、証人の欄は美智子さんの妹2人に記入してもらい、すべての欄が埋まった状態で、離婚届を役所へ提出し、無事に受理されたのです
法律上、夫婦はそれぞれを支えていかなければならないのですが、逆にいえば、2人が離婚し、間柄が「元夫婦」に変われば、その限りではありません
妻が夫に尽くし続けるかどうかは個人の自由
もはや無理に強いられることはないので、離婚届は紙っぺら1枚ですが、美智子さんにとっては大違いです
美智子さんは近くに住んでいる(夫の)弟夫婦に「あとは任せたから」と一方的にメールを送り、逃げるように家を出ました
弟夫婦は美智子さんが夫(兄)のことを「あいつ」呼ばわりするほど追いつめられていたことを知っていたかどうか……今となっては定かではありません
「今さらあいつに何を言われても構いませんと美智子さんは開き直っています
決して感情的に突っ走ったわけではなく、悩みに悩み、迷いに迷った末の結論だったことが窺えました
前述の通り、確かに法律的には何の問題もなく、後ろ指をさされる筋合いはありません
しかし、社会的、常識的、そして倫理的にどうなのか……罪悪感や後ろめたさ、後悔の念はこれからも付きまとうでしょうが、「ハンコを押した方が悪い」と元夫に責任転嫁をすることで、何とか精神状態を維持しているように見受けられました

夫を「あいつ」と呼ぶの妻の共通点
被害妄想が強く、強引で、腹黒い


ここまでは夫のことを「あいつ」呼ばわりするトンデモ妻の相談実例を30代、40代、50代、60代と年代ごとに紹介してきましたが、4人には共通の特徴があります
まず1つ目の特徴ですが、被害妄想の塊で思い込みが激しく、1人で問題を抱え込む点です
例えば、1人目の美穂さんは自分の頭で考えず、母親のアドバイスが正しいと思い込み、2人目の恵子さんは3年目の夫婦喧嘩を根に持って「離婚しかない」と思い込み、3人目の由香さんは保険金を夫が使い込むと思い込み、4人目の美智子さんは夫の介護から逃れるには離婚しかないと思い込んでいます。4人に共通しているのは「夫を信用していないこと」です

2つ目は、相手の了解を得ず、力ずくで事を進めようする点です
例えば、1人目の美穂さんは前もって夫に何も話さず、こづかいを減らしたり、3人目の由香さんは保険金の受取を辞退しようとしたり、4人目の美智子さんは前もって弟夫婦に相談もせず、離婚届を提出したりしていいます
夫婦間、親戚とまともにコミュニケーションをとる気がないようです

そして3つ目の特徴ですが、腹黒く表と裏があり、言動が矛盾している点です
例えば、1人目の美穂さんは離婚するつもりなのに役所に離婚の不受理届を出したり、2人目の恵子さんは子供が大学を卒業するまで離婚できないのに離婚のタイミングを計ったり、4人目の美智子さんが離婚に踏み切った理由は「介護疲れ」なのに「離婚届にハンコを押す夫が悪い」と責任転嫁したりして、自分の本音を夫に悟られないようにしています

外で妻は夫のことを何と呼んでいるのか
途中で呼び方が変わったら注意が必要


今回の4人の女性相談者は私に対して「あいつ」と口走ったのですが、これは私の前だけに限らないでしょう
例えば、妻の両親や近しい友達、そして会社の同僚と話すときも、同じように夫の呼び名は「あいつ」なのでしょう
なぜなら、夫の愚痴や悪口、不満をこぼすことができるくらいの距離感なら、今さら畏まって「主人」「旦那」「亭主」などと猫をかぶる必要もないからです

「外で妻が夫のことを何と呼んでいるのか」

そのことがどうしても気になるのなら、例えば、妻がこそこそと隠れてトイレで電話をしていたら壁に耳を当ててみたり、妻が帰省先で母親とひそひそ話をしていたら聞き耳を立ててみたり、最悪の場合、妻のカバンにICレコーダーを仕込んで録音しまうのも一つの手かもしれません
もし、妻があなたのことを「あいつ」と呼んでいたら……結婚当初から現在まで、妻は夫のことを外で「旦那」「彼」「亭主」などと呼んでいたのに、途中で「あいつ」に切り替わったのなら、呼び名の変更は夫婦の危険信号です

妻が離婚を視野に入れるほどに、夫に対して恨みや憎しみ、そして復讐の念を抱いている可能性が高いので、このまま放置しておけば、近い将来、夫婦の修羅場というXデーを迎えるはず
黄色の信号がそのまま赤色に変わるのか、それとも赤色を通り越して青色に変わるか……どちらか選ぶことができるのは夫の側です

2016-07-06うすげ_0

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2179-2a399453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)