船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
不動産広告の「80m=1分」は本当に測っている?
まず基本的な内容をおさらいしておくと、駅などから物件までの(広告表示上の)徒歩時間は、信号待ち時間や坂道などを考慮せず、水平距離をもとにして、80mごとに1分で換算することになっています
そのため、80m以内が1分、81m超160m以内が2分といった表示になります

さてご質問の件ですが、駅や公共施設などから物件までの距離を実際に器具を用いて測っているケースもあるとはいえ、正直なところ現地では測っていないことのほうが多いでしょう
だからといって、不動産業者がいい加減な徒歩時間を広告に書いているというわけでもありません

広告上の徒歩時間はあくまでも目安にすぎない
実際の徒歩時間は自分のペースで歩いて確認
それでは現実にどうなのか、ケース別に考えてみましょう

まず、新築マンションや一戸建て住宅・土地の開発分譲物件などですが、このような物件ではプロジェクト企画などの段階で実際に現地の道のりを測っているケースも少なくありません
しかし、1戸~数戸の小規模建売物件などでは、実際に現地で測るケースと、住宅地図上の計測で済ませるケースがあります
地図上を転がして距離を測る器具もあり、坂道などを考慮しなくて済む広告用の距離として、机上でも割と正確に測定できるのです
また、初めにこのご質問への回答をした当時には存在しませんでしたが、現在ではwebサイト上の地図で道のり距離を算出することもできるため、住宅地図ではなくwebを使うケースも多いでしょう
しかし、迂回しなくてはならない箇所など住宅地図やwebサイトの地図だけでは判別できない部分もあり、現地をまったく知らないままに机上の計測だけで済ませれば、正確性に欠ける場合も否定できません

問題が起きやすいのは中古物件のときです
本来なら中古物件であっても実際に現地で距離を測るべき、というのが正論とはいえ、現実はなかなかそうもいかないでしょう
中古マンションの広告をする際には、新築分譲時のパンフレットなどを取り寄せてそこに記載された徒歩時間をそのまま転記する場合や、すでに売り出されている他の部屋の販売図面を参考にする場合もあります
しかし、一戸建て住宅や土地の場合にはそのような資料もなく、歩測で正確性に欠ける数値を記載したり、近隣の事例から類推したり、あるいは売主から「だいたい○分」と聞いた数値をそのまま書いてしまったりするようなケースも残念ながらあるようです

もちろん、毎回きちんと測っている不動産業者もあるでしょうが……

新築分譲時のパンフレットなどがあるときでも、そこに記載された徒歩時間が間違っていたりしたときには、その事実が認識されないままに、間違った数値が延々と引き継がれてしまうこともあるようです
また、広告作成時の誤植や入力ミスも決してないとはいえません
もちろん、意図的に実際よりも短い時間を記載すれば「違反広告」ですが、正しく原稿を書いたにもかかわらず、印刷業者が打ち間違えることもあります
校正の際にその間違いを見落とした不動産業者の責任もあるのですが、ミスが重なって不適切な徒歩時間の表示が出回ってしまうこともあるでしょう
そのような間違った広告を参考にして、他の不動産業者が別の広告を作成すると……ミスの連鎖が起きる可能性も否定できません

消費者の立場からすれば、広告に記載された徒歩時間はあくまでも目安にとどめ、実際の徒歩時間の確認は自分で歩いてみるしかありません
広告のルールどおりに表示されたものでも、現実の徒歩時間のほうが長いケースが大半なのですから

家売るオンナ2 2016-07-21_0
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2186-3589cefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)