船木 芳朗
  • Author:船木 芳朗
  • 感謝の気持ちを常にもって、いつも「ありがとう」と言われる人になれるよう毎日が勉強です。今まで得た知識を一人でも多くの人に伝える事で、人の助けとなり喜んでもらえる事が、世の中に貢献し子孫に注がれていけば幸せです。
  • RSS
船木の音沙汰
船木の感動・思い・考え・伝えたいこだわり情報を・・・・・
<住宅ローン>携帯料金延滞で家が買えない 審査失格に注意
YAHOOニュースのトップに出るほどの記事に

記事が

住宅ローンを組んでマイホームを購入しようとするときは、金融機関による審査が行われる
審査では、借りる人の信用情報が子細にチェックされる
ここで、携帯電話料金支払い情報が重視されることを知らない人が多い
住宅ジャーナリストの櫻井幸雄さんが報告する

 ◇携帯分割購入は信用情報直結のクレジット契約

 高額のマイカーローンを組んでいたり、クレジットカードの延滞履歴があると、住宅ローン審査に不利になる……ここまでは、誰でも知っている基礎知識だろう。問題はここから先。住宅ローン審査で意外な落とし穴になる項目がある。それは、携帯電話の割賦である。

 現在、携帯電話を購入する場合、多くの人が一括支払いではなく、分割購入契約を利用する。5万円以上する機種だと、一括よりも分割のほうが気が楽。そして、返済額は「実質ゼロ円」の言葉につられて、分割を選択しがちである。

 この分割購入を選ぶこと自体は、住宅ローン審査に影響しない。携帯電話を分割購入したからといって、審査が通りにくくなるわけではないので、心配は無用。

 問題は、分割購入の返済が滞ったときだ。携帯電話の分割購入も立派なクレジット契約なので、延滞履歴が信用情報に残ってしまうのである。ところが、多くの人は無意識のうちに「延滞」を生じさせている。そこに落とし穴があるわけだ。

 毎月の返済が「実質ゼロ円」の場合でも実際にはクレジットの返済が行われている。そこで、毎月の携帯電話料金の支払いが遅れると、「返済が延滞した」という事実が残ってしまう。

 この場合、利用者には「返済が遅れた」という意識がなく、単に「携帯電話料金を払い忘れた」だけと認識している。ここが落とし穴だ。

 ◇クレジット契約は住宅ローンを組んだ後に

口座引き落としの場合、残高不足で引き落としができないことがある
払い込みや引き落としができないと、後から振込用紙が送られてくる
その期日までに払い込みをすると、携帯電話は問題なく利用し続けることができる
だから、携帯電話料金の払い忘れはたいした問題ではない、と思われがち
しかし、携帯電話の分割購入契約をしている場合、払い忘れるごとに信用情報にキズがつく
それが住宅ローンの審査でネックとなり、「今回は見合わせます」という結果に結びつく可能性がある
わけだ
繰り返すが、携帯電話を分割購入した場合、利用者はクレジットの返済をしている意識はなく、毎月の携帯電話料金を支払っているだけと思っている
クレジット返済の意識がないため、ついつい支払いを忘れてしまう
その結果、住宅ローンの審査に落ちた後、「思い当たるのは、携帯電話料金の払い忘れだけ」という事態に陥りがち……
じつは、今、住宅ローンの審査で落ちる人の間で、この「携帯電話が落とし穴だったか」の声が増えているのである
そろそろマイホームを買おうかな、と思ったら、他のクレジット契約を避けることが大切
車の買い替えも控え、リボ払いによる買い物も避ける
そして、携帯電話もしばらく買い替えない
買い替える場合も一括購入にする
車の買い替えや携帯電話の分割購入は、住宅ローンを組んだ後にするのが賢明なのである

当社でももう4年前から、ちょこちょこあります
一番問題なのは、子供さんに携帯電話を持たせ、通話料金の支払いを
子供さんにさせている人


当社であった例

未成年の子供さんが携帯電話を持たす為に、親の名義で契約し、電話機は分割で購入・・・
ここまでは良いのですが、通話料金を子供さんが支払うように、明細書は子供さんに送る手続きを・・・
この子供さんが1人住まいをしてしまえば、通話明細を見る事がない、
請求書レスで携帯電話に明細書が送られる

こうなるとまったくし支払が延滞してもわからないです
これが原因で3行に申し込んだ住宅ローンすべてダメ
子供さんの親名義の携帯電話を持たす場合は、
電話機は一括購入する
通話料を親が支払って、子供さんからもらう

のどちらかにされる事をオススメします


携帯電話
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sakurahouseyoshiaki.blog63.fc2.com/tb.php/2194-bb93c18e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)